少しでも将来のためにお金を増やしたいというご相談

今回は、ちょっと毛色が違っていて、10代の男性からのご質問です。将来のためにお金を増やしたいので、どうすれば良いのかと言う事で、質問がシンプルすぎて回答が難しいですね。「一般的ではない一般論」を書いてみました。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


具体的にどういったことから始めればいいかアドバイスをください

投稿者:YSさま(10代・男性)2018年10月

18歳でまだ部活をやっている高校3年生です。経済について興味を持ち始めてから、株や資産運用などにも興味を持つようになりました。調べていく中で最初は投資信託がいいのかなと感じました。

部活を引退したらバイトなどして、本格的にお金を稼ぐ中で、少しでも将来のためにお金を増やしたいと思っています。具体的にどういったことから始めればいいかアドバイスを頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。



(こういうイメージでは無いと思いますが・・・)


ご回答:若干の積み立て投資を行いつつも、あらゆる投資や投機にチャレンジを

将来、どの位のお金が欲しいかによって変わってくる

YS様、ご質問ありがとうございます。10代の人からの質問は、2回目になります。驚くとともに、死んでしまうまでに非常に長い時間があり、それこそが正に宝物だなと思ったりします。

さて、将来のためにお金を増やしたいとの事ですが、いったいいくらのお金が欲しいのでしょうか。それによって、随分と選択肢が変わってきます。また、その選択肢が、必ずしも自分に合っているとは限りません。

従って、個人的には、「若いのだから全てのやり方に首を突っ込んでみれば?」とアドバイスしたい気分になります。




YS様が非常にきっちりとした性格で、冒険を好まないタイプの人ならば、当サイトがお勧めしているインデックス投資で十分でしょう。ただしその場合は、よほど給料の良い会社に務めない限りは、1億円に到達するのはほとんど無理ゲーに近いです。せいぜい、5000万円未満くらいの資産形成に留まると思います。

一般的な株式投資、あるいは1日単位や数日単位の株式のデイトレ・スイングトレード、または外貨FXを使った投資などでは、成功者は億単位で資産を増やす事が可能です。けれどもこのパターンは、ほとんどの人が逆に失敗して、大して資産を増やせずに終わります。

投資と投機の違いも含めて、これらの投資手法で利益を出している人は、いったいどのようなやり方をしているのかを参考にしつつ、しっかりとこれらの投資の勉強をして、自分なりの勝利のパターンをいかに見つける事ができるのかが肝心です。

または、銀行から融資を引き出して不動産投資をすると言うやり方もあります。これなどは普通の人が数十億の資産を作る最も堅実な方法だと思います。

ただし、不動産は真面目に3年以上、同じ会社に勤めあげて個人の信用を蓄積して、なおかつ投資と言えども事業的な側面も多分に含みますので、金融資産への投資とはまた別の勉強が必要です。

事業という意味では、何か会社を興すのでも良いと思います。企業経営も、投資の1つです。自分が社長になって利益が出た場合は、普通の投資をするよりもはるかに儲かります。

以上のように、YS様の目の前には、とにかく可能性という広大な大地が広がっており、何をどうしろと私が申し上げる事は不可能です。興味がある事は、全て試して見るのが一番ですね。自分が納得できたものしか、人間は結局は取り組みませんから。


どうしても投資信託と言う場合は

この場合は、とりあえずつみたてNISAをやっておきましょう。・・・と言いたいところですが、つみたてNISAは20歳以上でないと利用できないので、そうなると、ごく一般の証券口座を開く必要があります。

この場合、親権者の同意が必要ですから、親御さんに投資信託を買って投資の勉強をしてみたいと説得する必要がありますね。

もしも親が同意しない場合は、20歳になるのを待ちましょう。株や相場は、決して逃げません。勝てる投資家は皆、待つことができる忍耐強さを持ち合わせています。たった2年間も待てないようでは投資の成功などおぼつきません。

その間は、バイトをしてひたすら投資用の資金を貯め込んでいれば良いだけの事です。

なお、当サイトにご質問をお寄せいただいたという事は、インデックス投資にも興味が御有りだと思います。インデックス投資の始め方のページも、よくお読みください。


リターンよりもリスク、そしてそれよりも資金管理を忘れずに

今後投資を行うにあたり、忠告をしておきましょう。投資は、あらゆるものがリスクとリターンの釣り合いが取れています。どうしてもハイリターンのものに目が行くと思いますが、それを目指すには同じくハイリスクを引き受けなくてはなりません。




あなたは、エベレストの登頂を目指すのですか? それならば、ハイリターンの代わりにハイリスクをもろに受けます。空気が薄くて、高山病で死んでしまう可能性があります。雪面で転落したら、数百メートル以上滑落して死んでしまいます。遺体の収容もできません。

富士山を目指しますか? であれば、ミドルリスクと言う事で、登山の基本的な知識を得てください。転倒したら、数メートル落ちて骨折して動けなくなるリスクがあります。体を鍛えていないと、富士山でも高山病になります。ひざを痛めて下りられなくなるかもしれません。

はたまた、近所の丘に登りますか? 大したリスクは無いでしょう。よほど悪天候の時に変な行動をとらなければ。代わりに、頂点に立っても標高は100mくらい。征服感も無ければ人から関心を寄せられる事もありません。極めてローリターンです。

このように、必ずどの程度のリスクを背負い込んでそのリターンを狙いに行くのか、事前に把握しておく事が必要です。リスクを無視してリターンだけを狙うのは、投資家ではなくて単なるギャンブラーであり、あるいは愚か者であります。それは投資でもなんでもありません。

また、リスクよりもさらに重要なのが、資金管理です。著しくリスク管理の簡単なインデックス投資であっても、身の丈を超えた投資をすると、一時的に生活資金が不足する恐れがあります。手元に残しておく資金こそが、投資を成功に導くと心得てください。

富士山に登頂するよりも、エベレストに行くほうが、はるかに多大な資金を浪費して、帰国後にはすっからかんになって乞食になってしまうかもしれません。

特に、投機を行う場合の資金管理は極めて重要です。これをやらない人はほぼ確実に破産して、場合によっては多大な借金を背負いますので、注意しましょう。


ネットの世界にウヨウヨする悪魔のような連中に最大限の注意を

それから、もう1つ重要な事を書いておきます。世の中には、人の金を騙そうとする輩、あるいはそれを強く目当てにする輩がいるという事を覚えておいてください。

そういう人間は妙に魅力的に聞こえる事を言ってきたりしますが、果たして彼ら彼女らが言う事がマトモなのかどうか、よくよく考えてください。株式投資ではウルフとか、ブログ運営ではイケハヤとか、魑魅魍魎が跋扈している世界なのです。

しかし、投資は完全に100%自己責任ですし、副業も含めて何らかのビジネスを志すにしても、完璧に自己責任の世界です。他人の言う事を判断するには、社会とのつながりを幅広く持ち、一般常識を養いつつもバランス感覚を鍛える事が大事です。

せっかく貯金したり投資したりして増やしたお金を、詐欺師やその同類のような連中に掠め取られないよう、気をつけてくださいね。

お金に興味があるならば、お金の本は目に付くものは全て読むくらいがちょうど良いですね。お金だけでなくて、人生そのもので成功しようと思ったら、ひたすら勉強ひたすら実践です。人の何倍も勉強して、勇気をもって突き進んでいってください。

・・・と言う事で、これからの人生、お金以外も含めて成功する事を願っています。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る