積み立て投資は思ったよりもやり方が簡単で、誰にでもできるのです

なんどかQ&Aコーナーでやり取りさせていただいている方から、ご質問ではなくて、お便りをいただきましたので、ここに掲載いたします。

本当にありがたくて、感動します。最初の小難しい部分を乗り越えたら成功しか無いです。多くの積み立て投資家が誕生してくれることを祈ります。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


積み立て投資は、やってみたら意外と簡単でした(^^♪

2017年9月:marco3様(女性・30代)からのご連絡

楽天ポイントからの投信購入の回答ありがとうございました。

私自身、iDeCoという存在を知ったのが今年2月頃、税控除(所得税・住民税)が各社力を入れているだけあって、シュミレーションなどが簡単にでき、初心者でも分かりやすいような『お得感』ある制度というイメージがありました。

ただ、ネックになったのは 『自分の責任において、どの商品を購入するか?』 という点です。個人的意見とはなりますが、日本人は「損したくない」という心が強いと思います。

そして、確実性を求め貯蓄に頼る傾向があり(要は元本割れだけは絶対に嫌!という意味)、また、数年前の「リーマンショック」によりますます怖くて手が出しにくい・・・というのが初心者の本音かと思います。(当初の私の本音でもあります)




それを打開するために「積立投資の効果・手軽さを本やネットで情報収集」をし、目先の変動に一喜一憂せず、最終目的の60歳までに3000万円を!大暴落には耐える心を捨てない! という気持ちで毎月の投信(とiDECO)を開始しました。

勢いでやり始めた当初、やっぱりよく分からないことは多かったですが、楽天証券の仕組みはなかなか便利なもので、毎月の積立購入を設定すれば勝手にことは進んでくという、「意外と手間のかからない」というのが現状の感想です。

私もはっきり言って素人で、投信の評価額・・・色々見ても分かりません。でも、ひとつ言えることは 「投資した金額と儲けた金額(時にはマイナスになる金額)」 これだけは目に見えて分かります(笑)

積立投信の大事さは 「ひと月でも早くにコツコツ毎月投資すること」 だと思ったので、「①手元の現金(預金)」「②特定口座への積立投信」「③iDECO」 という現金化しやすい順番をつけ、

・自分なりの①~③の配分だけ決める
・アセットアロケーションを堀田様にアドバイスをもらう



ですぐに実行できました。また今回の質問でリバランスについてもアドバイスをもらい、ネットで提供されているリバランスツールをDLして数字を入力しました。

アセットアロケーションツールと同じ作者のようでデザインも項目も統一されており、すごく簡単にリバランスするための結果が表示されました。

http://www.money-motto.com/rebalanceexcel/


ノーセルリバランスの方がやっぱりいいんだ。ということもようやく分かり、このツールであれば「売買リバランス」「ノーセルリバランス」共に願いを叶えてくれるものでした。

欲と言えば、一番目のシートに数字を入力したら二番目のシートに自動的に数字が反映されるといいのに・・・と思ってましたが、とりあえず、自分で改良すればいいことなので、まだリバランス初心者の私にはそんなに難しくなかったです。 iDECOやつみたて投信の2本立てでも、Excelなので計算式で合算すればいいだけのことですしね。

「積立投信」「iDECO」は現状楽天証券では一元化されておらず、別ページでの確認とはなりますが、Excelがそこそこ使える方なら何も苦労せず、5分程度で終わりました。




(数字の部分、ちょっと見にくくしています。赤丸は楽天ポイントからの購入分。)


堀田様がおっしゃっていた通り、「3本とおっしゃっていますが、事実上、1本立てですよ~」 という意味が分かりました! 今回の質問によって、来年から始まる 『つみたてNISA』 『積立投信』 『iDECO』 のトリプル管理もなんとかなりそうですね。

それと、早速、「楽天スーパーポイント」にて追加注文(投信)をしました。 8,625ポイントすべて使用できました。リバランスツールもそこまで面倒でなかったので、今日のリバランス結果をみて優先順位をきめて、暇だったら毎月追加注文をし、忙しければ半年、一年位でやってもいいかな~という位の手軽さでした。

