eMAXIS 先進国債券インデックス・・時代遅れのコストの高いファンド

eMAXIS 先進国債券インデックスは、FTSE世界国債インデックス(除く日本)ベンチマークとする先進国債券インデックスファンドです。eMAXISインデックスシリーズの1つとして、2009年10月28日より運用されています。

eMAXIS 先進国債券インデックス


運用期間の長い老舗の先進国債券インデックスファンドですが、信託報酬は時代遅れのコスト水準のままです。

今では、同じeMAXISインデックスシリーズの中に、本ファンドと全く同じマザーファンドに投資する、信託報酬がはるかに低いeMAXIS Slim 先進国債券インデックスがあります。そのため、本ファンドは利用価値が無くなってしまいました。


(2018年10月6日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


eMAXIS 先進国債券インデックスの基本情報

このファンドの基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが。楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.60%(税抜)(純資産が500億円未満時)
 純資産が500億円以上1000億円未満部分は0.58%、1000億円以上の部分は0.56%です。
信託財産留保額:なし
決算:年1回(1月26日)
償還日:無期限
運用:三菱UFJ国際投信株式会社
為替ヘッジ:なし


このファンドのポートフォリオなど

海外先進国の国債に以下比率で投資(2018年8月31日時点)。国別配分比率は以下の通りです。アメリカが約45%を占め、以下、フランス、イタリア、ドイツ、イギリスと欧州の国々が続きます。
eMAXIS 先進国債券インデックス 組入上位10ヶ国の構成比率


通貨別構成比率は以下の通りです。米ドル約45%とユーロ約40%の2通貨で約85%を占めます。

eMAXIS 先進国債券インデックス 通貨別構成比率


eMAXIS Slim 先進国債券インデックスと同一の、外国債券インデックスマザーファンドに、ファミリーファンド方式で投資しています。

eMAXIS 先進国債券インデックス ファミリーファンド方式構造



eMAXIS 先進国債券インデックス・管理人の感想

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの高コスト版ファンドに

2009年10月末より9年近く運用されている老舗の先進国債券インデックスファンドです。設定時の2009年ごろから2014年あたりまでは、SMTインデックスシリーズと共に数少ない低信託報酬(年0.60%)の先進国債券インデックスファンドの一角として画期的でした。

しかし、その後の2015年頃から後発のインデックスファンドシリーズを中心とした信託報酬の超低コスト化が進み、今では信託報酬0.60%(税抜)の本ファンドは完全に時代遅れの高コストファンドとなってしまいました。

しかも今では、本ファンドと同じeMAXISインデックスシリーズの中にあり、全く同じマザーファンドに投資するにも関わらず、信託報酬最安のeMAXIS Slim 先進国債券インデックス(信託報酬0.17%)があります。

そのため、本ファンドは「ネット購入ではなく地方銀行で購入するファンド」という意味合いが強くなってしまい。ネットで購入できる個人投資家には不要の存在となっています。

同一マザーファンドに投資する2つのeMAXISファンドの、過去約1年6ヵ月のリターンを比較したも以下の表をご覧ください。

・eMAXIS 先進国債券インデックス(信託報酬0.60%):+4.27%(グラフ赤線
・eMAXIS Slim 先進国債券インデックス(信託報酬0.17%):+5.06%(グラフオレンジ

eMAXIS 先進国債券インデックスとeMAXIS Slim 先進国債券インデックスのリターン比較


投資対象であるマザーファンドは同一にも関わらず、信託報酬が低いeMAXIS Slim 先進国債券インデックスの方が1年6ヵ月で、約1.8%もリターンが高いです。低コストのファンドの方がリターンも良いことがよく分かる例です。

ここまでコスト差がある状況では、わざわざeMAXIS 先進国債券インデックスを購入する必要は全くありません。

債券は、株式と逆相関の関係にあります。金融危機においても、株価が下がった時に債券の価格が上昇し、金融資産が大きく棄損するのを和らげる効果を発揮しました。

ご自分のアセットアロケーションの先進国債券部分は、eMAXIS Slim 先進国債券インデックスなどのお勧めの低コストの先進国債券インデックスファンドにあるようなファンドを選ぶほうが良いでしょう。



eMAXIS 先進国債券インデックスの購入先

eMAXIS 先進国債券インデックスをノーロードで購入できる金融機関は下記の通りです。

フィデリティ証券SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券SMBC日興証券(ダイレクトコース)松井証券岡三オンライン証券野村ネット&コール、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、三菱東京UFJ銀行ジャパンネット銀行荘内銀行北都銀行、ゆうちょ銀行等


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る