eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)・・・信託報酬が最も安い全世界株式インデックスファンド、全世界株式を選ぶならこれが最有力

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークとする、全世界株式インデックスファンドです。超低コストのeMAXIS Slimインデックスシリーズに2018年3月19日に追加されました。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)


本ファンドのベンチマークである、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)は、日本を除く先進国と新興国の株式を投資対象としています。

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークとする、信託報酬最安のインデックスファンドです。

(2018年5月16日更新)



 


eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の基本的情報

このファンドの基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.142%(税抜) (純資産が500億円未満時)
 純資産が500億円以上1000億円未満部分は0.137%、1000億円以上の部分は0.132%です。
信託財産留保額:なし
決算:年1回(4月25日)
償還日:なし(無期限)
運用:三菱UFJ国際投信株式会社
為替ヘッジ:なし

このファンドのポートフォリオなど

「外国株式インデックスマザーファンド」と「新興国株式インデックスマザーファンド」に約83:17の比率でファミリーファンド方式で投資する事を通じて、日本を除く先進国株式、新興国株式計2165銘柄に徹底的な分散投資を行っています。(2018年4月27時点)。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) ファミリーファンド方式構造


組入上位10業種の構成比率は以下の通りです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 組入上位10業種の構成比率


投資対象地域、国は以下の通りです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の投資先地域


また、組入上位銘柄は以下の通りです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 組入上位銘柄



eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)、管理人の感想と評価

信託報酬が最安の全世界株式インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークとする、信託報酬が年0.142%(税抜)と最安の全世界株式インデックスファンドです。

同指数をベンチマークとする既存の低信託報酬のインデックスファンドとしては、今までは野村つみたて外国株投信(信託報酬0.19%)がありましたが、それよりも信託報酬を低く設定してきました。

当サイト管理人は楽天証券つみたてNISAで野村つみたて外国株投信を積み立て投資している訳ですが、全く「同一品質」の商品が登場して信託報酬が約3割ほども安くなる事になるのですから、ファンドの乗り換えを検討しなくてはなりません。

3月にeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)が登場して、その後の数か月の運用状況をチェックして、運用が安定的だと判断したら、乗り換えをする事になりそうです。


信託報酬を最安にキープするeMAXIS Slimインデックスシリーズに追加

eMAXIS Slimインデックスシリーズは「他社類似ファンドの運用コストに注意を払い、業界最低水準の運用コストをめざして機動的に信託報酬を引き下げる」と宣言しており、実際に他社の信託報酬引下げには即座に対応する戦略を取っています。

日本株式にも投資し、ベンチマークも異なりますが大枠では全世界株式ファンドであるEXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド(信託報酬0.142%)を意識して本ファンドの信託報酬も最安値に合わせて設定してきたと考えられます。

三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS 全世界株式インデックス(信託報酬0.60%)と全く同一の2つのマザーファンドに投資していながら、信託報酬は0.142%と冗談のような低い信託報酬です。

eMAXISインデックスシリーズ内に、信託報酬が違うだけで同一のマザーファンドに投資する全世界株式インデックスファンドが2つできる事になり、信託報酬0.60%のeMAXIS 全世界株式インデックスを買っている人がこれを知ったら、実にバカバカしくて笑いが出るでしょう。

ご自分のアセットアロケーションの決定後に、日本を除く先進国株式、新興国株式に浮動株調整時価総額比率で投資したい場合、本ファンド1本で、 日本を除く海外先進国と新興国の株式に、約87:13の比率で、超低コストで幅広く分散投資できるのが魅力です。

なお、日本も含めて投資したい場合は、先進国、新興国株式に1本で投資できる、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスをベンチマークとする全世界株式インデックス・ファンド(信託報酬0.48%)もあります。

投資家個々のアセットアロケーションに、相当程度、相応しいと思われる投資対象のファンドを利用すれば良いでしょう。



eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の購入先

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)をノーロードで購入できる証券会社・銀行は以下の通りです。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券岡三オンライン証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る