良質なサービス多数!個人型iDeCo(イデコ)完全比較

ここでは超絶に美味しい仕組みである「iDeCo(イデコ)」のうち、最近になって良心的で良質なサービスががぜん増えだして、極めて使い勝手がよくなった個人型iDeCoについて、その上位に位置する優良なサービスをピックアップして比較しています

iDeCo(イデコ)を制する者は人生を制する!」・・・個人向け確定拠出年金の、真に使える金融機関だけを選ぶようにしましょう。


・厚生労働省のチラシより一部を拝借(^^♪

(2017年8月7日更新)



このページでは、個人型iDeCo(イデコ)について、次の3つのパートに分けて、徹底解説しています。口座管理コストと、ラインナップされている商品のコストの両方が究極に低コストの金融機関を、活用しましょう。

最重要!口座管理コストで比較する個人型iDeCoランキング
個別の投資信託は、どの金融機関が一番安いのか?
金融機関ごとの、個人型iDeCoのラインナップとコストを検討
楽天証券 ・SBI証券 ・マネックス証券 ・イオン銀行
個別に個人型iDeCoの中身をチェックしたい人はコチラ


 


口座管理コストで比較する個人型iDeCo・・・一番お得なランキング

まず真っ先に申し上げておきます。個人型確定拠出年金では、毎月かかってくる管理運営コストをいかに抑えるかがポイントです。その点で見てみると、下記の4つの金融機関以外はコストが高く、ほぼ使う意味が無いレベルです

順位 個人型iDeCoの口座 加入時コスト
(初回のみ)
最重要!運用期間中コスト (月額) 受け取り時コスト
(1回あたり)
積み立て時 積立終了以降
楽天証券
2777円 167円 64円 432円
SBI証券
2777円 167円 64円 432円
マネックス証券
2777円 167円 64円 432円
イオン銀行
2777円  167円 64円 432円


これらの証券会社で30年間積み立てた場合、管理運用コストはトータルで6万円になります。それに対して地方銀行や保険会社、大手証券会社では月額500円前後も取りますので、30年間運用した際のコストは18万円にもなります

この差は明らかすぎるので、とにかくコストの安いところを採用すべきでしょう。上記の6社のいずれかにすれば、全く問題ありません。引き続いて下記のページ、実際に投資を実行するする際の、個別の投資信託のコストについてご覧ください。



個別の投資信託は、どの金融機関が一番安いのか?

下記に、投資する先の資産クラス(日本株とか先進国株とか)における、最も低コストで投資できる金融機関と、その商品名を記載しました。

この部分は非常に大切で、当サイトで採算口を酸っぱくして申し上げている、「投資信託選びで最も大切な事はコストです」の法則を、ここでもシッカリと当てはめることが肝要です。

各社ともいくつかの商品ラインナップではありますが、そのうち最低コストで投資できるファンドを書き出してみると、下記のようになります。


(信託報酬は税抜き、区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資する先 最低コストの金融機関 ファンドの名称 信託報酬
日本株式 マネックス証券、イオン銀行 DIAM DC国内株式インデックスファンド 0.155%
先進国株式 マネックス証券 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.20%
新興国株式 マネックス証券 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.34%
日本REIT SBI証券、マネックス証券 DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.25%
海外REIT SBI証券、楽天証券、マネックス証券 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.28%
日本債券 SBI証券、マネックス証券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド 0.12%
先進国債券 マネックス証券 eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 0.17%
バランス型 SBI証券 DCインデックスバランス(株式20)
DCインデックスバランス(株式40)
DCインデックスバランス(株式60)
DCインデックスバランス(株式80)
0.17%
0.18%
0.19%
0.20%


いかがでしょうか? SBI証券と楽天証券、マネックス証券にイオン銀行の4つを利用していれば良さそうだ、という事が分かります。

口座の管理手数料が安くて、実際に運用する際のコストも安いという意味で、日本に数ある個人型iDeCoの運用期間は、SBI証券・楽天証券・マネックス証券・イオン銀行の4つしか、真に使用に値するところは無いという事になります

個人型イデコ口座の比較


例えば先進国株に投資する際に、スルガ銀行の最低コストのファンドの信託報酬は、およそ0.6%です。仮に30年間投資したら、元本の18%が信託報酬として消える勘定です。一方でSBI証券ならば0.2%程度ですから、30年間で元本を毀損するのは6%にしか過ぎません。

