iFreeActive チャイナX・世界の「中国ニューエコノミー」株式に集中投資

iFreeActive(アイフリーアクティブ)チャイナXは、日本を含む世界の「中国ニューエコノミー」関連株式に投資するアクティブファンドです。

中国ニューエコノミー関連株式とは、「中国におけるITと既存産業の融合により生まれる新たな産業や技術の高度化に伴って高付加価値化した産業に関連する株式」とのこと。

iFreeActive チャイナX


大和証券投資信託が運用するiFreeシリーズに加わった、iFreeActiveシリーズの4番目のファンドとして、2018年3月30日より運用が始まりました。

(2018年4月15日追加)


 


iFreeActive チャイナXの特徴や基本情報

購入単位楽天証券SBI証券にて100円より購入可能。
信託報酬年率1.11%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(1月30日)
資産配分比率:月報発行後に追記します。
償還日:2028年1月28日(延長可能性あり)
運用会社:大和証券投資信託
為替ヘッジ:なし


中国ニューエコノミー・マザーファンドに、ファミリーファンド方式で投資しています。

ファミリーファンド方式構造



iFreeActive チャイナX、管理人の感想や評価

「中国ニューエコノミー」関連銘柄に集中投資するテーマ型のアクティブファンド

本ファンドは、日本を含む世界の「中国ニューエコノミー」関連銘柄10~20銘柄に集中投資するアクティブファンドです。「成長性が期待されるた有望な分野に投資する」というテーマ型のアクティブファンドシリーズ、「iFreeActiveシリーズ」の1つになります。

期待したいところですが、アクティブファンドにも関わらず、肝心のベンチマークも参考指数もない欠陥ファンドです。明確な運用目標もないため、リターン結果を月報や運用報告書に漠然と記載されても、アクティブ運用としての運用手腕を判断しようがありません。

その中でも敢えて判断材料を探す場合、本ファンドは日本を含む先進国と新興国に対して投資する形になっている事から、全世界株式に分散投資をした場合に比べて、本ファンドのリターンが、それを継続的に上回るか否かをチェックしておく事でしょう。

そのため、今後の比較対象としては、以下のような低コストの全世界株式インデックスファンドが候補となります。

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド
楽天・全世界株式インデックス・ファンド


しかし、運用開始からほとんど日にちが経過していませんから、もしかしたら全世界株式との比較ではなくて、中国に投資するファンドとの比較の方がしっくりと来るかもしれません。

今後、月報や運用報告書が出てから、都度都度、このファンドを評価を再度行ってみたいと思います。今のように何の実績も無く、「海のものとも山のものとも分からない」状態のファンドは、基本的には買うようなものではありません。

それと、テーマ型投資信託は「旬」が永続する事はほとんどありません。したがって本ファンドは、市場動向に応じてタイミングを見計らってその分野から撤収できるような機動力のある投資家向けだとも言えます。

本ファンドは、その意味で非常に使いづらいテーマ型アクティブファンドですね。


コストが高く、信託期間が10年なのは問題

また、株式わずか10~20銘柄に投資するだけにも関わらず、信託報酬は年1.11%(税抜)と高く、信託報酬がたったの0.1095%でeMAXIS Slim 先進国株式インデックスが購入できる時代には、あまりにもコストが高すぎるように思えます。

また、信託期間が無期限ではなく、2028年1月までとなっていることからも、長期投資には不向きファンドである事が運用会社も分かっているようですね。

先進国株式に投資する際には、お勧めのインデックスファンドのページでご紹介しているような先進国株式インデックスファンドだけでも十分です。本ファンドのような、高コストのアクティブファンドを購入する理由は特にありません。



iFreeActive チャイナXの購入先

iFreeActive チャイナXは、以下証券会社にてノーロードで購入できます。

SBI証券楽天証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る