「いつかはゆかし」を善良な市民に紹介した、無責任なフィナンシャルプランナー達まとめ

みなさんも、このCMをご覧になられたことは少なくないと思います。芸能人を広告塔に仕立て大量にCM打っている時点で僕的には詐欺色満載で、相手にもしていませんでしたが。

(何と言いますか、アホらしくてうんざりするんで、見るのも嫌だ、という感じでした)

その「いつかはゆかし」がついに金融庁から行政処分を食らって、まあそんなもんでしょくらいにしかやっぱり思わなかったのでありますが。。。。

ビックリしたのは、このような問題商品を堂々と推奨しているフィナンシャルプランナーが数多くいたという事です

(2013年10月9日掲載。2016年8月23日更新)



いつかはゆかしが、金融庁から処分された内容

いつかはゆかし」が金融庁から処分された具体的な内容は、下記の動画でご覧になってください。



僕はこの詐欺会社が、損失補てんまでやっていたというのがビックリしましたね・笑。無茶苦茶じゃないですか、それって。1億円儲かるとか言っておきながら、短期的に大損したお客にお金払ってるんですからね。

 


無責任なファイナンシャルプランナーたち

さあ、順不同でドンドン行ってみましょう。(なお、廃業したフィナンシャルプランナーは掲載を外しております。)

15歳から理解のできるやさしいマネーブログ(中村氏)

いつかはゆかしの記事




「ファンドが安全かどうか、あなたの目で確かめてみて下さい」、「この情報を活用するかしないかはあなた次第です」、「あなたの将来は、今この時から始まっているのです」。

ブログ記事中に散らばったこれらの文言。アンタが確かめた結果を掲載してくれって! ま、15歳からもう一度、マネーリテラシーを高める勉強をしていただきたいと思いますね。



20代投資!まずは3000万円の資産形成を ゆとりある将来のために(匿名)

いつかはゆかしの記事(現在はブログ毎消去)




いつかはゆかしに取材に行ったら、「なるほど、と納得」したんだと! で、これぞ「積立&長期投資の王道だ」と感銘を受けたらしい。

いったい、どんな了見でファイナンシャルプランナーをやっているのか、逆に取材をさせて頂きたいと思いましたね・笑。つーか、匿名のFPって、いったい何なんだ???



あかねエフピー事務所(赤根琢哉氏)

いつかはゆかしの記事 (現在は該当記事を消去しています)




いつかはゆかし側から取材してくれって来たそうです。取材したら、「顧客利益を無視した海外投資を案内している業者がいることへの憂慮で意気投合」したらしいです・笑。

このFP、「資産運用設計に投資商品を組み込む場合、高利回りを求めるよりも、リスクを抑えるために敢えてリスクを採用するというスタンス」と説明していますが、意味が全然分からないです。

というか、この商品の中身を本当に理解したんですかね? いつかはゆかしのようなリスクが高くてデンジャラスな商品を、顧客に本当に推奨できるのか。

赤根氏の得意分野は、保険です。ファイナンシャルプランナーだからと言って、投資商品をよく御存じとは限らないから注意が必要です。



夢実現プランナー・マネースミス(吉野祐一氏)

いつかはゆかしの記事




最近ではノーロード(購入手数料といわれる手数料がかからない)商品が多く販売されていますが、目先のコストだけではなく長期で保有が出来る商品を選ぶべきだと思います」なんていう、アフォな事書いてますね。

いつかはゆかしの高額な手数料を調べないで発言しているんでしょうかね???

この記事、いつかはゆかしが原稿でも用意したんじゃないかというくらい、熱意の無い出来に仕上がっています。顧客に対しても、熱意がなかったら困ります。



 


「ライフプランで未来が変わる!」笑顔な家庭を作る(土屋ごう氏)

いつかはゆかしの記事
10月8日にそんなつもりはなかったと釈明した記事




まぁキャッチコピーがこうなので、あやしい印象もあるかもしれませんが、しっかりと登録している投資顧問業者ですし、話しを聞いた限りでは、とてもまじめに投資助言という事業を行っている会社だと感じました」。

このファイナンシャルプランナーは、お金の計算は出来ても、金融商品の出来不出来を見抜く力が無いようですね。

もしこれを見ていつかはゆかしなんかを買っちゃった人がいたとしたら、「家族の笑顔が悲しみに変わるブログ」にタイトルの変更をお願いします。



あなたの資産を守る正しい生命保険活用術(亀甲来良氏)

一度紹介した事で苦渋に満ちてしまった記事
中身をよく分からないまま買ってた事が判明した記事




いやー、このFPさん、いつかはゆかしを実際に買っていただけ、他のフィナンシャルプランナー達よりは気合入っていて好感が持てます。

で、いつかはゆかしが事実上の販売停止になってから商品の解約について業者側に質問をして、解約不可、あるいは30年後にしかお金が支払われないと知って、愕然としてる風です。

金融の世界では、いつでも換金できる「流動性」ってのは、メチャメチャ重視されるんですよ。プロのディーラー、トレーダー、ファンドマネージャーなどは、いくら儲かりそうでも流動性に懸念のある銘柄には決して近づきません。

そういう意味でも、いつかはゆかしはトンデモ商品だって事が分かります。

なお、「いつかはゆかし側の理念に共感して購入しました」ってのは、金融詐欺に引っ掛かる人はみんな同じことを言うんじゃないでしょうかね?



FIT濱田のパーソナルブログ(濱田氏?)

いつかはゆかしの記事




この人もすでにいつかはゆかしを利用しているFPです。「言われもない誤った情報が流通することを非常に苦慮されているようですが、利用者の方からはクレームは一切生じていないそうです」なんて、サラッと書いています。

グローバル投資の必要性は分かりますが、そこから何でいつかはゆかしにまで話がすっ飛んで行くのか、・・・すっ飛んでいるFPの頭の構造は、とても分かりません。。。



岡田恵のブログ(岡田恵氏)

いつかはゆかしの記事




最近は金融商品が複雑になってきて、リスクとリターンが分かりにくく、複雑であるがゆえに金融機関での説明を十分に理解していなくて購入しているケースもあるようです」なーんて、他人事のように書いています。

上記のセリフの代表格みたいなのが、いつかはゆかしだと思うんですけどね。個人向けに資産運用のアドバイスをされているとの事ですが、世界経済インデックスファンドといつかはゆかしの違い、とか、簡単な質問でもしてみたい気分です。



どうして騙されるのか?

それにしても、CMを見た瞬間に「これは絶対怪しい」って思いますよね。どうしてこんなものに騙されるのか、不思議で不思議で仕方ありません。

しかも、世間一般にはお金の専門家として見られているフィナンシャルプランナー達が、けっこういい商品だよ、みたいな記事を平気で書くのがこれまた不思議です

ま、今回ご紹介したFPさん、あとはいつかはゆかしってなんかいいなあと思っちゃった人は、山崎さんのこの本でも一読されると良いんじゃないんですかね。というか、投資三馬鹿トリオ本が有りますので、フィナンシャルリテラシーが低い人は是非。

「投資バカ」につける薬 (講談社BIZ) 投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書) 投資バカ ―予測できない未来を生き抜く7つの知恵―


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る