マイストーリー株25・50・75・100・・・特に買う必要のない投資信託

ここでは、バランスファンドの「マイストーリー・株25」、「マイストーリー・株50」「マイストーリー・株75」「マイストーリー・株100」の4つの投資信託を取り上げます。

これらは一般の証券口座で購入できますし、これとは別に、それぞれ確定拠出年金(iDeCo)専用のタイプがありますので、これらを本ページで評価解説いたします。(以下の表を参照)

マイストーリー株25・50・75・100

ファンドの名称 運用開始 純資産総額
マイストーリー・株25 2001年8月30日 14億円
マイストーリー・株50 2001年8月30日 22億円
マイストーリー・株75 2001年8月30日 18億円
マイストーリー・株100 2001年8月30日 7億円
マイストーリー・株25(確定拠出年金) 2001年11月22日 93億円
マイストーリー・株50(確定拠出年金) 2001年11月22日 194億円
マイストーリー・株75(確定拠出年金) 2001年11月22日 221億円
マイストーリー・株100(確定拠出年金) 2001年11月22日 13億円


上記以外では、マイストーリーシリーズには「マイストーリー日本株100」と「マイストーリー分配金Aコース及びBコース」があります。しかし、それらはバランスファンドのくくりでは説明しにくいので、機会があれば、別ページを設けて評価解説いたします。

ところで、上記のマイストーリー株25・50・75・100はインデックスファンドではなく、ベンチマークを上回る成果を期待するアクティブ運用の投資信託です。信託報酬は1%を超えるなどして高く、コスト面での魅力はありません。

そして肝心の成績もベンチマークを下回ると思われ、投資する意味はありません。特に、純資産残高の多い確定拠出年金向けのマイストーリーなどは、長期で金を取られるだけのものにしか見えません。早急に、積み立て先を変える事が望ましいです。


(2019年5月2日追加)・・・以降、気が付いたら本ページを更新しますが、最新情報を確認したいという人がおられたら、管理人までお知らせください。更新作業を致します。



 


マイストーリー・株の基本的な情報

このファンドの基本情報

項目 内容
購入単位 確定拠出年金では1円以上1円単位。
販売手数料 3.0%、確定拠出年金では手数料は無料。
信託報酬(税抜き) 株25 株50 株75 株100
約1.06% 約1.15% 約1.24% 約1.47%
信託財産留保額 なし
運用期間 無期限
決算 年1回(8月29日)
運用会社 野村アセットマネジメント株式会社
ファンド運用方式 ファンドオブファンズ形式



マイストーリー・株、管理人の感想と評価

リスクとリターンがイマイチ分かりにくいところが使いにくい

以下が、マイストーリー株の4つのタイプの資産配分比率です。一見すると「ああ、そうですか」と納得しそうになりますが、実は大きな問題があります。バランスファンドで重要な役目を担うのは、安全資産である国内債券の存在です。

これを全体のどの程度の割合で入れてやるかによって、長期投資で肝心なリスクをハッキリさせることができるのです。おおよそどの程度のリスクを背負いながらリターンを得てゆくのか、数字的にそれが分かるのですね。(もちろんおおよそで想定できるという意味です)

マイストーリーシリーズの資産配分比率


しかし、マイストーリー株では、為替リスクがなくて文字通り安全資産である国内債券と、為替リスクを負って想定以上にリスクの高い外国債券がゴッチャになって表示されています。

これではアセットアロケーションがよく分からない事になり、投資の初心者だけでなく、セミプロ級の投資家であっても使いにくいなと言う印象がぬぐえません。

どうしてこのような形にしたのか、実に不思議です。ファンドの設定の2001年当初は、アセットアロケーションを気にする人などほとんど居なかったという事もあるのかもしれません。


参考までに、マイバランス各ファンドのリスクとリターンを表してみると

そうは言っても、おおよそのリスクとリターンについては、過去の実績から把握する事は可能です。下記、3年チャートと、10年の実績を表で表したものとなります。

世界各国の時価総額に応じて投資比率が決められていて、株と債券の比率を半々にしたごく自然体のポートフォリオを持つバランスファンド、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも同時に表示して、比較を分かりやすくしています。

マイストーリー・株25、株50、株75(確定拠出年金)のリスクとリターンの傾向の比較


こうして見ると、全世界に自然体で投資するのと比較して、マイストーリー株50のリターンがそれに近いなと感じ取ることができます。リターンは近いものの、リスクはセゾンよりも低くなっているのが特徴です。

恐らくこれは、マイストーリー株のほうが日本株への投資比率がセゾンに比較してかなり多いので、為替の変動に関わるリスクがその分減っているのではないかと思います。

過去の例からすると、セゾンと同程度の値動きを許容するのであれば、株の比率が高いマイストーリー株75にしたほうが良いかなと感じますが、45%も日本株の比率があるようなホームカントリーバイアスはやや不自然かなとも思います。