もしも1000万円という金額で表現すると、スルガ銀行は180万円がコストで消え、SBI証券は60万円という事になるので、コンマ数%であっても「チリツモ効果」によって、とんでもない数字となって私たちの懐を直撃する訳です。

肝心なのは、各資産クラスごとに0.3%を切るくらいの超低コストのインデックスファンドがラインナップされているか否かです。そのような視点で考え、最初に記した口座管理コストも合わせて考えると、日本で最終的に残るのは4社しか無いのです。

(この4社に誘導させるつもりは毛頭ないのですが、結果的にだれがどう見てもこうなります。管理人はSBI証券を使っています。管理人の妻は楽天証券、長男はイオン銀行です。)


 


金融機関ごとの、個人型iDeCoのラインナップとコストを検討

ここでは、当サイトが特にセレクトした、個人投資家にとって明らかに有用だと判断できる金融機関の、個人型iDeCo(イデコ)の商品ラインナップをチェックします。上記で書いた通り、有用だと判断できる2つの金融機関のみ、掲載します。

下記以外の個人型iDeCoの商品ラインナップは、個人投資家にとってメリットが少ないと判断していただいて構いません。投資期間が長ければ長いほど、コストが低い分、あなたの投資リターンを高めます。

ランキングの各金融機関とも、信託報酬が赤い太文字で書かれたファンドをセレクトすれば、問題ありません。コストの高い商品は、全て無視しましょう。

ただしごく一部だけ、コストが高くても有意義なファンドが有ります。それについてはアクティブファンドのおススメのページも併せてご覧いただき、選んでも問題の無いようなアクティブファンドを、投資金額全体の一部を振り向ける形で投資しても良いでしょう。


楽天証券・・・シンプルで分かりやすい品ぞろえ(管理人の妻はここ)

楽天証券の個人型iDeCoは、2016年9月に確定拠出年金分野に参入しました。ファンドのラインナップも、非常に低コストなものを揃えていて、余計なコストを支払わずに済みます。

また、人気の独立系投信であるセゾン投信の2つのファンドが個人型iDeCoに揃っているのも、楽天証券のiDeCoの大きな特徴と言えます。ログイン後のマイページも使いやすく、長期に長く付き合っていける金融機関です。

欠点としては、コストの低いインデックス運用のバランス型ファンドが、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドしかない点でしょうか。バランス型で運用したい人は、SBI証券のほうがメリットが有ります。

参考楽天証券の関係者に、iDeCoに関して聞きたかった事をズバリ質問w

楽天証券のiDeCo口座を開設する手続きはコチラ


(信託報酬は税抜き、区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資先 区分 ファンドなどの名称 信託報酬 ベンチマークや
参考指数、コメント他
日本株式 I 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.19% TOPIX(配当込)
たわらノーロード日経225 0.195% 日経平均株価
A iTrust日本株式 0.89% TOPIX(配当込)
フィデリティ・日本成長株ファンド゙ 1.53% TOPIX(配当込)
MHAM日本成長株ファンド<DC年金> 1.55% TOPIX
先進国株式 I たわらノーロード先進国株式 0.225% MSCIコクサイ(配当込)
A iTrust世界株式 0.89% MSCIワールド指数
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.35% MSCIコクサイ(配当込)
新興国株式 I インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.55% MSCIエマージング・マーケット・インデックス
日本REIT I 三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.26% 東証REIT指数(配当込)
A 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 0.95% 東証REIT指数(配当込)
海外REIT I 三井住友・DC外国リートインデックスファンド゙ 0.28% S&P先進国REIT指数(除く日本・配当込)
日本債券 I たわらノーロード国内債券 0.15% NOMURA-BPI総合
A 明治安田DC日本債券オープン 0.60% NOMURA-BPI総合
先進国債券 I たわらノーロード先進国債券 0.20% シティ世界国債インデックス(除く日本)
たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり) 0.20% シティ世界国債インデックス(除く日本)
新興国債券 I インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券 0.52% JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ グローバル・ディバーシファイド
その他 A みずほUSハイイールドファンド<DC年金> 1.40% BofA メリルリンチ・US・キャッシュ・ペイ・ ハイイールド・インデックス
I ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) 0.85% LBMA午後金価格
バランス型 A 三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN) 0.60% ベンチマーク無し
I セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 0.69% 合成指数
A 楽天ターゲットイヤー2030
楽天ターゲットイヤー2040
楽天ターゲットイヤー2050
0.875%
0.885%
0.885%
ベンチマーク無し、ターゲットイヤー型ファンド
投資のソムリエ<DC年金> 1.10% ベンチマーク無し
三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型) 1.22% ベンチマーク無し
セゾン資産形成の達人ファンド 1.35% ベンチマーク無し
定期預金 みずほ銀行・みずほDC定期預金(1年) 金利0.01%


