一括投資は、ドルコスト平均法よりもメリットがあるのではないか?

すでに2年間、インデックス投資を実行してきた方から、一括投資に関する質問が寄せられましたので、回答したいと思います。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



積立投資の機会ロスを考えると、一括投資の方が良いのでは?

2016年5月:NT様(男性・20代)よりのご質問

いつも楽しくHPを拝見させて頂いております。26歳の時に堀田様のHPに出会い、「投資=危ないギャンブルだ、自分には縁のないものだ」と勝手にイメージしていた私は、自分のファイナンシャルリテラシーの無さを深く反省し、お金や投資に対する考え方を大きく改めることができました。 本当に感謝しています。ありがとうございます。

投資はギャンブル


以降、バランス型ファンド(世界経済IF・株式シフト型)に国内外REITをトッピングする形で積立を2年程続けてきましたが、就職してからの貯蓄が(生活防衛資金を除いて)700万円程度あり、今後の収入の一部も投資に回すことを考えると、積立では全財産に占めるリスク資産の割合をなかなか増やすことができず、アセットアロケーションのアンバランスさにもどかしさを感じたため、今回質問させて頂くに至りました。

2年ほど前から、長期投資を前提に毎月インデックスファンドの積立投資をしております。Q&Aコーナーの「800万円を一度に投資するか、ドルコスト平均法で投資するか」の内容について、どうしても気になることがあり、お問い合わせをさせて頂きました。

上の記事を読むまでドルコスト平均法の有用性を信じて疑わなかった私は、積立投資による「機会損失」の大きさに衝撃を受けました。仰るとおり、期待リターンは一括投資でも積立投資でも同じですが、積立の場合は投資していない(現金で保有している)部分についてはその期間分の利益を享受できず、見過ごせない大きな機会損失となると感じました

一旦は「とはいえ、現実では資金を投入してすぐ暴落といった可能性もあるから、積立が無難なんだろうな」と納得しましたが、それは短期投資や期間を定めての投資の場合の話であり、数十年単位での運用を前提としている場合は一括投資にメリットがあるのではないか、と徐々に考えるようになりました。

長期のスパンで見れば、リーマンショック級の暴落であっても「誤差」であり、右肩上がりに経済成長する(そう信じられるからこそ、投資できる)はずです。 一時は大きな損失となるかもしれませんが、数十年単位での投資が前提であれば(ゆるやかでも経済成長する限り)利益となる可能性は非常に高いのではないでしょうか。

長期投資においてはある時点での一時的な損失より、投資していないことによる長期的な機会損失の方が影響が大きく、結果として一括投資が積立投資を上回る可能性が高いのではないでしょうか。

また、例えば日本株100%といった集中投資の場合、時期を誤ると(バブル崩壊直前に一括投資した等)再起不能となるかもしれませんが、全世界への分散投資であればそのような危険性も低く、やはり購入時期を考慮しない一括投資で問題ないのではないかとも考えています。 ご意見をお聞かせいただけると幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

なお、投資は趣味の範囲内で行っており、リスク資産の損益は数年単位で-50%、もしくはそれ以上の損失となっても構わないと考えています(先般のチャイナショックで一時-10%程度となり、現在も若干のマイナスですが、全く気にしておりません)。

インターネットで色々調べてみたところ、私と同様「機会損失」をデメリットと考えて一括投資を薦めている方もいらっしゃるようでしたので、堀田様のお考えをお聞きしたいと思い問い合わせをさせて頂きました。



 


ご回答:全くおっしゃる通りです。恐怖が無いならば、一括投資で問題無し。

NTさま、当サイトをお褒め頂き、ありがとうございます。でもウェブサイトを読んでも行動しない人が大半でしょうから、試行錯誤しながらもしっかりと投資に向き合う事の出来た、NTさまの方こそ、称賛されるべきですね。

今回のご質問に関しては、回答は一言で済んでしまいます。それは、NTさまのおっしゃる通りだという事です。ドルコスト平均法で積み立てても、一括投資をしても、期待リターンが変わらないのであれば、結局どちらでも良いのです

ただ、当サイトでは一括投資を思いとどまったほうが良いような書き方をしています。それはなぜかというと、当サイトの読者さんが、投資の初心者の方が多いからです。まだ投資が何たるかを体感していない人が、いきなり数百万円買い付けるなど、極力避けるべきだと考えています。

自動車免許を取った翌日、レクサスに行って500万円の車を買うかと言えば、誰もそんな事はやらないと思うのです。レクサスのデカい車を運転して初めて、自分は小回りが利くほうが運転が楽だと感じるかもしれません。

あるいはセダンではなくてミニバンの方が良かったとなるかもしれません。レクサスで車を買ってすぐに、事故って駄目にしてしまうリスクも考えられます。投資もこれと似ていると思います。

投資の事故


NTさまがご指摘の通り、数十年単位で世の中を見れば、一括投資も怖くないかもしれませんが、それが腹にストンと落ちて理解できるのは、しばらく投資を行った経験のあるものだけなのではないでしょうか。

数百万円をインデックス投資に回して、その後に「この投資方法は全く自分には合わないな」と感じるかもしれませんし、投資後に暴落に見舞われるかもしれません。そういった事があると、投資したことをかなり後悔することにもつながりかねませんので、なるべく初心者の方は一括投資は避けたほうが良いと考えています。

(当サイトの言うとおりに一括投資したら、とんでもない損が膨らんだぞ、どうしてくれるんだ!と苦情が来るのを避けたいという思惑もあったりして・笑)

投資の中上級者の方でも、一括投資の直後に暴落が起こって、例えばNTさまなら700万円が350万円に目減りすることをよくイメージして、それが特にどうって事のない感覚であれば一括投資に耐えられるでしょうし、理屈で分かっていても実際に起こったら耐えられそうもない、それは非常に気分が悪いと思うならば、投資する金額を落とすべきです。

私は個人的に、ブラックマンデーやITバブル崩壊、リーマンショックなど、1つも経験していない人に対しては、もう一度よく考え直した方が良いと説得したくなりますね。

投資のリスク許容度は、保有している資産がどの程度のマイナスリターンになるかと言う部分だけでなく、投資金額自体の多い少ないも大いに左右するのです。


追記:NTさまから、お返事をいただきました(^^)/

お世話になっております。早速のご回答、また懇切丁寧なご回答を誠にありがとうございました。一括投資については「暴落しても必ず戻る」と恐怖は感じておりませんが、仰るとおり投資を始めた頃にそう言えたかと問われれば、決してそんなことはなかったと思います。

まずは100万円だけ投入してみる等、本当に不安を感じないのかという点をもう一度吟味しながら進めていきたいと思います。この度はありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。



同様の質問投資において、時間の分散をどう考えればよいか?





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る