「これぞ、日本株」なる投資信託・リターンが劣る残念なアクティブ投信

これぞ、日本株という妙なネーミングの投資信託があります。東証株価指数(TOPIX)(配当込み)を参考指数とする、日本株式アクティブファンドで、2018年11月16日より運用されています。ファンド運用方針は以下となっています。

ボトムアップ・アプローチを基本としたアクティブ運用を行い、主に企業の成長性に着目
徹底した個別企業調査・分析を基に高い成長が見込まれる銘柄を選別して投資

「これぞ、日本株」なる投資信託


しかし、アクティブファンドが誇るべきリターンは設定来で参考指数に負けている、残念なファンドです。信託報酬も高く、現在のところは購入価値は全くありません。三菱UFJ国際投信の直販サイトでしか購入できないのも難点ですね。


(2019年7月29日追加)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


「これぞ、日本株」の基本的情報

このファンドの基本情報

項目 内容
購入単位 mattoco(三菱UFJ国際投信直販)にて5000円より購入可能。
信託報酬 年率1.20%(税抜)
信託財産留保額 なし
運用期間 2028年4月20日まで(10年6ヵ月間)
決算 年1回(4月20日)。2019年4月の初回決算の分配金は0円でした。
ファンド運用方式 これぞ、日本株が直接、日本の株式に投資しています。
これぞ、日本株 ファンドの仕組み
運用会社 三菱UFJ国際投信株式会社
為替ヘッジ なし(投資対象に為替リスクはありません)


このファンドのポートフォリオなど

日本株計75銘柄に投資(2019年6月28日時点)。組入上位10業種、組入上位10銘柄の構成比率はそれぞれ以下の通りです。

これぞ、日本株 組入上位10業種、組入上位10銘柄の構成比率



「これぞ、日本株」、管理人の感想や評価

参考指数よりリターンが悪い残念なアクティブファンド

これぞ、日本株は、2018年11月16日の運用開始から、まだ7ヵ月ほどしか経っていませんが、設定来のリターンは参考指数のTOPIX(配当込み)の騰落率に負けています。

これぞ、日本株 基準価額とベンチマークとの騰落率比較グラフ


参考指数であるTOPIX(配当込み)に約7ヵ月で約1.4%も低いリターンしか出せておらず、先が思いやられる状況ですね。

アクティブファンドの存在価値は、理念など以前の問題として、配当込みのベンチマークや参考指数を上回るリターンを上げる事にあります。その意味では、本ファンドは存在価値のない残念なアクティブファンドです。


信託報酬が高く、三菱UFJ国際投信直販のみの購入なのもネック

上述のようにリターンが悪いのは運用手腕だけでなく、日本株式ファンドとして信託報酬が1.20%(税抜)と高い点も大きいです。下記が、本ファンドの運用報告書記載の1万口当たりの費用明細(設定から約5ヵ月間)です。

これぞ、日本株 運用報告書記載の1万口当たりの費用明細


約5ヵ月間で実質コストが0.691%(税込)なので、年間の実質コストは、0.691%×12/5 =約1.46%(税込)にもなり、投資対象にするのは難しいです。

であれば、お勧めの日本株式インデックスファンドにあるような、本ファンドよりはるかに信託報酬の低いTOPIXインデックスファンドを購入したほうがよほどリターンが良くなる可能性が高いです。

資産形成は低コストと幅広い分散が基本です。アセットアロケーションの決定後の日本株式部分には、上記で紹介したような投資対象に十分分散が効いた、超低コストのインデックスファンドをメインとすべきでしょう。



三菱UFJ国際投信の直販サイト「mattoco」の専用ファンド

本ファンドは、ネット証券で買い付ける事は出来ません。購入は、三菱UFJ国際投信の直販サイト「mattoco(マットコ)」に限られる、専用ファンドの扱いです。mattocoのみでの販売のため、純資産も未だ約3.9億円と低迷しています。

しかし、専用サイトを見に行っても、ファンドマネージャーの名前が出ている点は良いとして、そのファンドマネージャーの内田浩二さんが過去にどんな経歴があってどのようなリターンを上げてきたのか、全く記述が無いので、直販サイトを見てもモヤモヤ感が残ります。

内田浩二さんの1日密着取材コンテンツ(mattoco)

「これぞ、日本株」のファンドマネージャー


アクティブファンドを買い付ける人の中には、リターンを重視するのではなく、リターンを犠牲にしてでも理念を見るという人がいます。その場合でも、ファンドマネージャーの考えが見えてこない「これぞ、日本株」は、なかなか買いにくいファンドなのではないでしょうか。



「これぞ、日本株」の購入先

これぞ、日本株は販売先に無関係にノーロードですが、購入できるのは以下のみです。

mattoco(三菱UFJ国際投信の直販サイト)


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る