SBI証券・・・商品数が多いのが特徴(管理人はここ)

SBI証券は、ネット証券では先行して確定拠出年金分野に参入しており、その分、豊富なラインナップを揃えています。しかし逆に、ほとんどの人にとって、「どれをい選べば良いの分からない」状態です。

基本的には以下の表で、信託報酬の部分を赤い文字にしているファンド、すなわち、超低コストのインデックスファンドをセレクトするのが基本です。アセットアロケーションを考えたうえで、各投資先で一番信託報酬の安いファンドを選べば、それで十分です。

一方で存在価値のある優れたアクティブファンドがラインナップされているのも特徴で、人気のひふみ投信(iDeCo内では「ひふみ年金」というネーミング)も、個人型iDeCoとしてはSBI証券が唯一の取扱窓口となります。

どうしても資産配分や投資商品を決められない人は、SBI証券のiDeCoはバランス型ファンドの品ぞろえも良いので、DCインデックスバランスか、あるいはiFree 8資産バランスでも良いのではないかと思えます。

参考SBI証券の個人型&企業型iDeCoの評価・解説

SBI証券のiDeCo口座を開設する手続きはコチラ


(信託報酬は税抜き、区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資先 区分 ファンドなどの名称 信託報酬 ベンチマークや
参考指数、コメント他
日本株式 I 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.19% TOPIX(配当込)
DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.19% 日経平均株価
SBI TOPIX100インデックスファンド〈DC〉 0.24% TOPIX100
ニッセイ日経225インデックスファンド 0.25% 日経平均株価
野村DC・JPX日経400ファンド 0.25% JPX日経400
朝日ライフ日経平均ファンド 0.50% 日経平均株価
MHAM TOPIXオープン 0.65%  TOPIX
日経225ノーロードオープン 0.80% 日経平均株価
A ひふみ年金(中身はひふみ投信です) 0.76% TOPIX(配当込)
三井住友・バリュー株式年金ファンド 1.3% TOPIX(配当込)
DCグッドカンパニー(社会的責任投資) 1.42% TOPIX
SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ<DC> 1.5% ベンチマーク無し
フィデリティ・日本成長株ファンド゙ 1.53% TOPIX(配当込)
みのりの投信(確定拠出年金専用) 1.55% ベンチマーク無し
先進国株式 I DCニッセイ外国株式インデックス 0.21% MSCIコクサイ
iFree NYダウ・インデックス 0.225% ダウ平均株価
インデックスファンド海外株式ヘッジ゙あり(DC専用) 0.28% MSCIコクサイ
EXE-i 先進国株式ファンド 0.306% FTSE Kaigai
インデックス
EXE-i グローバル中小型株式ファンド 0.354% MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ
DC外国株式インデックスファンド 0.8% MSCIコクサイ(配当込)
A ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.35% MSCIコクサイ(配当込)
キャピタル世界株式ファンド(DC年金用) 1.427% ベンチマーク無し
朝日Nvest グローバル バリュー株オープン 1.80% MSCIオールカントリー・ワールドインデックス(除く日本)
新興国株式 I EXE-i 新興国株式ファンド 0.372% FTSE・エマージング
・インデックス
三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド 0.55% MSCIエマージング・マーケット・インデックス
A シュローダーBRICs株式ファンド 1.88% MSCI BRIC指数
ハーベストアジアフロンティア株式ファンド 1.99% ベンチマーク無し
日本REIT I DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.25% 東証REIT指数(配当込)