例えば、あなたが「今後は日本の国力が落ちていく事で日本株の魅力が減る」と想定しているような投資家だった場合は、外国株や外国債券の比率が高いバランスファンドを選ぶ方が良いかもしれません。


ベンチマークに対して良好なリターンなのか極めて分かりにくい点も問題

さて、マイストーリー株シリーズは、冒頭にも記したように、ベンチマークを上回る成果を出す事が命題となっているアクティブファンドです。と言う事は、ベンチマークに対して超過収益を上げているのかどうかのチェックが、大変重要です。

以下は、マイストーリー・株25、株50、株75、株100の、ファンド設定来の騰落率の比較です。これを見ると、株式比率の低いマイストーリー・株25だけがベンチマーク以下の成績で、それ以外は目標を大きく上回っているように見えます。

しかし、ファンドの中の日本株と先進国株の部分については、実はベンチマークには投資先からの配当分がカウントされていないのに対し、ファンドの成績にはそれが反映されています。つまり、アンフェアな比較をしている状態です。

例えば、債券に投資しないで株式だけに投資するマイストーリー・株100においては、投資先からの配当利回りは2%~3%程度になる可能性もあります。

となると配当分を含んだベンチマークの騰落率はおおよそ84.6%~102.6%くらいになる筈であり、・・・・あれ?ファンドの運用成績はベンチマーク同等か、それ以下になるという事になってしまいます。

マイストーリー・株25については、配当分云々を論じる以前に、ベンチマークに対してマイナスの成績ですから、明らかに運用が負けている事が分かります。

ファンドの名称 ファンド騰落率 ベンチマーク騰落率 差異
マイストーリー・株25 51.9% 60.8% -8.9%
マイストーリー・株50 68.8% 61.1% +7.7%
マイストーリー・株75 81.5% 57.3% +24.2%
マイストーリー・株100 85.8% 48.6% +37.2%


となると、マイストーリー株シリーズは大して成績が良くないか、もしかしたら「実質的」なベンチマークに対して負けている可能性も大です。このような投資信託に資金を託すのはいかがなものかという判断となります。

なお、マイストーリー株の確定拠出年金向けファンドについては、ベンチマークとの対比が余計に分かりづらくなっています。以下、月報より書き写しました。騰落率ではなくて収益率と表示されており、先と違う表記にしないでほしいなと思いますね。

ファンドの名称 ファンド収益率 ベンチマーク収益率 差異
マイストーリー・株25(確定拠出年金) 2.48% 2.84% -0.36%
マイストーリー・株50(確定拠出年金) 3.15% 2.98% +0.16%
マイストーリー・株75(確定拠出年金) 3.64% 2.97% +0.67%
マイストーリー・株100(確定拠出年金) 3.83% 2.77% +1.06%


「確定拠出年金って何?」というような初心者が見ても、まず全く何が何だか分からない数字だと思いますし、確定拠出年金向けのマイストーリーシリーズなども、買うに値しませんね。


毎期の分配金に意味が有るのか実に不思議

最後に、分配金についても書いておきましょう。マイストーリーシリーズには、以下のように毎期毎期、かなりの分配金が支払われているようです。

毎月、あるいは隔月分配など、定期的に分配金が出る投資信託であれば、それが目当ての投資になるのでしょうが、マイストーリーシリーズは長期的に利益を大きく伸ばす事を目的にしていますので、資産形成途中にこのような余計な分配をされると、その都度余計な税金を支払う事になって、資金効率を落とします。

マイストーリー・株25、株50、株75、株100の分配金


通常の証券口座で購入できる上記のマイストーリーシリーズだけでなく、何と確定拠出年金向けのマイストーリーシリーズでも、毎期5円と少額ですが、分配金を吐き出しています。

確定拠出年金こそ、老後に受け取るお金を最大限に増やすためにやっている訳で、何としても分配などせずにファンド内で再投資してもらわないと困りますので、分配金を出して基準価額がその分下落するような事は止めてもらいたいと思いますね。

と言っても、そもそも確定拠出年金口座でマイストーリーシリーズを買う事自体がご法度のような事でありますから、分配金以前の問題でもあります。総合的に判断して、別の投資信託を買う事がベストに近い選択となる事でしょう。



管理人おススメの確定拠出年金口座(個人型のiDeCo口座)

個人型のiDeCo口座は様々な金融機関で開くことができますが、ファンドラインナップや口座管理手数料を考えると、次の5社がベストです。

SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券イオン銀行(銀行を使いたい人はここ)


参考管理人神推しの証券口座(一般の証券口座ならばこちらをご覧ください)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る