おそらくiDECOによって年末調整にて還付されるであろう還付金についても、どうせならその分をリバランスの調整金として使用しようかと思ってます。

積立投信をはじめて、お金の動きをリアルに感じ、今までの自分がどれほど無駄にお金を使っていたのか分かりました。楽天ポイントや還付金を追加投信の購入費にあてる・・・なんて考え方は以前の私では無理でした。

積立投信の設定日も自分で設定できたので、自分の給与日に設定すれば、ある意味強制的な貯金という感覚で、毎月の無駄遣いにも制御がかかったと思います。

最後に、私自身仕事上、Excelが得意で、アセットアロケーションツールやリバランスツールを使用することに特に苦痛を感じることはありませんでした。

ただ、どうやってリバランスするんだ? という方法があまりにも分からず、不安になりました。初心者の方で、「積立投信」に対してやってみたいけど、やれてない・・・という段階の人はこういった所で止まってしまっている方もいるのでは? と思いました。

やってみれば意外と簡単』 そんなことがもっと分かってもらえて、一日でも早くやってみたいと思っている方がいたらやって頂きたいですね。

私が投信を検討したきっかけは 「老後の心配をふと感じ、年金ネットにて将来もらえるであろう年金額のシュミレーションをした時のびっくりする位の年金額の少なさ」です。(笑)

iDECOがまさしく少額年金の補助的な役割で、国がある程度支援(税控除という面で)し、自主的努力で老後の資金を貯めよ。と言ってるかのようでした。つみたて投信も100円位から購入できるようですし、誰でも手軽に始めれるな~とは思います。

まずは、無理せず、でも興味があるなら段階を踏んでもう少し知識を増やしていきたいと思っている投信です。堀田様や他の方が提供して頂いているツールや情報がたくさんあり、本をわざわざ購入しなくてもいいという点がすごく嬉しいことです。

また、こうやってわざわざ個別での質問に対してのど素人の質問に回答して頂けるということは更にありがたいことですし、この後、私のような方が投信を・・・と思った時の参考にしていただきたいものです。

堀田様、色々ありがとうございました。 実はまだ大きな不安が残っており、また、いつぞや質問させてもらいたいと思います。『65歳、年金をもらい始めて、3000万円の貯めた投信をどうやって毎月の生活費にオンするの?やり方分かりません!!』

↑こんなことすら分からず、積立投信をはじめた私です。 本当にありがとうございました。



お返事:お便りありがとうございます、これで8割がた、成功したようなものです

marco3さま、嬉しいお便り、ありがとうございました。感激いたします。それにしてもmarco3さまは行動が早く、最初はいつもちょっとした不安があっても、それをすぐに行動に移して直ちに解決してしまうのですから、凄いものです。

アセットアロケーションを作り終えたら、あとは数年に1回のリバランスあるのみですが、楽天スーパーポイントの利用で毎月のように調整できるので、リバランスについても、何の問題もありませんね。

となると、もうすでにインデックス投資家として成功したに等しいです。インデックス投資は投機的なトレードと違って、「一度成功したものの次はどうなるか分からない」というようなデンジャラスなものではありませんので、人生のかなり先まで見えてきたと思います。

今後、投資を続けてゆく際に、何か別のご質問点が有るのはまた後日に回すとしまして、注意点は3つほどです。今後のますますのご成功を、お祈り申し上げます!

楽しすぎていじりすぎる・・・インデックス投資は、案外楽しいです。楽しすぎて、やたらとファンドを乗り換えたり、アクティブファンドを買ってみたり、色々と手を出したくなります。必要以上にそんな事をしないようにしましょう。(しても良いけど・・・)

退屈すぎる・・・逆に、インデックス投資は退屈だとよく言われます。それもそれで真実。色々いじりたくなるところを抑制するのですから、退屈と言えば退屈です。でも結局、それも慣れですので、退屈さを感じたら、投資から離れて趣味の世界に没頭しましょう。

大暴落がやって来る・・・いつやって来るのか神のみぞ知る世界ですが、10年に1回は暴落すると思っておいてください。積み立て投資を始めたら、絶対に暴落時に投資を止めない事。これこそが投資で成功するか否かの分かれ道になります。投資で大金持ちになった人は皆、暴落はお友達です。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る