i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)の評価

i-mizuho 先進国債券インデックス( 為替ヘッジなし)は、 日本を除く先進国の国債の値動きを示す代表的な指数である、シティ世界国債インデックス(除く日本)ベンチマークとする、信託報酬0.57%(税抜)の先進国債券インデックスファンドです。

ブラックロック・ジャパンが運用している、i-mizuhoインデックスシリーズ21本のうちの1つになります。

i-mizuho オーストラリア債券インデックスi-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)などの他の債券クラスのファンドと同様に、2013年9月12日より運用が開始されました。

長らくみずほ銀行、みずほ証券のインターネット専用ファンドでしたが、現在はSBI証券など主要ネット証券で購入可能となりました。2016年2月3日より信託期限も撤廃され、無期限となっています。

(2016年2月21日更新)


 


i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)の評価

・購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
・信託報酬:年率0.57%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(8月2日)
・資産配分比率: 海外の国債に分散投資(2016年1月29日時点)

ファンド全体の平均残存年数は8.78年、修正デュレーションは6.77年です。

上位5ヶ国の国別の国債組入比率は以下の通りです。
i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし) 国債組入 国別の構成比率

通貨別構成比率は以下の通りです。

i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし) 通貨別構成比率

・償還日:無期限
・運用:ブラックロック・ジャパン
・為替ヘッジ:なし



i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし) の感想

先進国債券インデックスファンドとして信託報酬0.57%(税抜)は今となっては平凡で、魅力が薄いです。同じシティ世界国債インデックス(除く日本)をベンチマークとするインデックスファンドとしては、信託報酬0.20%と超低コストの以下2ファンドがあります。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
たわらノーロード 先進国債券



i-mizuhoインデックスシリーズ は、ようやく主要ネット証券でも購入できるようになり、2016年2月3日から運用期間も無期限に改善されましたが、このコスト水準では純資産総額の増加は難しそうです。

アセットアロケーションの先進国債券部分には、お勧めのインデックスファンドにもある、上記2ファンドのどちらかを選べば問題ないでしょう。

ただし、外国債券は理論的には日本債券と期待リターンは同一です。信託報酬が日本債券クラスより一般的に高いことを考えると、コスト考慮後は日本債券ファンドより期待リターンは低いとも言えます。

分散効果はありますが、(期待リターンゼロの)為替リスクを負うことになるために、ご自分のポートフォリオに、過度に組入れることのないよう注意が必要です。

為替リスクを除去したい場合は、i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)も存在しています。その場合も、円と外貨の短期金利差のヘッジコストはかかりますので、コスト負けとなる可能性もあります。

先進国債券クラスのファンドを、ポートフォリオに組み入れないという手段も十分ありです。



i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)の購入先

i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)をノーロードで購入できる証券会社・銀行は、下記の通りです。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券 、みずほ証券(インターネット専用)、みずほ銀行(インターネット専用)

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る