ひふみワールド・・・ひふみ投信の世界株式版のファンドが新登場

ひふみワールドは、日本を除く世界の株式に投資する海外株式アクティブファンドです。日本株式アクティブファンドの好成績で有名なひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークスが新たに設定する世界株式ファンドとして、2019年10月8日より運用が始まりました。

ひふみワールド


アクティブファンドとしての運用方針は以下の通りで、ひふみ投信の運用方針とも似ており、ひふみワールドはひふみ投信の世界株式版ファンドとも言えます。

海外の成長企業に投資…足で稼いだ情報で有望な企業を発掘します
守りながらふやす運用…リスクとリターンのバランスを取ります
顔が見える運用…セミナーや動画で、運用などについてお客様に直接ご説明いたします


ベンチマークが設定されておらず、運用手腕を判断できないことが「いただけない点」ですが、ひふみ投信同様に、後で参考指数が明示される可能性があります。

日本株で人気を集めたひふみ投信が、世界株を相手に今までと同じように、市場の平均的な数値を大幅に上回るような高いリターンを上げられるのかどうか、お手並み拝見です。


(2019年10月8日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


ひふみワールドの基本的情報

このファンドの基本情報

項目 内容
購入単位 レオス・キャピタルワークスの直販にて1000円より購入可能。
信託報酬 年率1.48%(税抜)。「資産形成応援団」(信託報酬の一部還元サービス)として5年間の保有で年率0.1%、10年間の保有で年率0.25%の「ひふみワールド」の口数を還元することで、実質的に信託報酬が値引きされます。

ひふみワールド 「資産形成応援団」による信託報酬値引きの仕組み
信託財産留保額 なし
運用期間 無期限
決算 年1回(2月15日)
ファンド運用方式 「ひふみワールドマザーファンド」にファミリーファンド方式で投資します。

ひふみワールド ファミリーファンド方式構造
運用会社 レオス・キャピタルワークス株式会社
為替ヘッジ なし


このファンドのポートフォリオなど

月報発行後に追記します。



ひふみワールドの評価は?今は買いか??

海外株式に投資する、ベンチマークの無いアクティブファンド

日本株を中心に投資するひふみ投信は、人気を集めるにつれて純資産が巨額になり、2017年6月からは日本株だけでなく米国の大型株も組入れるようになりました。そんな中、日本以外の世界の株式に投資するアクティブファンドとして新たに登場するのがひふみワールドです。

ひふみワールドはひふみ投信と同様にベンチマークはありませんが、参考指数が後で月報等に掲載される可能性があります。

投資対象が日本を除く世界の株式であると考えると、参考指数としてはMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み)が妥当かと思います。

信託報酬が0.12%と「激安」のeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)あたりを圧倒的に引き離して、上出来のリターンを上げられるのかどうか、今後確認したいと思います。



信託報酬は年1.48%(税抜)と高い

ひふみワールドの信託報酬は年1.48%(税抜)と、外国株式ファンドとしては高いです。ひふみ投信のウェブサイトには、外国株のアクティブファンドの平均である1.66%に比べると低コストであると書かれていますが、どう考えても1.48%は高コストです。

ひふみワールドを10年保有すると0.25%が低減されて1.23%になるとの事ですが、それでもかなり高いコストを設定してきたなというのが第一印象です。

このコストについては、今後、レオスキャピタルワークス社としては、現状のニューヨークだけでなく、中国、シンガポール、欧州にも海外調査拠点を置く方針である事から、人件費も含めた固定費の増加を見越して、設定されているのかもしれません。

また、ひふみ投信(あるいはネット証券で購入できるひふみプラス)などの評判が非常に良く、とりわけファンドの受益者からの評価が高い事から、信託報酬がだいぶ高くても贔屓客はひふみワールドを買うに違いないという、マーケティング的な見方もあるはずです。

アクティブファンドの選び方として、過去の実績を見る方法があります。もちろん過去の成績が未来に直結する訳ではありませんが、アクティブファンドの選び方にそれ以外の方法が(コストを見る以外には)ありませんので、その点で、高コストであっても、ひふみワールドとしては問題は無いのだろうなと思います。

インデックス投資家目線では、インデックス運用はとにかくコストが最優先なので、その点から考えるとひふみワールドの信託報酬は「引く」くらいのレベルの高さでしょうか。

いずれにせよ、かつてのひふみ投信同様の好成績を信じる者はひふみワールドの高コストは度外視しますし、ひふみ投信が巨大化して、リターンを上げにくくなっている現状だけを知っている者は、買いではなくて見送りでしょうか。



今の時点で買いの判断はしにくい

ごく普通の事を言えば、今は買いではありません。いくらひふみ投信が好成績だったからと言って、世界株に投資する全く別のファンドが同じように好成績とは限りません。

アクティブファンドを買う際には、少なくとも1~2年程度は様子を見て、運用報告書をきちんと読んで、ひふみワールドであれば世界株インデックスファンドに勝利しているのか、仮に勝利していたとして、ファンドマネージャーが納得できる説明をしているのかどうかを見極めてからでも遅くはありません。

ひふみワールドの買い付け


投資の世界では、焦って飛び乗る事は、決してやってはいけません。別にひふみワールドが目の前から逃げて消える訳でもないでしょうから、じっくりと実績を見てから、判断すれば良いだけの話しなのです。

そういえば、不動産の世界でも、マンションの建設が終わる前から、ショールームだけを見て契約をする人がいるのには仰天します。何を考えているのか、僕は全く理解不能です。

投資信託も同様であり、運用開始前のひふみワールドなどは、完全にショールーム状態です。運用が開始されて、欠陥や欠点が無いのかどうか、あるいは有ったとしても、解消が可能なのかどうかを見極めましょう。

マンションの話しに戻って恐縮ですが、新築物件が建ったからと言って契約するのはどうかと思います。数年経ってから、変な住人が住んでいないかどうかなども含めて、建築物の欠陥の有無を調べた後に、中古で購入するのが賢い買い方です。

そう、アクティブファンドも「中古物件」がお勧めなのです。早く儲けようと焦っていると、ロクな事はありません。ひふみワールドの「ロケット」が無事に飛び立つのを見て、安全に「運行」出来るのをチェックしてから、乗車して下さいね。下手に乗り込んで爆発でもされたら、目も当てられません。



ひふみワールドの購入先

ひふみワールドは直販型ファンドのため、下記のみでノーロードで購入できます。

ひふみ投信の公式ホームページ


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る