NISA口座で、そろそろ利益確定したい時のタイミングの図り方

一般NISAを利用してインデックスファンドへの投資をしてきた人から、「今後、どのようにして利益確定をしていけば良いのか?」とご相談が参りました。買う時以上に気を遣う事の多い利益確定に関して、当サイト管理人の考えを記します。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


NISAの含み益をどうしたら良いものか悩みます

投稿者:たっつんさま(30代・男性)2018年8月

こんにちは。以前アセットアロケーションについて質問させていただきました。丁寧に説明していただき参考になりました。

NISAを活用した投資信託を始めて四年が経とうとしています。そろそろロールオーバーのことを勉強したところ少し問題が発生したためご教授願いたくメールをしました。

今年度よりスタートした積立NISAに口座を変更したところ、以前NISAで積立をしていた分のロールオーバーができないことに気づきました。今は含み益が出ているため良いのですが、今後含み損になった場合どうしたものかと…。

来年、積立NISAからNISAに再変更すると良いのでしょうか? それともNISAで積立をした分は一般口座への移管がやむ得ないのでしょうか? ご教示願います。


NISA口座での利益確定


ご回答:含み益を確保しておきたいならば、少しずつ売却も検討

この度は当サイトへのご質問をいただき、ありがとうございます。以前にもご質問をいただいたとの事ですが、ペンネームは今回と同じだったでしょうか。以前の記録を見つけられませんでした。

さて今回の件、まず、NISA口座でロールオーバーさせるためには、2019年に再び一般NISAを選択する必要があります。それをしないと、ロールオーバーせずに、自動的に課税口座に戻ってしまいますので、お忘れなきよう。

そして大問題なのが、利益確定するかどうかです。これに関しては、人それぞれの相場観だったり投資スタイルによって、色々な答えが出てくると思います。従って、非常にお答えしにくい問題です。

NISA口座は利益が出て、それを確定させるからこそ意味があると考えるならば、含み益が乗っている間に確実に利確させる必要が出てきます。

一方で、当サイト管理人の妻も、ETFの分配金目当てでNISA口座で投資をしており、この場合は含み益や含み損失はほぼ無視して、分配金にかかる税金だけを非課税にできればいいや、程度の考えで利用しています。

・・・というような事を書いておきながら、利益が20%以上乗って来ると、ときおり利益確定の売却をしましたので、どちらかというとやはり、利確しないNISA口座など何の意味も無いと思っているタイプでございます。

さてそこで、いったいどのようなタイミングで利益確定をすれば良いのかは、非常に悩ましい問題です。投資タイミングと同じくらい、あるいはそれ以上に難しかったりします。

まず、最も分かりやすいのが、利益が20%とか30%、あるいは50%でも良いですが、一定の数値を決めておいて、そこに到達したら利確する方法があります。後腐れ無いので、いちばん楽に利確できるやり方ではないかと思います。

しかしこのやり方だと、更に株価が上昇した時には、場合によっては利確があまりにも早すぎたという事も十分にあり得ます。20%で利確したものの、実はそこから更に倍に値上がりしたという事もあるので、利益確定はしたものの機会損失も大きかったという事になります。

次に、利確しようと思った時から、5%や10%、あるいは15%でも良いと思いますが、高値からその程度の数値のレベルで基準価額が下落したタイミングで売却するやり方があります。

設定した数値まで下落しなかったら、継続保有となります。そして高値を更新したら、更新後の高値から5%なり10%なり下がったところの売却価格も見直すことになります。

この方法は値上がりには追随しつつも、価格が必要以上に下がってしまって、思ったような利益が乗らなかったという機会損失も防げるので、良いやり方だと思います。

ただし、頻繁に証券口座にログインして、投資先ファンドの基準価額のチェックを欠かさずに行う必要があります。その作業を面倒だと感じる人には苦痛が大きいかもしれませんので、やはり利益確定も人それぞれだなと思います。

なお、2つの方法をご紹介しましたが、これらの方法で一挙にすべて利益確定をしなくても良いかと思います。例えば、3分の1とか5分の1とか、保有残高の一部ずつを順次利益確定していくというやり方も取れると思います。

NISA口座へ投資した際も、1年ごとに投資の上限が決められていましたし、1年ごとと言っても、1年分をまるごと一気に買い付けたりすることもなかったと思います。しがたって、売却する時も、少しずつ時間を分散して利益確定するやり方が、現実的には必要以上に相場を読まないという事になり、心理的にも利益確定がやり易いと思います。

1年分をまとめて一気に利益確定しようとすると、欲張りな人間性がどうしても出てきてしまいますから、分割して利益確定をすれば良いのではないかと思います。

分割して売却する時に、ご紹介したような利確のやり方ではなくて、機械的に売却するという方法もあります。例えば、春夏秋冬の4回に分けて、4分の1ずつ定期的に売っていくというやり方でも良いと思います。

利確


ところで、売却で得た資金をどうするかという問題もあります。ダメな投資家は、利益を手にすると調子に乗ってすぐに別の商品に連続して投資をしてしまうという傾向があります。

投資では、「待つ」という事が出来ない人は、成功は非常に難しいと思うので(投機家は別です)、仮にインデックス投資をしていて、売却によって一時的にアセットアロケーションに大きな乱れが生じたとしても、それを一気に解消しようとせず、やはり時間を分散して、徐々に目標のアセットアロケーションに近づけていくというやり方をしたほうが良いでしょう。

一気にアセットアロケーションを直すという事は、利確した資産クラスを再び買い直すという事になり、だったら利確しないでNISAが終わるまで売却せずに保有していれば良いじゃないか、という事になってしまいます。

また、利確するという事はその資産が値上がりしているという事であり、値上がりした資産を再び高値で買うというのもバカバカしい事です。

引き続きインデックス投資をしてゆく際には、課税口座で積み立て投資をして、時間を分散して徐々に、売却した資産クラスを買い増してゆきましょう。

もしもiDeCoなどの確定拠出年金口座を利用していないのであれば、課税口座よりもはるかにお得な口座になりますから、すぐに利用の検討をされる事をお勧めします。

繰り返しになりますが、今回のご質問は、それぞれの人の相場観や投資スタイルなどが大いに関係してくるので、お答えするのは非常に難しいです。

中にはNISA口座と言えども、保有したものは一生手放さないという投資家もいらっしゃると思います。あくまでも、「当サイト管理人としての1つの意見」程度に見て頂ければと思います。



追記:たっつん様からお返事を頂きました(^^♪

この度は、早速のご回答、ありがとうございました。NISA口座への変更は面倒ですので、利益を少しずつ確定させていこうかと考えています。2年前に息子が生まれ、jrNISAを開設しているので、利益確定させた分はそちらの運用に回そうと思います。

堀田様のサイトを拝見して以来、イデコ&積立NISAを活用しています。絶対に60歳で退職して余生を遊び倒したいので今は粛々と投資を続けてまいりたいと思います。サイトの情報はこまめに楽しく拝見させていただいております。今後も宜しくお願いします!





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る