DCニッセイJ-REITインデックスファンド 0.55% 東証REIT指数(配当込)
A MHAM J-REITアクティブファンド〈DC〉 1.00% 東証REIT指数(配当込)
海外REIT I 三井住友・DC外国リートインデックスファンド゙ 0.28% S&P先進国REIT指数(除く日本・配当込)
EXE-i グローバルREITファンド 0.368% S&Pグローバルリート指数
野村世界REITインデックスファンドDC 0.53% S&P先進国REIT指数(除く日本・配当込)
日本債券 I 三菱UFJ国内債券インデックスファンド 0.12% NOMURA-BPI総合
野村日本債券ファンド(DC) 0.55% NOMURA-BPI総合
先進国債券 I 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 0.21% シティ世界国債インデックス(除く日本)
野村外国債券インデックスファンド (DC) 0.21% シティ世界国債インデックス(除く日本)
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用) 0.26% シティ世界国債インデックス(除く日本)
EXE-i 先進国債券ファンド 0.412% シティ世界BIG債券インデックス
A SBI-PIMCO ジャパン・ベターインカム・ファンド 0.554% ベンチマーク無し
グローバル・ソブリン・オープン(DC年金) 1.25% シティ世界国債インデックス(WGBI)
新興国債券 I 三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド 0.52% JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ グローバル・ディバーシファイド
その他 A 三菱UFJ純金ファンド 0.50% 購入手数料1%あり
I ダイワ/RICIコモディティ・ファンド 1.8225% ロジャーズ国際コモディティ指数、購入手数料3%あり
バランス型 I DCインデックスバランス(株式20)
DCインデックスバランス(株式40)
DCインデックスバランス(株式60)
DCインデックスバランス(株式80)
0.17%
0.18%
0.19%
0.20%
合成ベンチマーク
iFree 8資産バランス 0.23% 合成ベンチマーク
eMAXIS最適化バランス(マイゴールキーパー)
eMAXIS最適化バランス(マイディフェンダー)
eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)
eMAXIS最適化バランス(マイフォワード)
eMAXIS最適化バランス(マイストライカー)
0.5% 合成ベンチマーク
SBI資産設計オープン(資産成長型) 0.68% 合成ベンチマーク
A セレブライフ・ストーリー2025
セレブライフ・ストーリー2035
セレブライフ・ストーリー2045
セレブライフ・ストーリー2055
0.6467%
0.6532%
0.6580%
0.6336%
ベンチマーク無し、ターゲットイヤー型ファンド
野村DC運用戦略ファンド 0.8% 合成ベンチマーク
DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(債券重視) 1.1% 合成ベンチマーク
定期預金 スルガ銀行・スーパー定期1年 金利0.01%
保険 第一生命・第一のつみたて年金(5年) 保証利率0.005%
住友生命保険・スミセイの積立年金(5年) 保証利率0.005%


マネックス証券・・・商品選びに困った時のロボアドバイザーが凄い

iDeCoでは必須と言える超低コストインデックスファンドのラインナップは「完全」と言えます。特に、上記2社ではやや割高感が漂っていた新興国向けの株式と債券投資ができるインデックスファンドは、信託報酬最安のファンドを揃えてきており、文句なしです。

また、SBI証券では成績の悪いアクティブファンドがラインナップに比較的多数、潜り込んできてしまっているのに対し、マネックス証券のセレクトしたアクティブファンドは、ほぼ全てが良好な成績を収めているものばかりで、これも高評価です。

更には、マネックス証券だけの特徴として、どの商品をどのくらいの割合で買い付ければよいのか、ほぼ完ぺきと言って良いレベルのロボアドバイザーが付属しているのが大変素晴らしいです。投資の初心者が、迷うことなく進んでいけます。

