iTrustノーロードシリーズ・評価とまとめ

iTrust(アイトラスト)ノーロードシリーズ」(= iTrustシリーズ)は、ピクテ投信投資顧問が「低コストアクティブファンドシリーズ」と謡う、ノーロードのアクティブファンドシリーズです。2016年2月19日より当初は3ファンドで運用が始まり、その後5ファンドが追加されています。

iTrustノーロードシリーズ


「イノベーション」を投資テーマとする、iTrustノーロードシリーズの現在のラインナップと信託報酬ベンチマークをまとめます。当サイト管理人としては、特段の魅力があるとは思えません。


(2018年8月7日追加)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


iTrustノーロードシリーズ  8ファンドのラインナップ

iTrustノーロードシリーズ 全8ファンドのラインナップ一覧です。

ファンド 信託報酬(税抜) 参考指数 投資対象 
iTrust日本株式 0.89% TOPIX(配当込み) 日本株式ファンド
iTrust世界株式 0.89% MSCIワールド指数 日本含む世界株式ファンド
iTrust新興国株式(愛称:働きざかり~労働人口増加国限定~) 1.125% なし 新興国株式ファンド
iTrustインド株式 1.418% MSCIインド10/40株価指数 インド株式ファンド
iTrustロボ 1.33% なし ロボティクス関連企業に投資するテーマ型ファンド
iTrustバイオ 1.33% ナスダック・バイオテック指数MSCIワールド指数 バイオ医薬品関連企業に投資するテーマ型ファンド
iTrustプレミアム・ブランド 1.33% なし プレミアム・ブランド企業関連企業に投資するテーマ型ファンド
iTrustエコイノベーション(愛称:EV(電気自動車)/エコ・ロボなど様々な環境テーマが投資対象) 1.33% なし 電気自動車等の環境テーマ関連企業に投資するテーマ型ファンド


8ファンド全てがアクティブファンドであり、うち4本は日本株式、世界株式、新興国株式、インド株式と地域や国に投資しています。

残り4本は、いずれもテーマ型のファンドであり、「未来を形作る「メガトレンド」から生まれるイノベーションに投資することで、将来的な産業構造の変化に対応し、長期的な資産の成長を目指しています」とのことですが、何を言っているのかわかりません。

下記のようにピクテ投信投資顧問が作成したiTrustシリーズの説明も動画もあるのですが、アクティブファンドとしてごくごく当たり前のことしか言っていません。




やたらとノーロードの低コストアクティブファンドであることをアピールしていますが、今どきノーロードは当たり前で、信託報酬もここ最近のインデックスファンドの超低コスト化競争により、ちっとも低コストではなくなっています。

各ファンドにはアクティブファンドにも関わらず、その指標となるベンチマークがなく、あっても配当抜きの参考指数でお茶を濁しているファンドばかりです。

よほどそのテーマ(分野)に投資したいと思っていて、かつ、iTrustノーロードシリーズの理念に賛同した場合のみ、購入を検討すれば良いでしょう。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る