アセットアロケーションを考えたが、結論が出ない

会社の退職金制度の変更によって、これから確定拠出年金制度を使って国際分散投資をやっていこうという方からのご質問になります。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



考えてみたものの、最後の最後で踏ん切りがつきません

2016年5月:KY様(男性・50代)よりのご質問

初めまして、投資等には全く縁が無いとつい最近まで思っていた50代サラリーマンです。会社の都合で退職金制度が変更になり、今年から確定拠出年金で各自運用するようにと言われ、そこから本を読み、ネットを徘徊し堀田様のHPにたどり着きました。

投資信託の結論とは?


当初は会社が用意した確定拠出年金の投資信託で運用しようと考えていましたが、堀田様のHPを拝見させて頂き、会社が用意した商品はあまりいい商品ではないと考えなおしました。

当方まったくの素人なのでバランス型、インデックスタイプを選ぼうと考えていました。上記条件に当てはまる商品は、三井住友DC年金バランス305070の3つしか有りません。

そこで、確定拠出年金部分はアセットアロケーションの調整用にして、別でバランス型のインデックスタイプの投資信託を選ぶ事にしました。アセットアロケーションは下記の様に考えています

 ・日本 45-50%
 ・先進国 45-50%
 ・新興国 4-10%

 ・債券 50-55%
 ・株式 40-43%
 ・REIT 2-5%



投資資金は退職金制度変更に伴い一旦清算された退職金を元に半分は定期預金にして、残りを毎月下記に積み立てにと考えています。(すぐに使わない金額は率のいい定期にしておくつもりです)

 ・セゾンバンガードグローバルバランスファンド  ¥17000
 ・SMTインデックスバランスオープン
 ・もしくは eMAXISバランス8資産均等型に ¥10000 どちらか迷っています。

【確定拠出年金】
 ・DIAM国内株式インデックスファンドDC年金 \12000
 ・DIAM外国株式インデックスファンドDC年金 \10000
 ・DC日本債券インデックス・オープンS \23000
 ・DCダイワ外国債券インデックス \10000


確定拠出年金分は会社分含めてMAX¥55000と考えています。上記の様に考えたのですが、今一歩踏ん切りがつかず、堀田様のアドバイス頂ければ幸いです

また、子どもの為に毎月¥5000位から投資信託に積立をと考えているのですが、セゾンバンガードグローバルバランスファンドか、SBI証券で似た感じの世界経済インデックスファンドかSMTインデックスバランスオープンかeMAXISバランス8資産均等型にしようと思っています。こちらの方もアドバイス頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。



 


ご回答:アセットアロケーションの再考を検討しましょう

KYさま、お問い合わせありがとうございます。何か制度が変わると、ブツブツ文句を言って思考停止になる人が多いのでしょうが、そこで踏み込んで考えて、こうしたらより良くなるのではないかとお考えになった姿勢は素晴らしいと思います。

今回のご質問、少しまだ考える余地がありそうですので、以下のようにアドバイスさせていただきました。お時間のある時にもう一度やりなおしてみて下さいね。


資産配分比率に不明な点が多くて、判断ができない


まず、バランス型ファンドを選ぼうという事ですが、三井住友・DC年金バランス(マイパッケージ)の3タイプとも、いずれも信託報酬は0.2%台半ばと、かなり低めのインデックスファンドです。

それに対して、セゾンバンガードグローバルバランスファンドは0.7%近く、SMTインデックスバランスオープンやeMAXISバランス8資産均等型は0.5%ですから、倍のコストです。

資産配分の結論が出ない


また、新興国やREITへの資産配分もお考えなのに対して、セゾンはそれらを含んでいない資産配分となっていて、整合性が付きません。

さらに、確定拠出年金はアセットアロケーションの調整用との事ですが、毎月の積立金額を見ると明らかに確定拠出年金の方が金額が大きく、通常口座の1万円~17000円よりもはるかに大きな数字になっています。

このように、KYさまが現在お考えのアセットアロケーションには、非常に矛盾した部分が多いため、当方としても判断ができないのが現状です。


単純に確定拠出年金の個別のファンドで良いのでは?


今のところ目標としているアセットアロケーションを拝見すると、確定拠出年金で積み立てようとお考えの、KYさまでセレクトした下記ラインナップで何も問題ありません。

 ・DIAM国内株式インデックスファンドDC年金 \12000
 ・DIAM外国株式インデックスファンドDC年金 \10000
 ・DC日本債券インデックス・オープンS \23000
 ・DCダイワ外国債券インデックス \10000 
 (合計55000円)


上記積立金額を資産クラスごとに表現すると、以下の通りとなります。この数字は、KYさまの目標アセットアロケーションと少し異なります。そう、新興国株とREITが入っていないという点ですね。

