<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)・・・希少な6資産均等バランスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)は、日本株式、先進国株式、日本債券、先進国債券、日本リート、先進国リートの6つの資産クラスのマザーファンドファミリーファンド形式で1/6ずつ均等投資する、バランス型のインデックスファンドです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)


低コストインデックスファンドシリーズの中でも、信託報酬が特に低いことが魅力のニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズに、<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンドと共に2017年10月3日より追加され、運用されています。

同シリーズの<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の投資対象となる基本4資産(国内外の株式、債券)に加えて、国内外のリート2資産も投資対象とするバランスファンドです。


(2018年7月21日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。


 


<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)の基本的情報

このファンドの基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.159%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(11月20日)
償還日:無期限
運用会社:ニッセイアセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし


このファンドのポートフォリオなど

投資対象6資産の基本組入比率は、以下のようにそれぞれ1/6の均等配分です。
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) 基本資産配分


現在の組入比率は以下の通りです。(2018年6月末時点)

組入資産(マザーファンド) マザーファンドのベンチマーク   組入比率 基本組入比率
 国内株式  TOPIX(配当込み)  16.3%  1/6
 国内債券  NOMURA-BPI総合  16.6%  1/6
 先進国株式  MSCI コクサイ・インデックス(配当込み)  16.5%  1/6
 先進国債券  FTSE世界国債インデックス(除く日本)  16.7%  1/6
 国内リート 東証REIT指数(配当込み)  16.9%  1/6
 先進国リート S&P先進国REIT指数(除く日本)(配当込み)  17.0%  1/6


以下の6つのマザーファンドファミリーファンド方式で投資しています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) ファミリーファンド方式構造

ベンチマークは、6資産の各マザーファンドのベンチマークの合成指数です。)



<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)・管理人の感想や評価

日本と先進国の株式、債券、リートの計6資産クラスに1/6ずつ均等投資できる、低コストのバランス型ファンドとして評価できます。しかも、2018年7月13日より、信託報酬が年0.216%から年率0.159%(税抜)に引下げられました。

バランスファンドの中でも、信託報酬年0.159%(税抜)はかなり低く、もう1つの同じ6資産均等バランスファンドである野村6資産均等バランス(信託報酬0.22%)よりも信託報酬が低いのはもちろん、全バランスファンドの中でもeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)(信託報酬0.142%)に次いで低い設定です。

さすが、低コストに徹底的にこだわるニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズですね。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)との違いは、日本と先進国のリート2資産にも投資している点にあります。

また、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)と違って新興国の株式、債券は投資対象とはしていません。そのため、

・株式と債券だけでなく、リートにも投資したい
・投資対象には新興国は外し、日本と先進国のみとしたい



という投資方針があって、バランスファンドをコアとしてアセットアロケーションを構築されたい場合は、本ファンドは本命候補となり得ます。もちろん、お勧めのインデックスファンドの1つです。今後の運用に大いに期待したいですね。



<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)の購入先

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)は、以下証券会社にてノーロードで購入できます。

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券岡三オンライン証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る