iFreeNEXT 日本小型株インデックス ・・・日本の小型株式に分散投資

iFreeNEXT 日本小型株インデックス(アイフリーネクスト 日本小型株インデックス)は、TOPIX Smallベンチマークとする、日本の小型株式に投資するインデックスファンドです。

大和証券投資信託が運用する、超低コストインデックスシリーズであるiFreeインデックスシリーズの中のiFreeNEXTシリーズの1つとして、2018年10月19日より運用が始まりました。

iFreeNEXT 日本小型株インデックス


今まで、日本の小型株のみに投資できるインデックスファンドはありませんでしたので、小型株効果を狙って長期で大きなリターンを確保しようと目論んでいる人にとっては、期待の投資信託になるかもしれませんね。


(2018年11月5日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。


 


iFreeNEXT 日本小型株インデックスの基本情報

このファンドの基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.40%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(10月18日)
償還日:なし
運用会社:大和証券投資信託
為替ヘッジ:なし


このファンドのポートフォリオなど

具体的なポートフォリオについては、月報発行後に追記します。本ファンドは、「日本小型株インデックス・マザーファンド」に、ファミリーファンド方式で投資しています。

iFreeNEXT 日本小型株インデックス ファミリーファンド方式構造



iFreeNEXT 日本小型株インデックス、管理人の感想や評価

日本の小型株に分散投資できるインデックスファンド

大和証券投資信託が運用するiFreeNEXTシリーズは、「特色あるセクターや特定分野に焦点を絞った指数をベンチマークとするインデックスファンドシリーズ」として2018年1月末より登場しました。

iFreeNEXTシリーズには、既にNASDAQ100指数をベンチマークとして、米国大型ハイテク株式に投資するiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスがあります。

そこに今回、日本の小型株式を投資対象とするTOPIX Smallをベンチマークとする、iFreeNEXT 日本小型株インデックスが追加されました。

TOPIX Smallは、(東証一部上場全銘柄(約2050銘柄)を対象とする)TOPIX構成銘柄のうち、時価総額上位500銘柄で構成されるTOPIX500構成銘柄を除いた、約1550銘柄で構成される日本小型株式指数です。

日本の小型株のみに投資できるインデックスファンドは、意外になく、今までは、中小型株200銘柄で構成されるJPX日経中小型株指数をベンチマークとするeMAXIS JPX日経中小型インデックスなどしかありませんでした。

それも純粋な時価総額比率の指数ではなく、ROE・営業利益等、収益面に着目して選定されるスマートベータ指数をベンチマークとするインデックスファンドです。

今回のiFreeNEXT 日本小型株インデックスは、浮動株調整時価総額比率で1550銘柄に分散投資できる、初の日本小型株式インデックスファンドとなります。

一般に小型株式は、大型株よりもリスク(値動き)が大きくなる分、リターンも高いという小型株効果と呼ばれるアノマリーがあります。日本の小型株式に幅広く投資したい場合、信託報酬が0.40%(税抜)と少し高めではありますが、本ファンドが候補の一つになります。

ただし、運用結果がどうなるかは運用開始前で不明のため、実際には思わぬ実質コストがかかってリターンがベンチマークから乖離する度合いが大きくなる可能性もあるかもしれません。

いくら興味があったとしても急いで飛びつかないで、少なくとも運用開始後1年ほどで出される運用報告書で中身を確認してから、購入を考えても良いでしょう。インデックス投資をしている分には、相場は逃げませんので慌てなくても大丈夫です。

なお個人的には、中小型株のアクティブファンドでは最も有名な、ひふみ投信(参考指数はTOPIX(配当込み))とのパフォーマンスを比較してみたいという密かな楽しみがありますね。

基本的には、ご自身のアセットアロケーションの日本株式部分には、大型株から小型株まで幅広く投資できる、お勧めの日本株式インデックスファンドにあるような低コストのファンドをメインとしましょう。小型株式に多めに投資したい方も、本ファンドをアクセント的に少し購入する程度で十分と思います。



iFreeNEXT 日本小型株インデックスの購入先

iFreeNEXT 日本小型株インデックスは、以下証券会社にてノーロードで購入できます。

SBI証券楽天証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る