カブドットコム証券の個人型iDeCo・・・従来からのカブコム利用者向け

本ページでは、カブドットコム証券が展開している個人型iDeCoについて、その中身を詳しくチェックしています。

iDeCo(イデコ)を制する者は人生を制する!」・・・カブドットコ証券の個人型iDeCoには、比較的低コストの商品のラインナップがあり、まずまずの評価を与えられると思います。ただ、資産クラスによっては若干の改善点もあるようですね。

カブドットコム証券の個人型iDeCo

(2019年8月30日追加)


本ページに記載した内容の目次になります。上から順番にご覧いただくほうが分かりやすいとは思いますが、お時間の無い時などは、関心のある部分に直接飛んでください。

やや中途半端な感じも否めない、カブドットコム証券のiDeCo
iDeCoの特集ページは要改善
カブドットコム証券の個人型iDeCoの口座手数料は業界最低コスト
カブドットコム証券のiDeCo口座開設のリンク


カブドットコム証券のiDeCo(イデコ)の口座開設はコチラから可能です



 


やや中途半端な感じも否めない、カブドットコム証券のiDeCo

カブドットコム証券は、大手のネット証券会社としては最後発でiDeCoに参入してきました。

当然、日本におけるナンバーワン低コスト投信であるeMAXIS Slimインデックスシリーズの運用会社である三菱UFJ国際投信とカブドットコム証券は同じ三菱UFJグループのため、それを全面的にラインナップしてくるものとばかり思っていました。

ところが、eMAXIS Slimが1本も無く、代わりに、それよりもやや割高なつみたてシリーズを揃えてきたのはかなり意外でした。

既にeMAXIS Slimインデックスシリーズは他のネット証券で相当に売れていますから、だったら三菱UFJグループとしてはつみたてシリーズのテコ入れをしようと思ったとしても不思議ではありません。

ただ、その結果として、カブドットコム証券のiDeCoにはかなり中途半端感が漂う事になったのは否めないと思います。以下、カブドットコム証券のiDeCoの商品ラインナップをご覧ください。

アクティブファンドは、以下の表で「A」と記してあります。リンク先に、各ファンドの評価解説記事がありますので、アクティブファンドの運用成績等については、そちらでチェックしてみてください。

⇒参考:インデックスファンドとアクティブファンド


(区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資先 区分 ファンドなどの名称 税抜き
信託報酬
ベンチマークや参考指数
日本株式 I つみたて日本株式(TOPIX) 0.18% TOPIX
つみたて日本株式(日経平均) 0.18% 日経225
A ひふみ年金(⇒ひふみ投信参照) 0.76% TOPIX(配当込み)
フィデリティ・日本成長株・ファンド 1.53% TOPIX(配当込み)
先進国株式 I つみたて先進国株式 0.20% MSCIコクサイ
A iTrust世界株式(愛称:世界代表~勝ち組企業厳選~) 0.89% MSCIワールド指数(ネット配当込み)
iTrustバイオ 1.33% なし
iTrustロボ 1.33% なし
新興国株式 I つみたて新興国株式 0.34% MSCIエマージング・マーケット・インデックス
日本債券 I 三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 0.12% NOMURA-BPI総合
先進国債券 I ステート・ストリートDC外国債券インデックス・オープン 0.55% FTSE世界国債インデックス(除く日本)
新興国債券 I eMAXIS 新興国債券インデックス 0.60% JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング
国内REIT I 三菱UFJ<DC>J-REITインデックスファンド 0.25% 東証REIT指数(配当込)
外国REIT I 三菱UFJ<DC>先進国REITインデックスファンド 0.53% S&P先進国REIT指数(除く日本・配当込)
コモディティ I ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) 0.45% LBMA午後金価格(1トロイオンス当たり/米ドルベース)」の円ヘッジ
バランス型 I auスマート・ベーシック(安定)
auスマート・ベーシック(安定成長)
0.35% ベンチマークなし、ただしインデックスファンドであるとの説明
三菱UFJターゲットイヤーファンド2030
三菱UFJターゲットイヤーファンド2035
三菱UFJターゲットイヤーファンド2040
三菱UFJターゲットイヤーファンド2045
三菱UFJターゲットイヤーファンド2050
三菱UFJターゲットイヤーファンド2055
おおよそ0.3%程度 なし、ただしマザーファンドにはベンチマークあり
A auスマート・プライム(成長)
auスマート・プライム(高成長)
1.07%超
1.04%超
なし
三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN) 0.60% なし
預金 三菱UFJ銀行確定拠出年金専用1年定期預金 金利0.01%


