iTrustセキュリティ・・・あまり期待できないアクティブファンド

iTrustセキュリティは、世界のセキュリティ関連企業の株式に投資するアクティブファンドです。「セキュリティ関連企業」とは、「「暮らしの安心」「移動の安心」「情報の安心」といった、日常生活に欠かせない「安心」へのニーズに応える製品やサービスを提供する企業」とのこと。

iTrustセキュリティ


ピクテ投信投資顧問が「低コストアクティブファンドシリーズ」と謡う、ノーロードiTrustノーロードシリーズ(アイトラストノーロードシリーズ) のうちの1本で、2018年12月21日より運用が始まりました。


(2018年12月22日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


iTrustセキュリティの基本的情報

このファンドの基本情報

購入単位:販売会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率1.33%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(2月20日)。
償還日:無期限
運用:ピクテ投信投資顧問
為替ヘッジ:なし


このファンドのポートフォリオ

「ピクテ・セキュリティ・マザーファンド」にファミリーファンド方式で投資しています。

iTrustセキュリティ ファミリーファンド方式構造


運用開始前のため、以下では、本ファンドと同じマザーファンドに投資している、ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジなし)の月報記載のポートフォリオを示します。

2018年11月30日時点で、日本を含む世界のセキュリティ銘柄計71銘柄に投資しています。国別構成比率、業種別構成比率はそれぞれ以下の通りで、米国が約73%と大半を占めています。

iTrustセキュリティ 国別構成比率、業種別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

iTrustセキュリティ 組入上位10銘柄の構成比率



iTrustセキュリティに対する管理人の感想や評価

ピクテ・セキュリティ・ファンドを少し低コストにしただけのファンド

iTrustセキュリティは、ピクテ投信投資顧問が運用するiTrustノーロード・シリーズに、2018年12月21日より新たに追加されました。

下記のムービーにて、iTrustセキュリティのファンドマネージャーが、「これからはセキュリティがますます重要になり、市場も成長する」などとアピールしていますが、それと、本ファンドのリターンとは何の関係もありません。



また、本ファンドと同じ「ピクテ・セキュリティ・マザーファンド」に投資する、(ノーロードではない)ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジなし)(信託報酬1.628%(税抜))が既に運用されています。

本ファンドは、それをノーロードにして信託報酬を少し低く(信託報酬1.628%⇒1.33%)設定した、ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジなし)の「少しだけ低コスト版」と言えます。お気楽な仕事ぶりですね。。。


ベンチマークも参考指数もない残念なテーマ型アクティブファンド

最近乱立している、典型的なテーマ型ファンドの一つですが、上の動画を見ても大したことは言っておらず、具体的にどういう運用手法をするのか何も語られていません。

アクティブファンドは、投資対象に合った市場の指数となるベンチマークを決めておき、それを中長期的に上回るリターンを出してもらわないと、運用手腕が全く分かりません。

本ファンドはアクティブファンドにも関わらず、ベンチマークや参考指数がない時点で、仕組み的には欠陥ファンドと言えます。

また、セキュリティ関連製品・サービスのイメージ図としては下記の画像はありますが、どういう基準で銘柄を選ぶのかも説明もありません。

iTrustセキュリティ セキュリティ関連製品・サービス


テーマ型ファンドは、特にテーマ内容が旬の時期にボコボコと乱立して設定されることが多く、購入、売却タイミングの見極めが必要となることも多いです。長期的な資産形成の道具として使うのは不向きと言えるでしょう。

個人の各アセットアロケーションを決めた後、その中の外国株式部分については先進国株式インデックスファンドのお勧めのページより、超低コストかつ投資対象が幅広く分散されたインデックスファンドを購入すれば十分でしょう。



iTrustセキュリティの購入先

iTrustセキュリティをノーロードで購入できる証券会社・銀行は、以下の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る