三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドはなかなか高評価

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドは、「日本、先進国、新興国の株式」と
「日本、先進国債券、為替ヘッジ付き先進国債券」「日本、先進国のREIT」の計8資産に投資する、バランス型インデックスファンドです。三井住友インデックスシリーズに2017年10月3日に追加され、運用が開始されました。

ファンド名に「DC」と入っていますが、一般購入も可能なDC兼用ファンドです。

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド


計8資産の指数を基本資産配分比率で組み合わせた合成指数をベンチマークとしており、バランスファンドとしてeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)と並び、信託報酬が低いことが最大の特徴です。

(2017年11月23日)


 


三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドの特徴や基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.21%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(9月10日)
償還日:無期限
運用会社:三井住友アセットマネジメント
為替ヘッジ:先進国債券の一部のみに為替ヘッジあり
資産配分比率:下記の8資産のマザーファンドファミリーファンド方式で投資。

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド ファミリーファンド方式の構造


基本配分比率は以下の通りです。
組入資産 マザーファンド  マザーファンドのベンチマーク  基本組入
比率
 国内株式 国内株式インデックス・マザーファンド(B号)  TOPIX(東証株価指数)(配当込み)  10%
 国内債券 国内債券パッシブ・マザーファンド  NOMURA-BPI(総合)  15%
 先進国株式 外国株式インデックス・マザーファンド  MSCI コクサイ インデックス(配当込み)  20%
 新興国株式 エマージング株式インデックス・マザーファンド  MSCI エマージング・マーケット・インデックス(配当込み)  10%
 先進国債券 外国債券パッシブ・マザーファンド  シティ世界国債インデックス(除く日本)  20%
 先進国債券(為替ヘッジあり) ヘッジ付き外国債券パッシブ・マザーファンド シティ世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ)  5%
 日本リート Jリート・インデックス・マザーファンド  東証REIT指数(配当込み)  5%
 海外リート 外国リート・インデックス・マザーファンド  S&P先進国REIT指数(除く日本)(配当込み)  15%


三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド・管理人の感想と評価は?

株式40%、債券40%、リート20%の基本配分比率の低コストバランスファンド

8資産(日本、先進国、新興国の株式、日本、先進国、為替ヘッジ付き先進国債券と、日本、先進国のREIT)に投資するバランスファンドです。信託報酬は0.21%と、バランスファンド最安であることが評価できます。

株式40%、債券40%、リート20%の基本配分比率はSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)(信託報酬0.68%(税抜))と同一ですが、スゴ6は新興国株式には投資対象にしておらず、国内外の投資比率も三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドとは異なります。


5%は為替ヘッジ付き先進国債券に投資

また、三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドは、先進国債券に25%投資する中、5%は為替ヘッジ付きとしており、少しだけ為替リスクを抑えています。

とはいえ、為替ヘッジは為替変動をある程度低減する代わりに、為替ヘッジコスト分だけ期待リターンは下がります。この為替ヘッジコストは信託報酬はもちろん実質コストにも含まれておらず、指数に織り込まれているので分かりにくいのでご注意ください。

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドの資産配分が、ご自分のアセットアロケーションにある程度あっている場合は、本ファンドはそのコアとして利用できるバランスファンドとなります。

必要ならば、おすすめのインデックスファンドのいずれかを買うなりして、微調整すると良いでしょう。



三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドの購入先

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドをノーロードで購入できるのは、下記の証券会社です。

SBI証券楽天証券マネックス証券、エイチ・エス証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る