ファイナンシャルスタンダードのIFAから受けた「中身の無い」提案

当サイトには、今までもIFAから受けた酷い提案について憤りを感じるようなお便りを何度か頂いております。今回も、それと全く同様の内容です。相談者の個別事情を全く鑑みていないと思われる提案など、何の評価もできませんし、品質の悪いサービスだなと思います。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


信用できるIFAをさがすにはどうしたらよいでしょうか?

投稿者:ANさま(50代不明・女性)2018年9月

フィナンシャルスタンダードからほぼ同じ提案をされました。お願いしようかと思って思案していたところこちらにたどり着き、60代の方と同じプランとは!!
http://noload.558110.info/q203.html

なんのプランニングもない提案をされていたことに驚きでした。自分ではなかなか難しいので多少コストがかかっても専門家に委ねたいと思っているのですが、信用できるIFAをさがすにはどうしたらよいでしょうか。


ファイナンシャルスタンダードの評判が酷い


ご回答:IFAの提案を受けたら、都度、中身の妥当性を確認しましょう

コストゼロに出来るファンドよりも酷い運用成績のものばかり

2017年に当サイトに相談した人が勧められていたファンドが、以下のラインナップです(一部、社債銘柄が入っています)。

そこから1年半ほど経っており、しかも個人の様々な背景などが大いに異なるにもかかわらず、ほとんど同じ提案が有るとは、酷い以外の言葉がありません。

みのりの投信
MSグローバルプレミア株式
サムライバリュー
・GCIエンダウメント
・米ドル社債
キャピタル世界株式ファンド
新興国中小型株ファンド


当サイトに何度か寄せられるIFA絡みの相談を見てみると、提案されたファンドが類似している事もちらほらと有り、もしかしたらこれは何らかの「パッケージ」で売りつけているのかなと邪推してしまうほど、酷いというのかいい加減というのか、そんな感想を抱きます。

ファイナンシャルスタンダード社のホームページを見ると、どうやら楽天証券と提携して、IFA業務を展開しているようですね。これはこれで何の問題もありません。

ファイナンシャルスタンダードの事業


しかし、だからと言ってマトモな提案をするかは全く別問題です。彼らは投資信託を買わせて金を稼ぐ商売であり、ANさんのような人が買った時に発生する手数料収入を獲得する事が仕事の第一です。

これは、銀行員がお客にボッタクリレベルの投資信託を買わせているのと全く同じような構造です(彼らは販売手数料と継続的に信託報酬の一部を受け取れます)。

では、楽天証券で売られている投資信託をIFA経由で購入した場合に、手数料はどれだけかかるのでしょうか。仮に上記のファンドを買わされたとして手数料を算出してみると、以下の通りになります。

それぞれの資産クラスのインデックスファンドも一緒に記しますので、いかに手数料目当ての色合いが濃いのか、理解できると思います。購入する金額は、それぞれのファンドを30万円ずつ買うという事にしましょうか。(IFA手数料の単位は円です)

資産クラス ファンドの名称 IFA手数料 インデックスファンド IFA手数料
日本株式 みのりの投信 9000 eMAXIS TOPIXインデックス 0
AR国内バリュー株式ファンド(愛称:サムライバリュー) 0 0
先進国株式 モルガンスタンレー グローバルプレミアム株式オープン(為替ヘッジなし) 9000 上記とeMAXIS 先進国株式インデックスを合わせて購入すれば良し 0
キャピタル世界株式ファンド 9000 全世界株式インデックス・ファンド 0
新興国株式 新興国中小型株ファンド 0 eMAXIS 新興国株式インデックスの購入で全く問題無し 0
バランス型 GCIエンダウメント 3000 eMAXISシリーズのバランスファンドで代用すれば良し 0
- 合計 30000 合計 0


見て頂くと分かる通り、合計6つのファンドを合計180万円買わせると、3万円の手数料収入があります。一部、手数料がかからないファンドもあるので、想像しているよりは良心的だとは思いますが、IFAでもコストのかからないファンドがある訳で、それらを買わせないで高コストのものを集中的に買わせようとする意図は、分かっていただけると思います。

当サイト管理人がそれにも増して怒りを感じるのは、上記のファンドをセレクトするにしても、金融業界の常識である合理的な国際分散投資とは全く無関係でファンドを勧めている事です。

集中投資で一時的に富を築こうとしている一部のハイリスクハイリターンな人以外は、資産運用ではアセットアロケーションを組んで、長期的にリスクとリターンをコントロールしていく事が最も大切だというのが常識中の常識です。

