投資未経験者にいきなり1500万円の一括投資をさせようとするIFA

最近目にするようになった、独立系のファイナンシャルアドバイザーから受けた、またもや酷い話しです。今回の相談者さまは、そこを「変だ」と見抜いて、惨事を回避しています。本当に不誠実な提案をしてくる輩が多いので、気をつけたほうが良いですね。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


ファイナンシャルアドバイザーからの危険な提案がありました

投稿者:YTさま(30代?・男性)2018年7月

堀田様のコラムをいつも拝読しております。投資の初心者ですが、子どもの学資と老後資金のために投資信託の積立を検討しております。

勉強のためと思いファイナンシャルアドバイザーのセミナーに行き、その後の相談をして提案をいただきました。いきなり一括で1500万投資し、積立もしていくというものでした。

提案がセミナーの内容と違うことを不審に思って自分でも調べたら、一括投資も積立も高コスト・低成績のアクティブファンドばかりで、私にとって危険な提案なのだと理解ができました。

他人にポンと任せて勝手に儲かるなんて美味い話があるわけがないのだと強く反省し、勉強して自分でやろうと考えている次第です。

IFAへの相談は命取り


つきましてはご相談があるのですが、iDeCoつみたてNISAと追加の個人の積立で、月10万円を積み立てたとして、下記の組み合わせをご講評いただけますでしょうか? できるだけ低コストで、資産を分散させようと考えて組みました。

iDeCo:
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)23、000円

つみたてNISA:
SMT 世界経済インデックス・オープン 15、000円
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)18、000円

追加:
つみたてバランスファンド 43、000円
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 1、000円


長期積立なのである程度変動するほうがよいのでしょうけれど、塩梅が難しいものだと思っております。

また、現在投資に回せる資金が1500万ほどあるのですが、ファイナンシャルアドバイザーからは一括で投資するよう提案があったのですが、正直それは恐いです。そうした場合は積立金額を増やす形で貯金から移行するのがよろしいでしょうか?

本人のリスク許容度によるとしか言いようがないかもしれませんが、25年ほどは現役ですので、長期で積立をしたいと考えています。ご意見頂戴できますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。



ご回答:よくぞそれを断りました!・・・今後の投資には確認点があります

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。あと25年ほど現役と言う事は、今は35歳くらいでしょうか。お子様もいらっしゃるようで、ちょうどこれからの人生、脂が乗って来る頃合いだと思います。

独立系ファイナンシャルアドバイザーは全く信用ならない存在

そのような中、資産形成の必要性を認識して、投資を学ぼうとした姿勢は素晴らしいと思います。そこに至るか否かで、老後の人生はかなり大きく変わる筈ですので。

しかし、危なく独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)の毒牙にかかるところでしたね。今まで当サイトでは、証券会社や銀行の営業担当者ほど信用ならない者はいないと言ってきましたが、それよりももっと、IFAのほうがデンジャラスだと思うようになってきました。

当サイトにも以下のようなご意見と言うかご相談が寄せられており、IFAが野放しになっていてやりたい放題やっているような現状を垣間見る事ができます。

IFAは自分の手数料の事しか考えていないのか
IFA(独立系フィナンシャルプランナー)提案の投資信託が酷い
海外のオフショアファンドに投資って、どうなの?
評判の悪いフレンズプロビデントは解約したら良いのか?

IFAに相談してはならない


もちろん、金融機関の担当者でもIFAでも、良心的な人はいらっしゃるでしょうが、基本はそれとは真逆の人間ばかりかもしれないので、以降は気をつけたほうが良いですね。

人様の1500万円もの多額の資金を軽々に一括で投資させるような輩は、絶対に信用してはなりません。そのような多額のお金は命の次に大切なもので、家族全体の財産です。

彼らは多額の金を投資させればさせるほど自分の「食い扶持(手数料収入)」を確保できるので、そうさせたがっているだけであり、決して投資家の事を強く考えて提案している訳ではないと考えたほうが良いでしょう。

投資したものがいきなり半値になる事は無いでしょうが、投資で2割3割の損をする事はザラにあります。1500万で2割の損と言ったら、300万ですよね。私は投資には慣れていますが、さすがに私でも1500万もの一括投資をする事など、とてもとても出来ません。

しかも、それをまだ投資をした事の無い人に対して一括投資をさせるというのは、本当にクレイジーな人間だと思います。今は相場が絶好調だから何も問題が無いように見えるだけで、もしも下落相場がやってきたら、損したと騒ぐ人が大勢出てくるかもしれませんね。

