浮気無用 ! 管理人「神推し」の証券口座はどこ?

投資の初心者の方は、「いったいどの証券会社を選べばよいのか分からない」のではないでしょうか? 実は管理人も、最初はそうでした。一通り全ての証券口座を開いてみましたが、結果的に今でも使っているのは、ごくごく一部です。

ここでは、投資信託マニアの管理人が神推しする、絶対必須、外してはならない証券口座をご紹介します

投資信託用の証券口座はどこが良い?


他の会社から怒られるので大きな声では言えませんが、このページに記載されている口座だけで、ハッキリ言って他は不要です。

(2017年8月4日更新)

 


第1位:SBI証券・・・あらゆる人にとって、ベストに近い選択肢

まず、キャンペーンで、現金をいただく(当サイト限定)

現在SBI証券では、当サイト「ノーロード投資信託」と共同で、口座開設キャンペーンを実施中です。どうぞご利用下さい! 全員に、現金2000円プレゼントです!

SBI証券&当サイト・期間限定キャンペーンで口座開設する人はコチラ

SBI証券の現金プレゼントキャンペーン



ノーロード投資信託が1000本以上、超低コストインデックスファンド多数

SBI証券は投資信託の数が豊富にそろっていて、2300本近くに達します。そのうち手数料無料のノーロード投資信託の取り扱いも1000本を超えます。ネット証券ナンバーワンです。

そして投資において最も大切な、コストで投資信託を選べるという点。信託報酬が極めて安い、超低コストインデックスファンドが勢ぞろいしています。

洗練された投資家は、投資信託で長期投資をする場合、超低コストのインデックスファンド以外はほとんど余計なファンドを買う事はしません。コストが安ければ安いほど、あなたのリターンは確実に高まるからです。



投信マイレージサービスで、最低コストにて投資が可能

投資信託で資産形成する場合、SBI証券が最も優れているのが、投信マイレージサービスです。ほかのネット証券よりも明らかに還元率が高く、ただでさえコストの安いインデックスファンドなどが実質的により低コストになって、コストが低くなる分、そっくりそのままあなたのリターンが向上して、得します

  投信マイレージサービスのメリット


還元率は、0.1%(最高で0.2%)です。例えば0.6%程度の信託報酬の投資信託を買ったら、SBI証券の場合はそれが0.5%になるという事ですから、なんと17%もコスト削減に成功することになります。



当サイト管理人は、SBI証券をメインに利用しています

以上が、SBI証券をとりわけ薦める理由です。管理人はSBI証券については、個人型iDeCoNISA口座で大いに活用しています。

SBI証券の公式サイトで口座開設する人はコチラ
SBI証券の詳細解説ページ




第2位:楽天証券・・・こちらも最強証券会社、楽天ポイント利用者は絶対こっち

上の項で紹介しているSBI証券と並び、投資信託の取り扱い本数(とうぜん、ノーロード投資信託も含む)が日本最高クラスなのが、楽天証券です。

こちらもこの証券会社1社だけで、ほとんどあらゆる利殖ニーズに対応できる、最強クラスの証券会社と言って良いでしょう。

楽天証券の口座開設キャンペーン



楽天のポイントを利用する人は、楽天証券にするのがベスト

楽天証券の優れたところは、楽天スーパーポイントを貯める事ができる点にあると思います。投資信託の保有などの投資行動によって、楽天スーパーポイントが付与されます。これをコツコツと貯めれば、楽天市場で無料でお買い物ができます。

楽天スーパーポイントは今ではEdyにポイント交換することができるので、セブンイレブンなどでEdyで買い物を済ますことができます。何も無いところからお金が湧きだすような事でもあり、凄い仕組みだなと感心します。

更に、今後は楽天市場などで貯めた楽天スーパーポイントで、逆に投資信託の買い付けもできるようになります。楽天スーパーポイントは貯める手段が複数あり、日本でも有数の「ポイントの貯めやすさ」を誇ります。

これを使って投資信託に投資できるとなると、ここでもまさに、「何も無いところから資産形成ができる」という、腰を抜かすレベルの凄いことが実現できるようになってしまうのです。

楽天証券の公式サイトで口座開設をする人はコチラ
楽天証券の詳細解説ページ




第3位:岡三オンライン証券・・・非課税口座で積み立てをする際に使える

こちらもキャンペーン実施、まずは現金5000円を頂こう!

現在、岡三オンライン証券では、当サイト「ノーロード投資信託」と共同で、口座開設キャンペーンを実施中です。どうぞご利用下さい! 全員に、現金5000円プレゼントです!

岡三オンライン証券と当サイトの限定キャンペーンで口座開設はコチラ

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン



十分に、超低コストインデックスファンドが揃っています

当サイトでおススメしているインデックス投資を実現する口座として、特段の問題点なく利用できる証券口座です。アセットアロケーションを決めた後に、ご自身のポートフォリオを実現するにふさわしい、超低コストインデックスファンドが揃っています。

それらを利用する前段階として、既に記したように、太っ腹ともいえる現金5000円を頂いてしまえば良いのではないでしょうか。



iDeCoや積立NISAなどの非課税口座に期待

岡三オンライン証券は、非課税口座として極めてメリットが多大な、iDeCo(個人型確定拠出年金)の積立口座として、非常に優れています。

ネット証券でiDeCoを利用するとしたら、ここ岡三オンライン証券か、SBI証券楽天証券のいずれかを選択すれば、全く問題なく節税口座のメリットを享受できます。

もう1つ期待できるのが、2018年に始まる予定の「積立NISA」です。超低コストインデックスファンドがラインナップされる可能性が大なので、iDeCoと共に、非課税の積立口座として利用できそうです。

当サイト管理人は、2018年の積立NISAの開始時の状況を見ながら、品揃えが十分だと判断したら、岡三オンライン証券を活用する考えです。頂いた5000円を、活用しませんとね。



岡三オンライン証券の公式サイトで口座開設する人はコチラ
岡三オンライン証券の詳細解説ページ



番外:フリーETFの、カブドットコム証券

初心者の方にETFと言うと、いきなり難しく感じるかもしれませんが、日本証券取引所に上場している投資信託の事で、実に簡単です。

で、何が凄いかというと、長期投資に利用できる代表的なETFを、カブドットコム証券は、唯一、手数料無料で買えるのです。(つまり、さらにさらに低コストで長期分散投資が可能になるって事)

カブドットコム証券のフリーETF


これはシステムの問題もあって、他社では簡単には真似ができないらしいので、フリーETFアセットアロケーションに組み入れる場合は、カブドットコム証券も必須と言ってよいでしょう。

カブドットコム証券の公式サイト
カブドットコム証券の詳細解説ページ




完全にお任せ:放置プレイ派は、セゾン投信

最後に、証券会社ではなくて、投信会社です。ネット証券に口座を開いて、いろんなファンドを組み合わせて自分なりのポートフォリオを組んでゆくのはしんどいし面倒だ、という人に最適です。

セゾン投信が運用する、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド1本を積み立て投資、あるいはお好きなタイミングで資金を投入して、あとはほったらかしの放置プレイです。

もちろん、例えばSBI証券で、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに類似したようなバランスファンドである、世界経済インデックスファンドなど、どれかお好きなバランス型のインデックスファンドを選んで、放置プレイするというのもアリです。


セゾン投信の中野社長からの動画メッセージ(セゾンの哲学が分かります)
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの動画紹介ページ

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る