i-mizuho オーストラリア株式インデックスの評価

i-mizuho オーストラリア株式インデックスは、 オーストラリアの代表的な株価指数であるS&P/ASX200指数ベンチマークとするオーストラリア株式インデックスファンドです。

i-mizuho オーストラリア株式インデックス


ブラックロック・ジャパンが運用する i-mizuhoインデックスシリーズのうちの1つで、i-mizuho東南アジア株式インデックスi-mizuho 中国株式インデックスi-mizuho欧州株式インデックス等他の株式インデックスファンドと共に2013年8月26日より運用が開始されました。唯一のオーストラリア株式インデックスファンドであることが最大の特徴です。

(2016年6月15日更新)



 


i-mizuho オーストラリア株式インデックスの基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率0.57%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(5月2日)
・資産配分比率: 海外ETFであるiShares CORE S&P ASX 200 ETF(IOZ)に投資することで、オーストラリアの計200銘柄の株式に投資。(2016年5月末時点)

上位10銘柄の組入構成比率は以下の通りです。

i-mizuho オーストラリア株式インデックス 上位10銘柄構成比率

・償還日:無期限
・運用:ブラックロック・ジャパン
・為替ヘッジ:なし



i-mizuho オーストラリア株式インデックス、管理人の感想と評価

唯一のオーストラリア株式インデックスファンド

今までもオーストラリア・高配当株ファンド(毎月決算型)(信託報酬1.45%)のようなアクティブ型のオーストラリア株式ファンドはありましたが、本ファンドは、唯一のオーストラリア株式インデックスファンドとなります。

信託報酬も年0.57%(税抜)と、比較的低コストであることも評価できます。

i-mizuho オーストラリア株式インデックスのベンチマークである S&P/ASX200は、オーストラリアの浮動株時価総額比率による上位200社で構成される指数です。同じく浮動株時価総額比で構成される日本のTOPIX(東証株価指数)と同様の構成です。

オーストラリアは資源国だけあって、他国よりも金融業の他に資源開発関連業種が多くを占めている特徴があります。

ただ、日本を除く先進国株式全体に投資できるSMT グローバル株式インデックス・オープン等がベンチマークとするMSCI KOKUSAIインデックスにはオーストラリアは4%程度しか含まれていません。

アセットアロケーションの先進国株式部分の中で、もう少しオーストラリアにもっと投資したいと考える方には有用なファンドです


主要ネット証券で購入できるようになり、運用期間も無期限に改正

本ファンド設定当初は、みずほ証券とみずほ銀行のインターネット専用ファンドでしたが、今ではSBI証券等主要4大ネット証券で購入できるようになりました。

また、償還日も2028年5月までと有限なのが残念でしたが、今では無期限に改正されました。
遅かったとはいえ、買いやすくなった点は評価できます。

メインファンドではなく、アクセントの位置づけとしては使えるファンドと言えます。


i-mizuho オーストラリア株式インデックスの購入先

i-mizuho オーストラリア株式インデックスをノーロードで購入できる銀行・証券会社は、下記の通りです。

SBI証券楽天証券 マネックス証券カブドットコム証券 、みずほ証券(ネット専用)、みずほ銀行(ネット専用)

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
徹底的にコストにこだわるなら SBI証券 を選ぶと良いでしょう。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る