フィデリティ・欧州株・ファンド・・・欧州に投資する際の有力な選択肢

フィデリティ・欧州株・ファンドは、1998年4月1日に設定された、欧州株式に投資できる運用歴の長いアクティブファンドです。成績が優秀なおススメできるアクティブファンドであり、2018年から開始されるつみたてNISAにも選定されたファンドです。

フィデリティ・欧州株・ファンド


ベンチマークである MSCI ヨーロッパ・インデックス(税引前配当金込/円ベース)を長期的に上回っており、先進国株に投資する中で欧州株の比率をアクティブファンドで上げたい人にとって、選択肢の1つとなるでしょう。

(2017年12月5日追加)


 


フィデリティ・欧州株・ファンドの基本的情報

購入単位楽天証券SBI証券では最低100円より積立購入可能。
信託報酬年率1.50%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(11月30日)
資産配分比率: 欧州の計51銘柄に投資(2017年9月29日時点)。組入上位5ヵ国、組入上位5業種は以下の通りです。

フィデリティ・欧州株・ファンドのポートフォリオ


償還日:無期限
運用:フィデリティ投信株式会社
為替ヘッジ:なし



フィデリティ・欧州株・ファンド、管理人の感想と評価

1998年の設定以来のリターンが、ベンチマークを大きく上回っている優秀なアクティブファンドです。きちんと配当込み指数をベンチマークとしており、ファンドの運用成績との比較ができるので、その点でも良いファンドです。

フィデリティ・欧州株・ファンドとベンチマークを比較


同指数をベンチマークとしているアクティブファンドには、以下の3つがありますが、本ファンドはこれらの利用価値の無いアクティブファンドと異なり、良好なリターンを叩き出している事が分かります。

ドイチェ・ユーロスター・オープン
欧州連続増配成長株オープン
明治安田欧州株式ファンド(愛称:ファザーン)

欧州株に投資できるアクティブファンドのリターン比較


更に、設定来の長きにわたって分配金を出していないところも、非常に評価して良い点だと思います。最近は基準価額をわざと下げて、「価格が低い=お得なファンドだ」と誤魔化しを図るようなアクティブファンドが散見される中、非常に好ましいですね。

長期投資における納税を先送りする事で投資の資金効率が高まりますから、本来はこのようなアクティブファンドが増えてもらわないと困ります。

フィデリティ・欧州株・ファンドの分配金


ただ、コスト面は、信託報酬は年1.5%(税抜)と、先進国株式ファンドとして高いです。今後も素晴らしい運用成績が継続すれば良いですが、過去のリターンは将来の運用成績を保証するものではありませんから、全資金を突っ込むような無謀な投資は避けましょう。

先進国の株式に投資する中で、欧州株の比率を多少上げたい場合に、資金の一部を振り向けるスタンスで投資するのがよろしいかと思います。もちろん、投資の技術が熟練したセミプロ級の投資家は、自由に投資をしても構いません。



フィデリティ・欧州株・ファンドの購入先

フィデリティ・欧州株・ファンドをノーロードで購入できる証券会社・銀行は、以下の通りです。

SBI証券楽天証券フィデリティ証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る