FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスとはどんな指数か?

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス(FTSE Developed All Cap Index)とは、FTSE社が算出/公表しているFTSE Global Equity Index Series(GEIS)の1つで、 大型、中小型株式も含む計25ヵ国の(日本を含む)先進国株式市場全体の値動きを表す、先進国株式指数(米ドル建て、配当抜き)です。

2002年12月31日時点の時価総額を200とした基準値としており、2003年9月22日より算出されています。

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスのFTSE指数での位置づけは、以下の通りになります。

FTSE社の株式指数の地域別分類
指数  規模  投資国 指数
FTSE グローバル・オールキャップ・インデックス(FTSE Global All Cap Index) 大型、中型株、小型株 先進国  FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス(FTSE Developed All Cap Index)
新興国 FTSE Emerging All Cap Index


FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスは、日本も含む先進国計25ヵ国の大型株、中型株はもちろん、小型株式まで幅広く対象としている浮動株調整時価総額比率で構成される指数であり、計5701銘柄で構成されています。(2019年7月31日時点)

構成銘柄については、年2回(3月と9月)に定期的に見直しが行なわれます。


FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスとMSCIワールドの違い

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスMSCIワールドは、どちらも日本を含む先進国株式指数です。FTSE社とMSCI社の指数への組入基準の違いにより、FTSE社は韓国を先進国、MSCI社は韓国を新興国に分類しています。

また、MSCIワールドは大型、中型株をカバーしているのに対し、FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスは大型、中型株だけでなく、小型株もカバーしており、組入銘柄数も多いです。

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス MSCIワールド
構成国  25ヶ国(韓国含む)  23ヶ国(韓国含まず)
組入銘柄  大型、中型、小型株含む 計5701銘柄   大型、中型株 計1632銘柄
銘柄毎の組入比率  浮動株調整時価総額  浮動株調整時価総額


FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスの国別構成比率、業種別構成比率、及び組入上位10銘柄の構成比率は下記の通りです。

(2019年9月1日追加)



 


FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスの国別構成比率

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスの国別構成比率は、以下の通りです。(2019年7月31日時点)
計25ヶ国で構成され、米国の約62%を筆頭に、日本も8.3%含まれ、韓国も1.5%含まれています。

構成比率
アメリカ(米国)  61.6%
日本  8.3%
イギリス  5.6%
カナダ  3.5%
フランス  3.3%
スイス 2.9%
ドイツ  2.8%
オーストラリア  2.5%
韓国  1.5%
香港   1.3%
オランダ  1.1%
スウェーデン  1.0%
スペイン  0.9%
イタリア   0.9%
デンマーク  0.6%
シンガポール  0.5%
フィンランド  0.4%
ベルギー  0.4%
ノルウェー  0.3%
 イスラエル  0.2%
 ポーランド 0.1%
 アイルランド 0.1%
 オーストリア 0.1%
 ポルトガル 0.1%
 ニュージーランド 0.1%


FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスの業種別構成比率

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスの業種別構成比率は以下の通りです。(2019年7月31日時点)

業種 構成比率
テクノロジー  15.8%
工業製品・サービス  12.9%
ヘルスケア  11.4%
金融  7.7%
小売 6.4%
生活雑貨 5.3%
石油・ガス 5.2%
保険  4.5%
 金融サービス 4.5%
不動産  4.1%
食品・飲料  3.9%
公益  3.2%
旅行&レジャー 2.9%
電気通信  2.4%
 メディア 2.3%
化学 2.3%
自動車・自動車部品  1.9%
資源  1.8%
素材  1.5%


FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス 組入上位10銘柄の構成比率

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスの組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。(2019年7月31日時点)

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス 上位10銘柄の組入比率
銘柄 組入比率
 マイクロソフト  2.2%
 アップル  2.1%
 アマゾン  1.6%
 フェイスブック A  1.0%
 JPモルガンチェース  0.8%
 アルファベット C  0.8%
 アルファベット A  0.8%
 ジョンソンエンドジョンソン(J&J)  0.7%
 ネスレ  0.7%
 エクソンモービル  0.7%


FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスを、ベンチマークや参考指数とするファンド

FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスベンチマークや参考指数としているファンドは、以下があります。


ファンドの名称 信託報酬(税抜)
SBI・先進国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(先進国株式)) 0.1095%


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る