参考マネックス証券の個人型iDeCoを徹底評価

マネックス証券のiDeCo口座を開設する手続きはコチラ

(区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資先 区分 ファンドなどの名称 税抜き
信託報酬
ベンチマークや参考指数
日本株式 I DIAM DC国内株式インデックスファンド 0.155% TOPIX(配当込)
DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.19% 日経225(配当込み)
iFree JPX日経400インデックス 0.195% JPX日経400
A SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)(DC年金) 1.5% ベンチマークなし
日興アクティブバリュー 1.52% TOPIX(配当込)
スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資) 1.64% TOPIX
先進国株式 I eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.20% MSCIコクサイ
たわらノーロードNYダウ 0.225% ダウ工業株価平均
A ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.35% MSCIコクサイ(配当込み)
朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E) 1.8% MSCIオールカントリー・ワールドインデックス(除く日本)
新興国株式 A eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.34% MSCIエマージング・マーケット・インデックス
日本債券 I 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 0.12% NOMURA-BPI総合
先進国債券 I eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 0.17% シティ世界国債インデックス(除く日本)
たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> 0.20% シティ世界国債インデックス(除く日本)(為替ヘッジあり)
新興国債券 I iFree 新興国債券インデックス 0.22% JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング
国内REIT I DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.25% 東証REIT指数(配当込)
A 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 0.95% 東証REIT指数(配当込)
外国REIT I 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.28% S&P先進国REIT指数(除く日本・配当込)
コモディティ A ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり) 0.37% なし
バランス型 I eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.22% 合成指数
A ラッセル・インベストメント・グローバル・バランス安定成長型 1.14% なし
預金 みずほDC定期預金 金利0.01%




イオン銀行・・・まさかイオン銀行が・笑!(ウチの長男がはこの口座です)

イオン銀行は、通常の投資信託口座でもまずまずの商品ラインナップなのですが、個人型確定拠出年金(iDeCo)については、もうこれは「素晴らしい!」の一言です。超低コストインデックスファンドのたわらノーロードシリーズをメインにしていて、個人投資家にとっては極めてメリットが大です。

イオン銀行は、iDeCo口座においてはバランスファンドも低コストの良いものをラインナップしています。個別の投資信託でアセットアロケーションを作り上げるのが面倒ならば、「マイバランス」の3つのバランスファンドの中から、お好みのものを選ぶのでも良いと思います。

イオン銀行の投資信託口座の開設はコチラから

(※:I=インデックスファンド、A=アクティファンド)
ファンド
分類
ファンド名 信託報酬(税抜)
バランス型 I マイバランス30(確定拠出年金向け) 0.31%
マイバランス50(確定拠出年金向け) 0.34%
マイバランス70(確定拠出年金向け) 0.37%
A イオン好配当グリーン・バランス・オープン(愛称 みどりのふたば) 1.27%
国内株式 I DIAM DC 国内株式インデックスファンド 0.155%
A ひふみ年金(中身はひふみ投信です) 0.76%
A フィデリティ・日本成長株・ファンド 1.53%
先進国株式 I たわらノーロード 先進国株式 0.225%
A ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドDC(愛称:グロインDC) 0.979%
新興国株式 I DIAM新興国株式インデックスファンド<DC年金> 0.545%
日本債券 I たわらノーロード 国内債券 0.15%
先進国債券 I たわらノーロード 先進国債券 0.20%
I たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> 0.20%
新興国債券 I 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド 0.52%
日本リート I たわらノーロード 国内リート 0.30%
海外リート I たわらノーロード 先進国リート 0.35%
定期預金 イオン銀行iDeCo定期預金 5年 -



個別に個人型iDeCoの中身をチェックしたい人はコチラ

ここでは個人型iDeCoを提供している金融機関を、個別にチェックします。順次、チェック先を拡大していきますので、楽しみにしていてください。

冷静に比較検討をした結果、ベストだと思われる金融機関は、SBI証券楽天証券マネックス証券イオン銀行の4社です。SBI証券は当サイト管理人が、楽天証券は管理人の妻が、イオン銀行は管理人の長男が、それぞれiDeCoを利用しています。

個別にチェックした金融機関は、次の通りです。ダメダメな金融機関も結構ありますので、そういうところに該当していたら、面倒でも口座を変更すると良いでしょう。

岡三オンライン証券全員5000円プレゼント) ・みずほ銀行 ・東京海上日動火災保険 ・ソニー生命 ・八十二銀行(長野県) ・野村證券 ・明治安田生命 ・日本生命  ・三菱東京UFJ銀行 ・損保ジャパン日本興亜 ・JIS&T ・三井住友銀行 ・住友生命 ・りそな銀行 ・ろうきん ・大和証券 ・三井住友海上 ・スルガ銀行 ・東京都民銀行 ・第一生命 ・フコク生命


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る