分配金が元本払戻金だらけで、ゲスの極みと化している件

三菱東京UFJ銀行おススメの投資信託を買ってみた結果

当サイトをご覧いただいた人であれば、「銀行員ほど信用できない者は他にいない」と感じているかも知れません。本当に信頼できないのか、まずは評判通り?三菱UFJ銀行に投資信託の相談をした体験をお読みください。

で、その相談時に銀行員が僕に勧めた3本の投資信託を、SBI証券で買ってみました。バンクローンファンドは、ぴったり同じものが無かったので、類似したファンドを選びました。投資金額は、それぞれ1万円ずつです。

分配金が元本払戻金だらけ

投資先 投資信託の名称 売買手数料
(税込)
信託報酬
(税込)
バンクローン 米国バンクローンファンド(USストリーム) 2.7% 1.782%
バランス型 JPMベスト・インカム(毎月決算型) 2.16% 1.60%
米国不動産 新光 US-REITオープン(ゼウス) 3.24% 1.6524%


上の写真とほぼ同じくらいの年齢のキレイ系の女子から投資信託を推奨されて、私もいろんな意味で笑顔が出ました。とうぜん、あれだけ自信たっぷりに勧めてきたのですから、運用成績もさぞ立派なのでしょう。

それにしても、SBI証券を使ってまでしても、異様に高い売買手数料を取られるという時点で、無念の極みですね。そして信託報酬も1%台後半。これを見ていると、三菱東京UFJ銀行は、とにかく自分らが一番儲かるものをグイグイ推してきたと分かります。

(2019年3月30日追加)



 


今回購入した投資信託のリターンを、なんとなく眺めてみる

まず、購入した3本と、それ以外に参考として、GDP比率を元にしてポートフォリオを組んでいる低コストのバランス型ファンド、世界経済インデックスファンドの4本の基準価額の推移を、同時に眺めてみましょうか。

ついでに、初心者の方でもなんとなく相場の雰囲気が分かるように、TOPIXの値動きに連動するインデックスファンド、ニッセイTOPIXオープンも同時に付け加えてみました。日本株が上昇している期間は、世界的に相場が好調である事を示しています。




期間3年のチャートになりますが、この時期も全体としてはそれなりに好調な相場でした。このような時は、バンクローンなども何の問題も無い状態だったと思われます。

バンクローンファンドも含めて、推奨された3本の毎月分配型投資信託の値動きは、比較的マイルドだと感じます。値動きの少ないところで分配金が定期的に支払われるのですから、投資家にとっては安心して毎日を過ごせる・・・のだと思ってしまいますよね!(実は違う

なお、上記の図は、なんとなくの相場の雰囲気を知るために、本来比較してはならないもの同士を無理やり1つのテーブルに並べています。これだといかにも日本株ファンドが優れているように見えるでしょうが、そういう意味ではありませんので、その点は注意して下さい。


 


元本払戻金だらけの、ゲスの極みの分配金を公表

では、購入した3本の毎月分配型投資信託の分配金が、どのように支払われているのか、買い付けを行った2015年10月以降の、3年4か月間の合計で見て頂きましょう。


米国バンクローンファンド(USストリーム)の分配金の実態

まずは三菱東京UFJ銀行の行員が、「米国が利上げするほど景気がいい時に本領を発揮する投資信託」とのことで推薦されたファンドです。威勢の良さとは裏腹に、購入した3本のファンドの中で唯一、トータルリターン-3.3%とマイナスです・笑。

さあ、お楽しみの分配金です。なにせ毎月分配ががっぽり入ってきたら、こんなに美味しい事はありませんからね。で、証券会社の管理画面をチェックしてまとめてみたのが、下の表です。合計の分配金額は2184円です。・・・え?、、、あれ???

普通分配金 元本払戻金
合計:2184円 136円 2048円


おい、バーカ!!全体の94%が、元本払戻金じゃないか!!!

