現在保有中の銘柄を売って、乗り換えようかというご相談

比較的遅めの年齢から投資を開始して、今のところ順調に投資の成果が出ているという相談者様から、ファンドの乗り換えをしたいというご相談がありました。乗り換えは実は非常に簡単ではあるのですが、今回のご質問事例だと、極めて難しい問題になります。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


信託報酬が高いので、他のファンドに乗り換えようと思っています

2017年11月:aromamaman様(女性・60代)からのご連絡

はじめまして。投信初めて4年弱です。当時セゾンの中野氏の本を読み、直販の中から現在はありがとう、セゾン、さわかみ、ひふみを買っています。

ありがとう投信は現在元本210万で、50数万利益はでていますが、信託報酬が高いので、積立はストップし、他のファンドに乗り換えようと思っています。

売った方がいいですか?置いたままだと信託報酬はかかりますので、利益を出してしまった方がいいのかどうか迷っています。ご意見お願いします。

投資信託の乗り換えで悩む


次いでで申し訳ありませんが、お聞きします。 私は現在65歳の自営業者です。4年近く前に3歳上の姉が定年になったのをきっかけに退職金の一部で投信を買い、分配金が入るとよろこんでいました。

私もつられて200万円銀行で買ったのですが、元本から引かれていることを知り、このままではいけないとすぐに本を読みふけり勉強しました。数か月後まだ元本割れにいたっていなかったその投信は全額解約しました。そこから積立を始めたという経緯です。今では姉も私以上に学び、カンさんの個人指導を受けて、不安なく楽しく運用しているようです。

現在ひふみで月8万ニーサで、足らずは時々買い増して満額にしています。セゾンはバンガードが3万と、あと達人ファンド2万で合計5万。

さわかみは代が変わったのを機に、ストップして持っています。ありがとうはお店の維持費に使おうと2万積立ててきましたが昨日とりあえずストップしました。

現在合計で元本1200万程度で全て利益は出していて、合計で200万以上になっています。ずっとほったらかしでしたが、SBIに口座を開きましたので、65歳を機にちょっと見直そうとしたところです。

私の場合、あと10年は現役でいこうと思っています。10年間働きながら年金は運用にまわす予定です。75歳になった時点で引退するとしたら、その時点で最低3000万円まで積みあがって欲しいです。

世間ではこの年の運用は安全資産と言うようですが、私の場合は開始が遅すぎましたので、アクティブに運用しないと目標額は無理かと思います。ひふみの理念や藤野氏が好きということもあって信じて託しているといったところです。

ご意見お待ちしています。ありがとうございます。



ご回答:リスクを再検討して、投資の方向性を再確認するのが先決

aromamamanさま、ご質問ありがとうございます。自営業で70歳までお仕事をできるというのは、実に素晴らしいことですね。私も自営業なので、大いに見習いたいなと思いました。

さて今回のご質問ですが、回答をするのは非常に難しいです。と言いますのも、何を基準にファンド選びをされているのか、全く分からないからです。投資のポリシーが全く無くて、なんとなくファンド選びをされていらっしゃると思います。

例えば単純に、ありがとう投信は中止にして、直ちにほかのファンドに乗り換えたほうが良いとは思います。

しかし、乗り換えるにしてもアセットアロケーションが決まっていて投資している訳ではないですから、じゃあ乗り換え先はどうするのか、そこが決まらなければ乗り換えもできませんし、乗り換えが合理的となるのか判断できません。

参考ありがとうファンドって、どうでしょうか?


また今後も何となく、他人から「良い」とおススメされたファンドを選ぶのであれば、投資のリスクについては全く考慮せずに投資し続ける事になるので、仮に暴落局面が到来したら、ほとんど何も対処できずに利益が無くなる、あるいは元本割れになる事態も十分にあり得ます。

現在保有のファンドの資産配分内容を、具体的に知った上で投資していらっしゃるのでしょうか? セゾンバンガードを除けば株にフル投資している状態であり、アクセルしかついていない車に乗っているのと同様です。

仮にリーマンショック級の暴落が来たら、現状の基準価額が5割~6割程度のマイナスになるとお考え下さい。市場の平均よりも大幅に上振れした利益が出ていて絶好調のひふみ投信も、全く同様に半値レベルに価格が落ちます。

今現在利益が出ているのは、 aromamamanさまに投資の神通力がある訳でもなく、各ファンドの運用者の能力が(ひふみを除いて)すこぶる高い訳でもなく、単純に大きな上げ相場が来ているからであり、ラッキーだったからなのです。

75歳までに3000万円積みあがっていて欲しいと願望を抱くのは自由ですが、相場はそんなに甘いものではないと思います。「相場に長く留まる事=投資に勝つ事」とほぼ同じ意味になると思いますから、そうだとしたら、リターンにばかり着目するのではなくて、リスクを見ましょう。しかも、年齢的に大失敗は許されないと思いますので、尚更です。

相場の勉強をしない者が、アクティブに投資をして、上手く行くはずがありません。何度も繰り返しして恐縮ですが、利益が出ているのはたまたまラッキーだったからです。

ご自身の資産運用を運任せにするのではなくて、コントロール可能な状態においてこそ、真の投資と言えましょう。

コントロール可能な投資


当サイトは、コントロール可能な状態にする1つの方法として、インデックス投資をおすすめしています。インデックス投資だけがコントロール可能な投資を実現する訳ではありませんので、もしも今後この方法で投資をしたいと思ったならば、下記ページを必ずご覧ください。

いつ利益確定して良いのか分からないと悩んでいらっしゃると思いますので、その点、インデックス投資は利益確定はリバランスの時と取り崩しの時にしか基本的には行いませんので、その悩みからも解放されます。

インデックス投資の始め方
アセットアロケーションの作り方
アセットアロケーションの決め方の具体例
投資信託のリスクとリターンを具体的にチェック


それと、お姉さまがカン・チュンドさんのアドバイスを元に、コントロール可能な状態で長期で資産を管理されているのならば、aromamaman様も、カンさんのコンサルティングを受けたほうがいのではないかとも思います。

ちょっと厳しいことを申し上げて、誠に申し訳ございません。お便りを拝読していて、こんなにリスクを取る事ができるというのは、長い事自営業者をやっていたからなのかなあとも感じました。

私も自営業者の端くれですから、投資のリスクなんてのは自営業経営に比べると、どうってことないように感じてしまいますよね。

したがって、リスク許容度が高くて、3000万円積みあがる頃合いに暴落があって1500万円になってもまあいいか、と思えるのであれば、今後も株式一辺倒のアセットアロケーションで良いかもしれません。

(この部分、安定的に給与を得ている職業の人から見ると、「自営業者こそ安全資産で運用すべきだろう」と思うところかもしれませんが、自営業者的な目で見ると、「そんなまだるっこしい事やってられるか!」と、逆にストレスがかかるところだと思います。)

それに、1500万円を一気に取り崩すのではなくて、時間と共に取り崩すのでしょうから、その後は相場も徐々に戻っていくでしょうからね。

いずれにせよ、現在の投資信託の選び方がaromamaman様にとって、本当に良い状態なのかどうか、現状をよく知るところから始めてください。今回のご回答は、以上でございます。熟考して頂いて、再度ご質問があれば、またお尋ねくださいませ。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る