成績が落ちてきたと思われるアクティファンドの乗り換え方法

インデックスファンドに関してのご質問には慣れておりますが、今回はアクティファンドの話しになります。アクティファンドに関しては当サイト管理人は「色眼鏡」で見ている部分が大きいので、回答者としては不適切かもしれません。その点をご了承いただきつつ、ご質問と回答をご覧いただければと思います。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


どの案が良いかご意見をいただければありがたいです

投稿者:blueberryさま(年代不明・男性)2018年5月

インデックス投資の考え方をベースにして、外国・国内の株式投信(ETFを含む)の長期・分散投資を行っております。国内の株式はインデックス投信・ETFを中心としながらもサテライトとして過去数年以上にわたりよい成績を上げてきたアクティブ投信(ジェイリバイブひふみプラスジェイクール)にも投資しております。

成績が優秀なアクティファンド


このうち、ジェイリバイブについては、昨年までは非常に良い成績をあげてきましたが、今年2018年に入ってTOPIX等の指数に負けることが多くなってきたように思います。

特に基準価格の下落の幅が大きいばかりでなく、そこからの戻りの動きがにぶくインデックスにすら大幅に負けているように思われます。一向に改善する気配が見えないので、ジェイリバイブを別の投信に乗り換えることを考えています。

第1案:ジェイリバイブをスパークスM&Sジャパンファンド(華咲く中小型)に乗り換える。スパークスM&Sはジェイリバイブと同じく中小型に投資していますが、今年の成績はジェイリバイブよりはるかに良好です。ただし、去年以前はジェイリバイブのほうがはるかに良好です。過去一年でみるとひふみと同程度の成績と思われます。

第2案:ジェイリバイブをひふみプラスに乗り換える。ひふみの最近の基準価格の動きはそれなりに評価できるし、過去の実績は十分良好であるように思われます。

第3案:ジェイリバイブをTOPIX連動インデックス投信に乗り換える。


以上の案のうちどれがよいかご意見をいただければありがたいです。他のより良い案があればそれもご教示お願いします。ジェイクールは2月の暴落以降の動きはジェイリバイブよりはましなようにおもわれます。

しかし、IPOを対象にしたファンドなのでどうしても標準偏差が22.9%高くなり動きは激しすぎて所有額は少額ですが精神衛生上良くないような気もします。これも他のファンドに乗り換えたほうがいいように思いますが、ご意見をお願いいたします。


ご回答:アクティファンドの選び方は、全く分かりません

この度はご質問ありがとうございます。お便りを拝見して、今回ばかりは回答に困りました。というのも、良いアクティブファンドの見分け方というものは、この世に存在していないからです。

下記は、過去1年~5年および10年で見た場合の、ご質問のファンド及びTOPIXインデックスファンドであるeMAXIS TOPIXインデックスの基準価額の推移です。

ご質問のファンドはいずれも極めて良好な成績を上げており、過去を振り返って眺めてみると「これらの投資信託を買っていた人は、大金持ちになっただろうな」と思います。

優秀なアクティファンドどうしのリターンを比較


けれどもそれは「バックミラーを見る」から分かる訳であり、星の数ほどあるアクティブファンドの中から、これらを見つけ出して先回りして投資をして金持ちになった人など皆無だと思います。

中にはこれらのうち1本か2本を買って長期で保有している人もおられてホクホク顔でしょうが、買っている人に言うのは憚られる事ではありますが、ほとんど偶然だとしか思えません。

ひふみ投信の藤野さんの言う事を聞いて、「これはイケるに違いない」とか「彼の想いは本物だ」とか感じて買うのでしょうけれども、だからといって価格が上がる根拠にはならない訳で、アクティファンドを購入する行動というのは、理由が有るようで無いというのが実際だと思っております。

従いまして、今回のご質問に対しての回答としては、「全く分かりません」というのが素直なところです。

アクティファンドの選び方に答えは無い


いわゆる一般的な株式投資であれば、それなりに勝つ方法は色々と語り尽くされています。しかし、アクティファンドを使って勝つ方法などは今のところ発明されていない訳ですから、正しい乗り換え方法などもありません。回答は不可能となります。

それに、アクティブ運用を志向する人が「どの銘柄をどういう風に買うのが良いか?」とご質問されることにも違和感があります。それはやはりご自身で決めて頂くのが筋だと思います。

数か月の成績が低迷しているからダメなのか、あるいは1年、または3年くらい低迷したらダメだと言えるのか、アクティブ投資は人それぞれにルールがありますので、アドバイスは不可能です。

今回のように、ちょっと成績が落ちたのを見たら、それ以外の、その時点で成績が良好な別のファンドに乗り換える戦法が有効なのかどうか、膨大な検証をしてみないと判断が付きませんので、あしからずご了承ください。

blueberryさまも既に3つの案をお考えなのですから、今までのアクティブ投資で得られた知見や経験に基づき、ご自身で判断されると良いのではないかと存じます。



再度のお便り:以下の通り、ご連絡ありがとうございます(^^♪

アクティブ投信の乗り換え方法に関しての私の質問について、丁寧に検討していただき回答をいただきありがとうございました。ご指摘のとおり、現在分っていることはあくまでも過去の結果のみであり、今後の成績がどうなるかは神のみぞ知ることですから、どのように乗り換えるかについての明確なアドバイスは困難かもしれません。

私が候補として挙げた投信は、ここ数年は多少のでこぼこはあるとしても比較的良い成績が続いていますので、今後も引き続きインデックス投信にある程度以上の期間継続して負けていないかをチェックしつつ運用を継続していきたいと考えています。

先日ご質問させていただいた件については、あまりぱっとしないジェイリバイブの50%は保持し、残りの50%をスパークスM&Sジャパンファンドに乗り換え、標準偏差の大きいジェイクールの50%は保持し、残りの50%をパークスM&Sジャパンファンドに乗り換え、ひふみ投信、および他のインデックス投信はそのままとしました。

まだ、実働3日しかたっていませんが、今のところパークスM&Sジャパンファンドは順調に基準価格を伸ばしているようですが、もう少し長い目でウオ(以下文字化けで判読できず)





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る