NISA口座の枠が余るので、海外ETFを買い付けたいのですが

しっかしとした計画の下で、長期の国際分散投資を開始した人から、余ったNISA枠の活用の際のちょっとしたお悩みを相談いただきました。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



インドネシアとフィリピンの、どちらを買えば良いでしょうか?

2016年9月:代田仮名様(男性・年代不明)よりのご質問

いつも堀田様の本サイト、姉妹サイト「ETFの森」を拝見させて頂いております。今回自分1人ではどうしても決めきれないことがありご相談させて頂きたいと思います。

現在、SBIの確定拠出年金(私の環境での上限23000円)を先進国株式(ニッセイ外国株式インデックスファンド)へ75% 新興国株式(EXE-i 新興国株式ファンド)へ20% 日本株式(ニッセイ日経225インデックスファンド)へ5%拠出しています。

合わせてSBIのNISA口座にて毎月10000円を三井住友・DC全海外株式インデックスファンド積み立てています。

賞与など臨時の場合も3~4万程度、NISAにてスポット買しています。投資の考えとして、

・先進国を7~8割程度
・新興国を2割程度
・日本を1割以下

で考えています。


確定拠出年金では日本を入れていて、NISAでは入れていないのは確定拠出年金では広く分散するという意味を込めて5%入れていますが、NISAは時間的制約があるためリターンがあまり期待できないと考え入れていません。現状、確定拠出年金NISAの合算でリスク19.8% リターン7.0%ということで許容範囲で考えています。

株式100%というポートフォリオですが、無リスク資産を350万ほど銀行口座・証券口座に保有しています。こちらは生活防衛費(短期的にはIPO資金)として、約1.5~2年間の生活防衛費です。

アセット・アロケーションとしては無リスク資産:リスク資産の割合は現状9:1なので、割合が1:1になるまではこのまま株式100%で運用しようと考えています。年齢は33歳で独身(結婚の予定などもありません。)なので、比較的リスクを取りやすい立場だと考えています。40歳を目安に債券も組み込む予定です。

ここまで私の現状を説明させて頂きましたが、本題の質問です。毎月の給与から小額ですが、4千円程度ですが投資資金に回せるお金が現在の積立以外にあります。この小額を投資に回そうと考えています。

以前よりNISAでの新興国の割合を高めたいと考えていますが、新興国の中でも特にインドネシア、フィリピンのこれから発展が見込める国を対象として中心に投資したいと考えています。(個別に投資する場合の対象はアメリカ、ドイツ、インドネシア、フィリピンしか考えていません。)

投資対象ETFはEIDOiシェアーズ MSCI インドネシア ETFとEPHE iシェアーズ MSCI フィリピン ETFを考えています。i-mizuho 東南アジア株式インデックスも考えましたが、シンガポールの割合が高くフィリピンの割合が低いため上記のETFを考えています。

金額的にはどちらか1カ国しか投資できない現状です。投資する場合このどちらのETFに対象すべきでしょうか? 長文失礼しました。ご回答アドバイスの程よろしくお願いします。


 


ご回答:100点に近い状況ではないでしょうか?

しっかり考えて投資されており、既に成功しているも同然

こんにちは。今回のご質問を拝読した感想は、「きちんと自分に向き合って投資の答えを見出していらっしゃるな」、という事でした。




当サイトに色々とご質問は頂きますが、アセットアロケーションの決め方を全くチェックされずに、ただ単に「これどうですか?」というようなものが非常に多いです。例えば下記。

⇒参考:アセットアロケーションの決め方の具体例


しかし代田仮名さまはそのような事は無く、ご自身のリスク許容度も踏まえたうえで、現状の資産配分を算出されておられますので、この時点でインデックス投資で成功する可能性は極めて高い状態になったと思います。

あとは決めた通りに、相場が絶好調であろうが大暴落しようが、決めた通りに淡々とやるのみです。年に1度、リバランスしてやるくらいでしょうか。自信を持って、今後も継続していただければと思います。


東南アジアのETFは、交互に買い付ければ良いのでは?

さて、ご質問のインドネシアとフィリピンへの投資についてです。これについてはあくまでおまけの部分であり、そんなに気にするところでもなさそうですね。ご自身の投資のスパイスとして、インデックスファンドをアクティブに利用する好例だと思います。

海外ETFなので、積み立て投資はできません。ですので、手動で毎月買い付ける事になります。どうせ手動で買うのですから、今月はインドネシアETFを買って、翌月はフィリピンETFを買う、と言うやり方で交互に買い付ければ良いのではないでしょうか。

積み立てる時期は、月内のどの日でも構いません。手動積み立てとなると、相場の山を張ってやろうという気になるでしょうが、山を張っても構いません・笑。インデックス投資は超退屈投資なので、遊び気分でやられてはいかがでしょうか。

長期的に見れば、そんな山っ気も全く大したことはないのですから、好きな日に買い付けをされると良いでしょう。どちらか1本に決めるのではなく、両方買い付けをして、新興国の将来の成長を夢見るのも、楽しいものです。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る