 ・日本 63%
 ・先進国 36%
 ・新興国 0%

 ・債券 60%
 ・株式 40%
 ・REIT 0%



この新興国株とREITについて、一般の証券口座にて補完してあげるという考え方をしていただいて、上記の比率が目標に近づく金額を積み立てれば良いのです。積み立てるファンドは、インデックスファンドのおすすめのページより、低コストのものを選べばOKです。

こうすることで、積み立てのメインを確定拠出年金にする事ができますし、アセットアロケーションの全く異なる3つのファンドのどれが良いのかと言う、考えても結論が出てこない問題を回避することができます。


アセットアロケーションの、リスクとリターンの算出は必ず行いましょう


さて上記の対応によって、とりあえずは何となく良さそうなアセットアロケーションになったと感じるかもしれませんが、最も大切なのは、それがKYさまのリスク許容度にふさわしいかどうかのチェックです

そのアセットアロケーションのリスクとリターンの数字が、それぞれどのようなものになるのか、アセットアロケーションの決め方のページより、ツールをダウンロードしていただいて、算出してみて下さい。

その数字が分かれば、1標準偏差(確率約7割の世界)で、自分の資金が年間にどれだけ損失を抱える可能性があるのかが具体的に分かり、例えば1000万円を投じた時にその損失に対して、平然としていられるか、あるいは恐怖におののくかがイメージできます。

インデックス投資は、最初のこの部分が非常に難解に感じられるのですが、ちょっとやって頂いて、慣れればどうって事も無いですから、必ず計算してみて下さい。リスク許容度が見えてくれば、投資に対する踏ん切りはかなり付くのではないかと思います。

また、実際にやってみて、半年1年経過したのちに、特に問題がなさそうだと判断したら、通常口座でやはり同じようなアセットアロケーションになるように個別のファンドをセレクトして、追加で積み立てればOKです。


 


子供用口座は、ある意味かなりエイヤで決めるしかない


ところでお子様向けの積み立てですが、これはちょっと厄介な側面があります。というのも、子供が、自分のリスク許容度など分かるはずがないからです。

だったら親のリスク許容度をそっくりそのまま引き継いであげて、親と同じアセットアロケーションで運用してあげればよいというのが、1つのアイデアです。

子供のアセットアロケーションやリスク許容度に結論は無し


しかしそうすると、子供用の口座を開いて、そこでまた個別のファンドを複数積み立てて、さらに年に1度のリバランスをするという作業を面倒だと感じるのであれば、それはそれで問題だと思います。

また、将来お子さんに資金を引き継ぐ時、そんな面倒な事に対して拒否感を持つかもしれませんよね。

だったら私は、お子さんの口座こそ、低コストのバランスファンドをいい意味で適当に、何も気を煩わせることなくほったらかしで積み立てても良いと思っています。

親が投資に詳しいのであればネット証券で買い付けをすれば良いでしょうが、そうでなければ、投資家とのリレーションシップで評価の高い、セゾン投信を使うのが良いと思います。

色々と疑問が出てきたり不安が頭をよぎった時に、セミナーや相談窓口を通じてコミュニケーションが取れる、セゾン投信のこども口座をお勧めしますね。


追記・KYさまからお返事をいただきました(^^)/

早々のご連絡とアドバイス有難うございます。考え方の整合性が合わない点のご指摘等参考になります。自分でも感じていました。また説明不足な点申し訳ありません。再度自分の考え方の遷移等を纏めると

1. 当初は確定拠出年金のみで投資信託の運用を考えていました。税制優遇があるので、会社からの拠出分含めてMAXの金額で申請済です。自分の財布からの金額変更は年1回で今年度の変更は出来ません。止める事は可能な様です。

2. 本を読んだり、ネットを徘徊しているうちに分散投資、コスト管理、アセットアロケーション等 素人なりに知識が付き、ちょっと邪な欲も出てきました。

3. その中で会社が用意した商品内容を見ると、新興国、REITに投資する商品が有りませんでした。

4. 子供の為の積立を考え出し、自分もセゾン投信が良さそうではと思い資料を取り寄せると 親の口座が必要な様なので、親の分もセゾンで積立ようかと考えました。

5. 超円高の時期から毎月¥10000を$に積立ていた外貨積立を止めてその分投資信託で積立ようと考えました。(一旦¥120台の時に円に換えましたが、まだ続けていたので)

確定拠出年金分の商品決定のリミットは今日で、後から色んな知識が付いてきて自分の考え方に一貫性が無くなっていると感じていたので、 堀田様のアドバイス非常に参考になりました。

そして実はモッティー様のExcelツール使用させて頂いています。(便利すぎです。Excelでここまで作り込むなんて) アドバイス有難うございました。

今後も堀田様のHP参考にさせていただきます。 定期預金のサイトも参考にさせて貰っています。(こっちも重要でとても参考になり、自分のお金に対する無頓着さに呆れています) どちらのサイトもこれからも続けていって下さい。 宜しく御願い致します。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る