i-mizuho 国内株式インデックス・・・あえて買う必要性が薄れたファンド

i-mizuho 国内株式インデックスは、 日経平均株価ベンチマークとする日本株式インデックスファンドです。

ブラックロック・ジャパンが運用している i-mizuhoインデックスシリーズのうちの1つで、i-mizuho 米国株式インデックスi-mizuhoオーストラリア株式インデックスi-mizuho 中国株式インデックス等の株式インデックスファンドと共に2013年8月26日より運用が開始されました。

i-mizuho国内株式インデックス


この投資信託は、東証に上場している国内ETFである、iシェアーズ日経225 ETF(1329)にファンドオブファンズ形式で投資しています。

元は、みずほ銀行、みずほ証券のインターネット専用ファンドでしたが、現在はSBI証券など主要ネット証券でも購入可能となりました。2016年2月3日より、有限だった信託期限も撤廃され、運用期間は無期限となっています。

日経平均インデックスファンドとして、信託報酬0.38%(税抜)は以前は低コストインデックスファンドに入るコスト水準でしたが、今ではひと昔前の水準のファンドになってしまいました。

(2016年2月28日更新)


 


i-mizuho 国内株式インデックスの基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率0.38%(税抜)(投資対象ETFの信託報酬込み)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(5月2日)
・資産配分比率: iシェアーズ 日経225 ETF(1329)に投資することで日経平均株価構成全225銘柄に投資(2016年1月末時点)

組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

i-mizuho 国内株式インデックス 組入上位10銘柄の構成比率

・償還日:無期限
・運用:ブラックロック・ジャパン
・為替ヘッジ:なし(投資対象の日本株式に為替リスクはありません。)



i-mizuho 国内株式インデックス、管理人の感想と評価は?

信託報酬0.38%の日経平均インデックスファンドとして、少し前までは低コストと言ってよい水準でしたが、今では日経225インデックスe(信託報酬0.19%)とコストが半分のファンドがあり、わざわざi-mizuho国内株式インデックスを選ぶ必要性がなくなっています。

日本株式クラスのベンチマークとしては、日経平均(225銘柄)とTOPIX(東証株価指数、東証上場一部銘柄全てを含む)の2つがあります。日経平均インデックスファンドに投資したければ上記の日経225インデックスeで決まりです。

また、本ファンドは東証に上場しているiシェアーズ日経225 ETF(1329)(信託報酬0.17%(税抜))に投資しています。そのためよりコストを下げるために、直接iシェアーズ日経225 ETFを購入する手もあります。

ただ、直接、日経平均ETFを買う場合は、フリーETF(上場投資信託)の「MAXIS」は凄い!でお伝えしたカブドットコム証券限定で、購入&売却手数料が無料のMAXIS日経225上場投信(1346)(信託報酬0.17%)を購入した方が、さらに低コストです。

日本株式への投資としては、TOPIXの方が銘柄数が約1700超と、日経平均よりも広く分散投資が可能なため、TOPIXインデックスファンドを選ぶ方が合理的でしょう。

その場合は、信託報酬0.29%と最安の<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドが最有力候補となります。(i-mizuhoインデックスシリーズには、TOPIXインデックスファンドはありません。)

日経平均の際と同様、ファンドではなくETFという選択肢もあります。その場合は、同じくフリーETFMAXISトピックス上場投信(1348)(信託報酬は超低コストの0.08%)を、同じくカブドットコム証券で購入すると良いでしょう。

小口で購入しても手数料は一切無料なので、ファンド同様定期的に購入する方法も考えられます。指値注文しておき、基準価額下落時に約定させる方法も含めて、どちらでも好みの方法で買付して良いでしょう。


⇒関連記事:日経225連動型とトピックス連動型、どちらが有利?



i-mizuho 国内株式インデックスの購入先

i-mizuho 国内株式インデックスをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券楽天証券 カブドットコム証券マネックス証券、みずほ証券(インターネット専用)、みずほ銀行(インターネット専用)

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る