eMAXIS Neo ウェアラブル・・・少数銘柄に集中投資するテーマ型ファンド

eMAXIS Neo ウェアラブルは、S&P Kensho Wearables Index(配当込み)をベンチマークとする、米国を中心としたウェアラブル関連企業の株式に投資するインデックスファンドです。

eMAXISインデックスシリーズの中のeMAXIS Neoシリーズの1ファンドとして、2018年5月28日に追加され、運用されています。

eMAXIS Neo ウェアラブル


米国の金融商品取引所に上場している株式(DR(預託証書)含む)の中から、AI(人工知能)が有価証券報告書などの企業の開示している大量の資料を読み込み、「ウェアラブル」に関連する言葉の出現頻度や出現場所などを基に、投資対象銘柄が選ばれることが特徴です。


(2019年7月10日追加)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


eMAXIS Neo ウェアラブルの基本的情報

このファンドの基本情報

項目 内容
購入単位 設定後に、楽天証券SBI証券にて100円より購入可能。
信託報酬 年率0.72%(税抜)(受益者還元型信託報酬として、純資産500億円以上の部分は年0.71%)
信託財産留保額 なし
運用期間 無期限
決算 年1回(8月17日)
ファンド運用方式 「ウェアラブル関連株式インデックスマザーファンド」に、ファミリーファンド方式で投資しています。
MAXIS Neo ウェアラブル ファミリーファンド方式構造
運用会社 三菱UFJ国際投信株式会社
為替ヘッジ なし


このファンドのポートフォリオなど

米国株式を中心に計13銘柄に投資(2019年6月28日時点) 。
組入上位国、組入上位10業種、10銘柄の構成比率はそれぞれ以下の通りです。

eMAXIS Neo ウェアラブル 組入上位国、組入上位10業種、10銘柄の構成比率


eMAXIS Neo ウェアラブル、管理人の感想と評価

米国上場のウェアラブル関連株式に集中投資するファンド

三菱UFJ国際投信が、「革新的なテーマを対象とする様々な特徴ある指数に連動することをめざす、新時代のノーロード・インデックスファンド・シリーズ」 とするeMAXIS Neoシリーズの第3弾として、ウェアラブル関連企業の株式に集中投資する、eMAXIS Neo ウェアラブルが新たに設定されます。

ウェアラブル関連企業とは、軍事、消費者、医療向けの装着型機器及び埋め込み型機器(ウェアラブル・デバイス)を製造している企業や、その関連サービスを展開している企業を指します。

装着型機器としては、現在ではスマートウオッチやフィットネス向け測定機器、ウェアラブルカメラなど、インターネットに接続でき、センサーも備えたデザイン性の高いものが登場しています。

本ファンドのベンチマークのS&P Kensho Wearables Index(配当込み)は、2019年4月30日時点)で、米国を中心に4カ国のわずか15銘柄のウェアラブル関連企業に集中投資しています。4ヶ国の国別構成比率は、米国86.5%を中心に、イタリア6.3%、オランダ6.0%、中国1.2%です。

各銘柄の投資比率も人工知能が決めるため、MSCI コクサイ・インデックスのような浮動株調整時価総額でも、NYダウのような株価平均型の指数でもない独自の指数となります。

しかし、人工知能と言っても、人が書いたアルゴリズム通りに動くプログラムにすぎません。人工知能が運用するからといって、人間のファンドマネージャができないような高いリターンを出すことができる訳ではありません。

銘柄選択方法としては、「大量の企業の開示資料を読み込み、「ウェアラブル」に関連する言葉の出現頻度、出現場所などを基に投資対象銘柄が選ばれる」とのこと。

けれども、「ウェアラブル」に関連する言葉が出現した大量の資料を見つけ出し、その資料を発行している企業がウェアラブル関連の事業を行っている事が分かったとしても、投資に値するかの判断は、AIでもできないはずです。

そのため、eMAXIS Neo ウェアラブルは一応インデックスファンドに分類されてはいますが、実態としては「ウェアラブル」というテーマ型アクティブファンドに近い性質を持っていると考えてよいでしょう


信託報酬も割高のインデックスファンド

リターンに確実にマイナスの影響を与えるコストという観点でも、米国株式を中心とするインデックスファンドでありながら、今どき信託報酬が年0.72%と高いことは、大きなデメリットです。

現在、米国の大型株約500銘柄に投資できる信託報酬0.15%(税抜)の、はるかに低コストのeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)があります。

その4倍以上の信託報酬をかけてウェアラブル関連銘柄に集中投資するというのは、分散と低コストを基本とする資産形成の観点からは外れた行動です。

アクティブファンドの要素の強い本ファンドに投資をするという事は、ウェアラブル関連銘柄への投資でS&P500(配当込み)を上回る大きなリターンを上げる事が出来ないと、意味が無いという事になります。

個々のアセットアロケーションを決定した後の、先進国株式部分に組み入れるファンドとしては、お勧めの先進国株式インデックスファンドにあるような、本ファンドよりはるかに低コストかつ各国に幅広く分散された株式に投資するファンドをメインとすべきです。

本ファンドのような集中投資かつコストも高めのものは、購入したい場合もほんの少しに留めておくのが無難です。



eMAXIS Neo ウェアラブルの購入先

eMAXIS Neo ウェアラブルは、購入先に関係なくノーロードです。購入できる証券会社・銀行は下記の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券、丸三証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る