野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXは評価できる投資信託

野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXは、TOPIXベンチマークとする、日本の株式に投資できるインデックスファンドです。2007年9月26日から運用されている、確定拠出年金(iDeCo)専用のファンドになります。

野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX


信託報酬がわずかに0.19%(税込み)という極めて良心的なコスト水準であり、アセットアロケーションの中のコアの日本株ファンドとして、長期に渡って活用できます。

(2017年10月8日追加)



 


野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXの基本的な情報

購入単位:1円以上1円単位。
信託報酬年率0.19%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回決算(5月30日)
資産配分比率:ポートフォリオは以下の通りです。(2017年8月31日時点)

野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXのポートフォリオ


償還日:無期限
運用:野村アセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:日本株に投資しますので、為替リスクはありません。



野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX、管理人の感想と評価

ボッタクリの投資信託を多数組成して販売している野村証券グループにしては、恐ろしく良心的なファンドです。信託報酬がわずか0.19%と極めて低廉であり、野村も「やればできる」のですから、このような王道的なファンドを、もっときちんと売ってほしいですね。

以下のように、国内株式マザーファンドを通じて投資を行うファミリーファンド方式の投資信託です。マザーファンドは、比較的低コストのインデックスファンド、野村インデックスファンド・TOPIXと同一になります。

野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXの仕組み


ただし、一般の証券口座で購入できる野村インデックスファンド・TOPIXの信託報酬は0.4%であり、TOPIX銘柄に投資できるファンドとしては特に低コストとは言えませんが、本ファンド、野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXはその半分以下のコストですから、十二分に活用できるファンドと言えます。

野村證券のiDeCoを使わざるを得ないときには、日本株への投資のメインのファンドとして活用できそうです。



管理人おススメの確定拠出年金口座(個人型のiDeCo口座)

個人型のiDeCo口座は様々な金融機関で開くことができますが、ファンドラインナップや口座管理手数料を考えると、次の4社がベストです。なお、野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXの取り扱いは、野村證券のiDeCoとなります。

SBI証券楽天証券マネックス証券イオン銀行(銀行を使いたい人はここ)

iDeCo・個人型確定拠出年金


参考管理人神推しの証券口座(一般の証券口座ならばこちらをご覧ください)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る