それを全く無視した提案になっていますので、一体何を基準にしてそれらの商品選びをしているのか、これほどまでに意味不明な選択はありません。

これらに投資してよほど儲かるならば多少話は別ですが、実際に中身を見てみるとむしろ逆で、インデックスファンドに投資をしているほうが儲かっただろうという結果になっています。しかも、ほぼ全ての商品で、そのような酷い結果になっています。

多くのIFAは「インデックスファンドに投資しても儲からないと意味は無い」などとしたり顔で説明するはずですが、何の事は無い、このような商品を見立てた腕前の悪さを大いに反省して欲しい内容になっています。

資産クラス ファンドの名称
日本株式 みのりの投信 1年、3年、5年それぞれで判断すると、TOPIXインデックスファンドのほうが良好であり、左記は全くもって保有する意味は無し。
AR国内バリュー株式ファンド(愛称:サムライバリュー)
先進国株式 モルガンスタンレー グローバルプレミアム株式オープン(為替ヘッジなし) 参考指数のMSCIワールド・インデックスに劣る成績で、保有する意味は無し。
キャピタル世界株式ファンド ベンチマーク無しなので、MSCIオールカントリー・ワールド・インデックスと比較すると、購入する意味は有るとは思えない成績。
新興国株式 新興国中小型株ファンド 参考指数に劣る成績であり、購入の意味なし。更には、普通に新興国株式インデックスファンドのほうがはるかにリターンが高い。
バランス型 GCIエンダウメント ベンチマークも参考指数も無し。資産の3分の1をオルタナティブ戦略に費やすが、それが長期で貢献しているのかさっぱり分からず、素人が使うようなファンドではない。


ファイナンシャルスタンダードの資産運用セミナーの案内を見ると、手数料の安いインデックスファンドで分散投資をしても意味は無いと受け取れるフレーズでお客を募集しているようです。

しかし、彼らの紹介する商品で資産運用したほうが「投資信託で損をしてしまう」事につながりかねないという運用成績の悪さなのでありました。残念。

ファイナンシャルスタンダードのセミナーの文言


なお、このセミナー、帝国ホテルとかヒルトン東京などを会場にして実施されます。単なる資産運用セミナーを、どうしてそのような高額な場所代の超高級ホテルで開かなければいけないのでしょうか?

ここが、ファイナンシャルリテラシーの磨きどころです。場所代は無料なのではなく、将来、ANさんのようなお客が安くはない手数料を支払う事で、賄っているのです。


IFA選びは難しい

適切な資産運用を長期で継続する際のアドバイザー選びは、極めて難しいです。IFAなども商品を売りつけて手数料収入を得るビジネスなのですから、何も分からない「全部お任せ」の情弱なお客を、なかばカモにするような行動をしてしまうのは、構造的にやむを得ません。

幸いな事に、商品を買うまでは手数料がかからないのがメリットでもあるので、提案してきた内容で総合的に判断すると良いでしょう。間違っても、高額な場所代がかかるようなところで打ち合わせをするような会社は避けたほうが良いかもしれません。それは将来、あなたが支払う場所代なのですから。

提案内容を見て、常識的な内容であると判断出来た場合にのみ、その商品を買い、それによって妥当な報酬を結果として支払うというのがよろしいかと思います。

この時、提案内容の判断がつかない場合は、改めて当サイトにご相談いただければ、中身を判定して差し上げたいと思います。


私が推奨できる人は、カンチュンドさんくらい

ご質問者さまが、もしも関東に在住なのであれば、インデックス投資アドバイザーでFPの、カン・チュンドさんのアドバイスを受けると良いと思います。

相談ごとに料金が発生しますが、ファイナンシャルスタンダードで投資信託を買うよりも料金としては安くなると思いますし、2回、3回と相談してゆく際の頻度を落とせば、特に高いという事は全く無いと思います。

個人個人の資産運用の経験、資産の多寡、家族構成、リスク選好なのか回避的なのかの性格、などなどを含めてアドバイスするような人は、そうそうおられないと思います。

カン・チュンドさんのアドバイスに関しては、2011年に受けたカン・チュンドさんの個別コンサルティング体験談をお読みいただき、参考にして下さい。(現在はカンさんのオフィスが移転になっていますので、その点はご注意を。)

長期的にはインデックスファンドの成績はアクティブファンドを上回る事が大半ですから、アクティブファンドよりもリターンが高くなった分、コンサルティング料金など安いものです。

妥当性があって優れたサービスならば、支払うものはきちんと支払い、気持ちよく、そして堅実に資産運用を実行していきたいものだと思いますね。資産運用は博打ではないのですから。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る