(ちなみに、投資で損して「どうしたらよいのか?」と相談してくる人の大半が、数百万単位で、人に言われるがままに一括投資をした人たちです。IFAとか営業担当者もクズですが、調べないでホイホイと投資をした人にも、大いに問題がありますね。)


1500万円とか月に10万円とか、そこを「決め打ち」しなくても良い

さて、IFAへの文句はそこまでにしまして・笑、本題に入ります。問題点は、2つ有るように思います。まずは1つ目から。

お便りを見ていますと、余剰資金が1500万円あるので、それをすぐにでも投資に回したいと思っていらっしゃるような雰囲気を感じます。(もしかしたらそれを感じ取ってIFAがグイグイと攻めてきたのかもしれません)

また、それとは別に月に10万円の投資ができるのか、あるいは1500万円から月額10万円ずつ投資する事が可能なのか分かりませんが、毎月10万円を投資すると決めてしまっているように感じます。

投資は早ければ早いほど複利効果を得られるので良いに決まっていますが、まだ25年もある訳で、やった事のない投資を行うのに、1500万円とか10万円とか、決めてしまわないほうが良いと思います。

次の項目に記す事をやって頂いた上で、本当にご自身が投資に合っているのかどうかを確認するために、最初はもっと小額からスタートするスタンスで宜しいかと思います。

最初の段階では節税効果の最も高いiDeCo口座で1年くらい試してみて(半年くらいでも良い)、特にストレスを感じないようであればつみたてNISAにも資金を投入するくらいの余裕があって良いでしょう。

余剰資金が大きいですから、年間に40万円強しか投資できないつみたてNISAではなくて、120万円使う事ができる一般NISAを利用する方法もあります。

その上で、できれば一時的に元本を割る事も体験してから、更に投資金額を引き上げても良いと感じたならば、追加で順次投資を拡大すれば良いと思います。投資先は決して逃げませんから、焦る事はありません。


アセットアロケーションを決めてから、投資をするようにして下さい

2点目として、こちらのほうがより重要なのですが、インデックス投資の始め方をよく読んで頂いて、投資をする前に、必ずアセットアロケーションを決めて下さい。今現在は、良さげなインデックスファンドをいくつか選んでいるだけだと思います。

投資金額とアセットアロケーション


アセットアロケーションを決めるというのは、ご自身がどの程度のリターンを複利で得たいのかを決める事であり、その際にどのくらいのリスクを引き受けるのかを確認する作業です。

車で言えば、どのくらいアクセルを踏み込んで「スピード」というリターンを得るのか確認する事であり、同時にブレーキの効き具合を確かめて、リスクをどの程度回避できるのかを確認する作業になるのです。

今現在、いくつかの商品を列挙しておられますが、それのトータルとして、どの資産クラスに何割の比率を割いて投資をして、その場合の資産全体の期待リターンと想定されるリスクがどのくらいなのか、判明しているでしょうか?

もしそれをきちんと計算しておられて、その上で今の商品群を決めているのであれば、そう問題は有りません。あとは実際に投資をしてみて、ご自身にしっくりくるかを確認するだけです。怖いなと感じたら、安全資産の比率を上げて修正してやることになります。

アセットアロケーションをしっかりと決めて、それで数年程度投資をして、特に精神的に動揺する事が無いのだとしたら、残ったお金を一括で投資しても、理屈の上では全く問題ありません。

一括投資の直後に暴落が来ようが何をしようが、最初にリスクを想定しているのですから、何があっても「想定内」でコントロールされている状態になり、特段の問題は無い状態になります。

そして、冒頭のIFAの話しに戻ります。彼は1500万の一括投資を勧めてきた訳ですが、アセットアロケーションが決まっていない状態での一括投資は、車に適当にエンジンを取り付けただけ状態で、アクセルを踏みこむ行為なのです。

その投資では、どの程度のブレーキの利き具合なのか、事前に何の「点検」もせずに乗り込む事になります。もしかしたらブレーキが付いていなかったり、故障しているかもしれません。

スピードの出し過ぎに気が付いても、ブレーキが無い投資ならばすぐに停止できませんから、そのまま突っ走って後で大損失という大事故を引き起こしかねないのです。

したがって、最も大切なことを再度記しますと、兎にも角にもアセットアロケーションをしっかり決めて頂くのが先決であり、商品選びなどは極論するとどうでもいい話しになります。

アセットアロケーションを決めて、ご自身がどの程度のリスク許容度が有るのか十分にイメージしたうえで、それから投資に取り組んでください。

「早くやらねば」という気持ちは投資には不必要であり、逆効果にもなりますので、ゆっくりと臨むような気持で対処して頂ければと思います。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る