eMAXIS 欧州リートインデックス・欧州単体の不動産に投資するならこれ

eMAXIS 欧州リートインデックスは、S&Pヨーロッパリートインデックス(配当込み)をベンチマークとする、欧州リート向けのインデックスファンドです。

eMAXISインデックスシリーズに、eMAXIS米国リートインデックスや、eMAXIS豪州リートインデックスと共に追加される新しいファンドで、2016年1月29日より運用が開始されました。

eMAXIS 欧州リートインデックス


同一のベンチマークであるインデックスファンド欧州リート(毎月分配型)(信託報酬0.70%)よりも信託報酬が年0.60%と低く、非効率な毎月分配型でないことが魅力です。

(2016年7月3日更新)



 


eMAXIS 欧州リートインデックスの基本的情報

・購入単位:楽天証券SBI証券ではわずか100円より積立購入が可能です。
信託報酬年率0.60%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:1月26日
・資産配分比率:ヨーロッパのリート53銘柄に投資(2016年5月31日時点)

国別配分比率は以下の通りです。

eMAXIS 欧州リートインデックス 国別構成比率

用途別構成比率は以下の通りです。

eMAXIS 欧州リートインデックス 用途別構成比率


組入上位15銘柄の構成比率は以下の通りです。

eMAXIS 欧州リートインデックス 組入上位15銘柄の構成比率

・償還日:無期限
・運用:三菱UFJ国際投信株式会社
・為替ヘッジ:なし



eMAXIS 欧州リートインデックス、管理人の感想と評価

信託報酬が年0.60%(税抜)と、最も信託報酬の低い欧州リートインデックスファンドであることが評価できます。

欧州リートインデックスファンドとしては、既にインデックスファンド欧州リート(毎月分配型)(信託報酬0.70%)がありますが、配当抜き指数であるS&Pヨーロッパリートインデックスをベンチマークとしており、しかもその配当抜き指数にリターンが負けているという、トラッキングエラーの大きい残念なファンドです。

しかも税金分無駄な毎月分配型であり、そのような問題点の多いファンドではなく、配当込み指数をきちんとベンチマークとしている本ファンドには、期待が持てます。

海外リート指数の最も一般的なベンチマークである、S&P先進国リート指数(日本除く)に占める米国比率は約70%もあるため、アセットアロケーションの中の海外リート部分について、米国以外のリートへの投資比率を上げたい方が、微調整用に使えるファンドです。

とはいえ、メインの海外リート部分には各国に低コストで分散投資できる、下記のようなファンドを選択すべきです。(カッコ内は税抜の信託報酬)

先進国リート全体に投資たわらノーロード 先進国リート(0.35%)
先進国+新興国リートに投資<購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンド(0.45%)



eMAXIS 欧州リートインデックスの購入先

eMAXIS 欧州リートインデックスをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

フィデリティ証券SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券 、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(インターネット専用)、三菱東京UFJ銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る