ポートフォリオにおすすめは有るのか?

資産運用を初めて10年の御経験のある方から、インデックスファンドを選ぶ時のお悩みをご質問いただきましたので、次の通り記します。

投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



ポートフォリオを組むにあたっての質問

2014年8月:クロスパール様(男性・年代不明)よりのご質問

管理人様、はじめまして。 資産運用というものを始めて10年程が経ちましたが、やっと?インデックス投信の積立が一番いいのかなと感じているところです。

そこでご質問があるのですが、アセットアロケーションを決める時に「リート」をどうしようかと思っています。

一応、橘玲さん山崎元さんの書籍を読み、現在は次のような割合になっています。

 ・日本株式インデックスe(15%)
 ・ニッセイ外国株式(75%)
 ・eMAXIS新興国株式(10%)


割合を変更してリートを取り入れた方がいいでしょうか? もし変更するなら全体でどんな割合にすればいいのか? どの商品(国内・海外リート)がいいのかの推薦をお願いしたいです。

よろしくお願い致します。(ちなみに債券の運用は考えていませんので、国内外(株式・リート)で決めるならという前提でお願いします)


質問に対してのご回答

ご質問、ありがとうございます。管理人の経験に沿って言っても、インデックス投資信託を活用した資産形成が、一番ストレスなくできますね。

管理人は不動産投資とか外貨FXとか、色々と手を出したりしていますが、会社に拘束される時間の長い人だと、そんな事やっているよりインデックス投資をしているほうが、結果的にはるかに実入りが良いような気がしている今日この頃です(相場が上昇している時)。

さて、そんな話はさておき、ご質問にお答えして参りましょう。


REITを入れるか入れないかは、結局どちらでも良い

ご質問分を拝見させていただくと、下記の投資信託を選んでおられますね。

日本株式インデックスe(15%)
ニッセイ外国株式インデックスファンド(75%)
eMAXIS新興国株式インデックス(10%)

いずれも各資産クラスで見事に信託報酬実質コスト最安のファンドを選ばれていますね。 配分比率も、概ね時価総額比率に近い国際分散投資ができています。

このままのリスク資産構成でももちろん問題ありませんが、REITを入れるか入れないかは個人の好みの範囲ですので、どちらでも良いでしょう

分散投資の観点からは、異なる値動きの(期待リターンがプラスの)資産クラスにも投資することには意味があります。

ただ、株式や債券に比べてREIT市場はまだまだ小さいですし、株式なみに値動きも大きいです。その観点からは、日本リートのノーロード投資信託海外リートのノーロード投資信託合わせても、最大で10%以下で良いと思います。

日本リート、海外リートの比率もお好みで問題ありません。 リートにも投資する場合、ニッセイ外国株式インデックスファンドの75%をその分削り、 次の投信が低コストなので、購入する場合の有力候補となります。

日本リートなら <購入・換金手数料なし> ニッセイJリートインデックスファンド
海外リートなら <購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンド


念のため、安全資産の重要性について

債券の運用は考えていないとのことですが、リスク資産運用分以外に定期預金やキャッシュをお持ちであれば良いのですが、そうでない場合はリスクが高すぎる場合があります。

個人によってリスク許容度は異なりますが、リーマンショック等で株式クラスは-60%、リートは-70% まで下落することもあり得ます。

その時に資産が激減しても精神的に大丈夫かどうか、今一度ご確認いただくこともおすすめします

(でも、投資歴10年で、リーマンショックも御経験されていらっしゃるでしょうから、大丈夫だとは思いますが、念のため)


自分におすすめのポートフォリオの診断をしてみる

ところで、他の方から、おすすめのポートフォリオを質問されることがたまにあります。が、実はこのご質問ほど難しい事はないんですね。

カン・チュンドさんの個別コンサルティング体験談にも少々記載しております通り、カンさんも、お客様のポートフォリオを作り上げる際には、各人の資産の状況や、性格、投資に対する理解度などを総合的に判断して、ポートフォリオを作り上げていきます。

ですので、ここで管理人がクロスパールさんにおすすめのポートフォリオを提示することは、できないんです。

それでも何か目安のようなものがないと困る場合は、モーニングスター社が提供するリスク許容度診断ツールを使っていただいて、ポートフォリオの参考にされるのも良いと思います。 http://www.morningstar.co.jp/webasp/LifePlanSimulation/Recommend.aspx?status=1


なお、管理人がこのツールを使ってポートフォリオを出してみた結果が下記です。





意外としっくりくるものでしたね。上記の結果に対して、自分ならば国内株式の割合を10%にして、新興国株式を20%入れてみようと考えます。

そのようにして、自分の考えなども微調整して入れてゆけば、意外と自分に対しておすすめできるようなポートフォリオができるのではないかなと思います。


本回答ののち、お便りをいただきました

上記までのご回答を差し上げたのちに、御質問者様から、下記のようなメールをいただきました。こちらこそ、ありがとうございました。

管理人様、クロスパールです。早速の回答ありがとうございました。

やはり「リート」は運用しない方針でいこうと思います。また新興国株式の割合を10%→15%に引き上げようと考えています。

運用方針で債券を採用していない分、生活防衛資金として約2年分を銀行貯金・個人向け国債変動10に半分程度ずつ振り分けています。(ご心配していただき、ありがとうございます)

今後もこつこつとインデックス運用を継続していきたいと思います。 本当にありがとうございました。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る