SBI証券にログインして確認してみると、相場が好調とか低迷とかに関わらず、一貫して元本払戻金が継続しており、普通分配金などはほとんど支払われませんでした。

なお、買い付けた金額が1万円にもかかわらず、スタート時の評価金額がいきなり9738円となりました。これが、購入時の手数料が取られることによる「マイナスの威力」です。運用前に元本割れするのですから、コストがどれだけ大事なのか分かっていただけると思います。

そして、2019年3月末時点の評価金額は7486円です。3年4か月で、投資した1万円が随分と少なくなりました。資産運用をしているようで、お金を減らしているという実感しか湧いてきません。残念過ぎます。。。



JPMベスト・インカム(毎月決算型)の分配金の実態

しょーがない、次は、三菱東京UFJ銀行の行員が「今時のバランスファンドは昔と違うんです!」と言い放った、JPMベスト・インカム(毎月決算型)です。トータルリターンは+5.4%ほどとなっており、これは普通に分配金が出てくれるような気がします。

で、確認してみますと・・・何と!これでも全体の39%が元本払戻金だったのです!

普通分配金 元本払戻金
合計:1139円 693円 446円


最初に差し出した10000円は、今換金すると9397円になります。自分の投資元本が勝手に払い戻されただけの元本払戻金の446円を入れても、9843円です。いくら普通分配金を693円受け取っているとは言え、どうも「投資に成功した」という雰囲気は微塵も感じられません。

分配金の払い出し方ですが、JPMベスト・インカム(毎月決算型)の評価解説ページにおいては、「適正」という表現を使って説明させていただきました。

しかし、私の受け取った分配履歴によると、2016年6月以前は毎月、全額が元本払戻金でしたし、2018年10月以降は再び全て元本払戻金となっています。従って、適正な期間もあったが、不適切な分配金の支払いも多く、信用できないというのが実状です



新光 US-REITオープン(愛称:ゼウス)の分配金の実態

最後は、購入時に手数料をMAXの3%も支払わされた、新光 US-REITオープン(愛称:ゼウス)です。三菱東京UFJ銀行の行員が「基準価額が安くなってもたくさん口数が買えてお得!」とのたまった、アメリカのREITに投資するファンドです。

トータルリターンは、+1.6%ほどとなっていました。となると、前項の例に従うと、そうですね、およそ半分程度は普通分配金になるのではないでしょうか。

・・・って、嘘だろ!!クソコラ!死ねや!!全体の95%が元本払戻金って、いったい何考えてんだよ!!詐欺だろ!!!

普通分配金 元本払戻金
合計:4511円 239円 4272円


4511円と言う、3本の中では圧倒的に多額の分配金を支払って客寄せをしておきながら、ほとんど全額が元本払戻金であり、利益もクソも無い状態に、怒りを通り越して、エンターテインメントを見ている気分になります。

これを2019年3月末に解約すると、5635円になります。もしも元本払戻金を利益だと勘違いして浪費していたら、とんでもない勢いで資産が減る事になります。

おい三菱UFJ銀行員!こんなクズファンド、よくもシャーシャーと売りつけようとしたな。お前らには善の心というものが無いのか?? こんなファンドを作って「納品」する奴らも併せて、お前ら、完全にゲスノ極みだ!!(投資家はこれで「納棺」されます・・・)



銀行や証券会社が推奨する商品を買っていたら、財産を失います

それにしても、今回明らかになった元本払戻金だらけの実態は、あまりに酷いです。このような事を全く知らないで、貰った分配金を全て消費に回したりする人も多いのではないでしょうか。そういう人たちは完全に、財産を減らして過剰に浪費しているようなものです。

元本払戻金だらけの投資信託


銀行員は元本払戻金について言及しませんから、信用して買ってしまってこれほどの酷い分配を出されたら、・・・これを詐欺と言わず、何と言えばよいのでしょうか?

色々な要因で収益性が落ち込みつつある銀行は、今後一層、金融庁の目を盗んででも、狡猾に今回のようなボッタクリ投資信託を売ろうとするでしょう。

「銀行預金に預けておいても金利が付きませんから」などという口車に乗って、銀行預金よりもよほど「マイナス金利状態」の毎月分配型投資信託を買って、元本払戻金ばかりを分配されてあなたの貴重な財産を右肩下がりで減らさないように、真剣に気を付けたいものです。

(今回のように、運用を始める前に購入手数料によって元本割れするのですから、毎月分配型投資信託のほうがはるかに「マイナス金利」ですよね!)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る