eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)・コスト最安のバランスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)は、日本、先進国、新興国の株式の計3資産に33.3%(=1/3)ずつ均等投資する、バランス型インデックスファンドです。超低コストのeMAXIS Slimインデックスシリーズに、2018年4月3日に追加されました。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)


3資産の代表的な株価指数である、東証株価指数(TOPIX)MSCIコクサイ インデックスMSCI エマージング・マーケット・インデックスを1/3ずつ均等に組み合わせた合成指数を、ベンチマークとしています。

3資産をバラで購入するよりも低い信託報酬に設定されており、バランスファンド全体としても最安の信託報酬であることが最大の特徴です。

(2018年4月27日更新)


 


eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.142%(税抜)(純資産が500億円未満時)
 純資産が500億円以上1000億円未満部分は0.137%、1000億円以上の部分は0.132%です。
信託財産留保額:なし
決算:年1回(4月25日)
償還日:無期限
運用会社:三菱UFJ国際投信株式会社
為替ヘッジ:なし

資産配分比率: 下記の3資産のマザーファンドファミリーファンド方式で33.3%ずつ均等投資しています。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 基本投資割合


3地域の各マザーファンドへの基本投資割合は以下の通りです。
組入資産
(マザーファンド)
マザーファンドのベンチマーク  基本組入比率
 国内株式  東証株価指数(TOPIX)  33.3%
 先進国株式  MSCI コクサイ インデックス  33.3%
 新興国株式  MSCI エマージング・マーケット・インデックス  33.3%



eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)、管理人の感想と評価は?

eMAXIS Slimインデックスシリーズは2017年2月27日に新規設定され、「業界最低水準の運用コストをめざす」コンセプトを打ち出しており、 「業界最低水準の運用コストをめざして機動的に信託報酬を引き下げる」ことで他社と同じ資産クラスの、「最も信託報酬の低いインデックスファンドと同一の信託報酬」に設定することをアピールしています。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)は、3資産(日本、先進国、新興国の株式)に33.3%ずつ均等投資できる、信託報酬が低いバランスファンドです。

日本、先進国、新興国株式に1:1:1の均等に投資できる、今までありそうでなかった配分比率であり、毎月の積立投資でこの比率で購入されている人も多いと思います。

また、同じeMAXIS Slimインデックスシリーズの各資産クラスごとの、以下3つのインデックスファンドをバラで均等の比率で購入した場合の平均信託報酬、約0.152%よりも、本ファンドはさらに低い信託報酬0.142%に設定されています。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)(信託報酬0.159%)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(信託報酬0.1095%)
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(信託報酬0.19%)


バランスファンドである本ファンドの方が、リバランスの手間もコストも不要であることを考えると、さらに優位性が増します。

また、株式100%と信託報酬が高くなりがちなバランスファンドにも関わらず、現時点で全てのバランスファンドの中で信託報酬が最安であり、さすがのeMAXIS Slimインデックスシリーズと言えます。

ご自分のアセットアロケーションを決定後、本ファンドがその資産配分比率の構築に使える場合、その「コア」として利用できるバランスファンドになります。文句なくおすすめのインデックスファンドであり、今後の運用には大いに期待できます。



eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の購入先

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)をノーロードで購入できるのは、下記の証券会社です。

SBI証券楽天証券岡三オンライン証券


証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る