iDeCoの商品選びに関してのコメント

超長期の投資となるiDeCoにおいては、絶対に市場の平均値を取る事が出来るインデックスファンドの選択は必須です。そして、インデックスファンドを買う場合、最も重視する項目はコストです。

上記の赤く色を塗った商品を中心にして、ご自身の理想のアセットアロケーションを組み立てて、老後までの資産運用をしていくと良いでしょう。

このような長期の国際分散投資の事を、インデックス投資と言います。それがどのような投資法なのか、インデックス投資の始め方のページも読んで頂くと良いでしょう。

商品を眺めていると、先進国債券、新興国債券、先進国REITにおいてはコストが高すぎると感じます。特に先進国債券などは非常に利回りが低い資産クラスですから、そこでこの高コストは明確に投資家のリターンを下げる方向に働きますね。

バランスファンドも、もっとコストを下げられるのになと、投資家としてはもったいない感じがします。つみたてシリーズには信託報酬0.22%のつみたて8資産均等バランスつみたて4資産均等バランスがあるのに、それらを外してきています。



iDeCoの特集ページは要改善

今回、カブドットコム証券のiDeCo口座のラインナップページを公式サイトで見ていて思ったのは、今の状態では商品選びが難しすぎるという点です。恐らく、一般の人は何を選んだら良いのか、全く分からないでしょうね。(以下のリンク先)

https://kabu.com/item/ideco/item.html


例えば、初心者が「何を選んでよいか分からない」と思って、以下のバランス型投資信託のバナーをクリックしたとします。すると・・・

カブドットコム証券のiDeCoのページ


同じページの下の方に遷移して、以下の部分が表示されます。各商品名のところにリンクが貼っている訳でもなく、初心者はここで大いに戸惑って、思考を停止しておしまいになってしまうに違いありません。

よく見ると、「各商品の詳細はこちら」というリンクが設置してあって、これが分かりにくい事この上ないのですが、偶然にもそのリンクを発見した人だけが、各商品の説明が書かれているページに飛んで、個別商品をチェックする事が出来ます。

カブドットコム証券の個人型iDeCoの商品セレクト


ただ、個別の商品ページまでたどり着いたとしても、ふだん、投資の事を考えた事の無いような人には、判断は難しいでしょうね。今後、個別ファンドについては当サイトで1つ1つ評価解説を加えて行きます。商品ラインナップのリンク先をご覧下さい(一部、準備中)。



カブドットコム証券の個人型iDeCoの口座手数料は業界最低コスト

カブドットコム証券の手数料については、非常に意欲的で、素晴らしい低コストです。このレベルの手数料は、SBI証券楽天証券などと同レベルであり、メリット大です。

確定拠出年金の仕組み上、これ以上にコストを削ることは難しいので、事実上これが、最低コストになりますね。

加入手数料(初回のみ) 管理手数料 受給時の手数料
加入者
(積み立て中の人)
運用指図者
(積み立て終わった人)
2777円 167円/月 64円/月 432円/回



カブドットコム証券のiDeCo口座開設のリンク

以上、カブドットコム証券の個人型iDeCoを具体的に評価してみました。証券会社を複数に分けないで、従来通りカブドットコム証券を利用したいという人には、カブドットコム証券のiDeCoでも決して悪い選択肢ではありません。

カブドットコム証券のiDeCo(イデコ)の口座開設はコチラから可能です



参考良質なサービス多数!個人型iDeCo(イデコ)完全比較


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る