運用会社が1つに集中する事でリスクは無いのかというご質問

今回は、運用会社が何か「失敗」をやらかした時のリスクについてのご質問です。確かに、同じ運用会社の商品ばかりで問題が無いのか、何となく不安に感じるかもしれませんね。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


運用会社が失敗したり何かあった時のリスクが気になりました

2018年1月:ブリッジさま(男性・20代)からのご連絡

堀田様、お忙しい中早速返信を頂きありがとうございました。三菱UFJ信託銀行の確定拠出年金のラインナップとアセットアロケーションについての意見とても参考になりました。

アセットロケーションは自分で決めるべきと言うのは当然の回答ですね… 確かに自分の資産のことなのでこれからよく考えて積立NISAの商品選びに生かそうと思います。

もう1つだけ質問したいことがあるのですが、投資信託の商品を選ぶ際一つの運用会社の商品で固めてしまっても問題はないのでしょうか?

例えばコスト重視で選んだ場合eMAXIS Slimシリーズがコスト的には優秀だと思いましたが、eMAXIS Slimシリーズばっかりだと、その会社が運用を失敗したり何かあった時のリスクも考えた方が良いのか気になりました

投資先や投資比率が同じ内容の商品でコストが近いものであればある程度運用会社もバラけさせた方がリスクの軽減になるのでしょうか?


投資信託の運用の失敗や万が一の出来事



ご回答:ほとんどの心配は無用です

運用会社や信託銀行などが破綻したとしても、全く問題無い

再度のご質問、ありがとうございました。

運用会社の運営(経営)に関するご不安があるようですね。コインチェッカーの不祥事などのニュースを毎日耳にすると、何となく「投資信託の運用も大丈夫なのかな?」と気にしてしまいますよね。

結論から言いますと、投資信託は極めて強く消費者保護がなされていますので、全く問題は有りません。これについては、一般社団法人投資信託協会が、投資信託の安全性について説明しておりますので、以下のリンクをご覧ください。

https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/meritrisk/safety/


販売会社が破綻しても、運用会社(今回だと三菱UFJ国際投信)が破綻しても、はたまた信託銀行が破綻しても、顧客の財産が消えてなくなる事はありません。

ただし、運用会社か信託銀行のいずれかが破綻した場合、該当ファンドが別の運用会社などに引き継がれない場合は繰り上げ償還となる可能性はあり、そうなると利益に対して課税処理がなされますから、資金効率が落ちるという意味での「被害」は有るかもしれません。


ファンドの運用に「しくじる」事は、無いとは言えない

破綻処理については問題無いとしても、もっと小さな問題は起こり得ます。分かりやすい例で言うと、アクティファンドの運用をイメージすると良いですね。

例えば当サイトでは、おすすめアクティファンドのページを作って、「これならば運用成績も良好で、存在価値がありますね」と申し上げている訳ですが、それらのファンドの運用者が運用に失敗して、ベンチマークに対して著しくマイナスの成績を出す事もあります。

イコール、それは「運用に失敗した」と言っても良いでしょう。そういうリスクは、ありますね。これはインデックスファンドでも同じことが言えます。

インデックスファンドはベンチマークに連動する成績を収めるのが目標なのに対して、ごくまれに、それに失敗してベンチマークと著しい乖離を起こすことがあります。

と言ってもアクティファンドの失敗からしたら可愛いもので、わずかなのですが、それでも失敗に変わりはありません。

例えば2016年、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの運用が失敗して、ベンチマークとかなり乖離したことがありました。

インデックス投資のマニアレベル以外の人は全く気にしなくても良いレべルだとは思いますが、それについてはインデックス投資家の水瀬さん(お金は寝かせて増やしなさいの著者←必読書です)が、ブログでワーワー言っていました(#^^#) マニア的には気持ちは分かります。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-3113.html


アクティファンドはベンチマークを下回る成績となった場合、運用を頑張ってそれを「取り戻して更に上回る」ような行動を起こせるのに対し、インデックスファンドはそのような事はご法度ですから、一度「失敗」したミスは、運用期間中ずっと引きずる事になります。

一般の人から見たらどうって事もありませんけれども、いちおう失敗は失敗でありますし、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズがそのような事をやらかさないとも限りません。

ただし、そんな事はいつ起こるか分かりませんし、そこまで気にしていたら投資などできませんから、そこはあまり深く考えすぎず、ゆったりと投資するスタンスで良いと思います。

それでもなんとなく漠然とした不安が有る場合は、別にeMAXIS Slimシリーズ以外にも同等のコストの商品が他にある訳なので、そういったもので運用会社を適度に分けて投資してゆく事で宜しいのではないかと思います。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る