野村證券から購入した通貨選択型投資信託の取り扱いをどうするか

基本的に投資と言うのは、100%自己責任です。だからこそ、事前にしっかりと勉強をして、自分なりに判断して投資しなくてはなりません。そこを省略して営業マンのいう事を聞いているとどうなってしまうのか、今回のご質問が分かりやすい事例になります。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



 


通貨セレクトコースに関しては全額解約したほうがよろしいでしょうか?

投稿者:法隆寺姫さま(年代不明・女性)2018年10月

はじめまして、ご相談したくメールいたしました。現在N証券会社にてグローバル高配当株日本高配当株プレミアム、両方通貨セレクトコース毎月分配で4年目です。

分配金込みで損が1割ほど出ています。新興国の為替も今後厳しいのでゴールドマンサックスインインターネット戦略ファンドに早く乗り換えてください。と担当者から言われています。




手数料のことも考え、ネット証券でemaxisslim先進国株式インデックスか、iFree S&P500インデックスiFree NYダウ・インデックスなど考えているのですが、通貨セレクトコースに関しては全額解約したほうがよろしいでしょうか?それとも国債などの商品にすべきでしょうか?

もっと早くこの相談が出来たらと悩む日々です。店の経営も赤字状態。老後資金として考えています。わかりにくい文章で申し訳ありません。誰にも相談できず、困っています。どうぞよろしくお願いいたします。



ご回答:支離滅裂な投資なので、何をしたいのかご自身でじっくり考えましょう

あなたの投資手法は一体何なのか、よく考えましょう

法隆寺姫さま、ご質問ありがとうございます。老後の資産を貯めようとして、(恐らく)野村證券の営業マンに、その欲望を都合の良いように使われてしまっている現状が、ヒシヒシと伝わってきます。

今回のご質問は、通貨選択型の毎月分配型投資信託を解約したほうが良いのか、あるいは手数料を考えてインデックスファンドを買ったほうが良いのか、そんな表面的な回答をするような内容ではありません。

重要な点を申し上げるとしたら、ご自身は一体全体、どんな投資をしたいのか、そこからじっくり考え直す必要がある、と言う事でしょうか。

ご質問文にリンクを設置していますので、まずは該当するファンドのところをクリックして頂いて、1つ1つよくお読みください。そして、何故、法隆寺姫さまはそれらに投資する必要があるのか、胸に手を当ててしっかりと考えて欲しいのです。

ゴールドマンサックスインインターネット戦略ファンドじゃなくてeMAXIS Slim 先進国株式インデックスのほうがコストが低くて優秀だとか、そういう意味ではありません。

「あなたは一体、どんな投資スタイルなのですか?」という質問を投げかけた時に、きちんと回答出来るような状態になる必要があります、という意味になります。

例えば同じ質問を当サイト管理人に投げかけられたとしたら、私はすぐに答える事ができます。「私は元本が大きく変動せず、常に安定的なインカムゲインを取る事ができて、しかも節税も含めてコントロール可能な領域が非常に広く、更には銀行からお金を借りてまで行う事の出来る不動産投資をメインにしています」と。

追加で「元本の大きな変動のある紙の資産への投資は、iDeCo(個人型確定拠出年金)つみたてNISAのような、投資と言うよりは節税のメリットの方が魅力的にも感じるような制度の範囲内で、インデックス投資を行います。常に市場の平均値レベルで資産の成長を取りに行き、長期で着実に増やします」と。

妻に関しては、「安定的に分配金を確保するために一般NISAの制度を使ってETFに投資をして、タコ足分配ではない健全な分配金を獲得する」という部分と、「外貨FXを使って非常にリスクの高い投機を行い、通貨間の価格差による収益機会を狙います。ただし資金管理は万全にします」という2点を挙げる事ができます。

世の中には様々な投資手法があり、どれが優れているとか劣っているとかはありません。例えばインデックス投資などは個人的には非常に優れていると思うのですが、妻にとっては「利益確定が数十年後の老後にしかできないようなまだるっこしい投資など100%興味なし」と言う事になるので、全く合わない投資手法になります。

そして、「法隆寺姫さまはどのような投資をしているのですか?」という問いかけに、どう回答するのかを考えるようにして下さい。それまでは投資など、化粧品のお試しセットを買うレベルのごく少量での購入以外は、やってはいけません。

ここ数年は極めて相場が絶好調でしたから、適当に投資をしても生き残っていられますが、今の状態で暴落相場に遭遇したら即死ですから、今回はたまたま幸運だったと思うようにして下さい。


証券会社の営業マンを信じるものは救われるのか?

よく分からないので、証券会社の営業マンや銀行の店頭の営業スタッフに聞きに行く、というのは最もやってはいけない事だと思います。

彼らは、あなたに金融知識を付けるために存在している訳ではなく、証券会社や銀行にとって、もっとも利益になる商品を推奨する営業マンでしかありません。

だいいち、社会人にもなって、タダで投資の勉強を教えてくれる人など、いる訳がありません投資の勉強は、全て自分から進んで行わなくてはならないのです。

したがって、投資の勉強をしたくない、あるいはめんどくさい、はたまた勉強しても出来ない分からない、といった状況にあるならば、投資など一切やってはいけません。その場合は、不勉強でも決して損をしない、定期預金で増やすようにして下さい。

参考定期預金の鬼(当サイトの姉妹サイト)




今回、野村證券の営業マンの言う事を聞いて、良い事があったでしょうか? 極めて複雑で、買ったご本人には全く理解できていないと思われる通貨選択型の毎月分配型投資信託を買い、そして損をさせられた張本人から、「ゴールドマンサックスインインターネット戦略ファンドに乗り換えろ」と言われて、誰が信用できるでしょうか?

絶対確実に得するのは、2つの投資信託を買わせて、今回そこから別のファンドに乗り換えさせることによって手数料を取る事ができる野村證券だけです。おまけに信託報酬も高いですから、買わせたら数年に渡って美味しい手数料が転がり込みます。

このような実態の営業マンの無責任な「意見」を聞いてお金持ちになれるのならば、今ごろは日本中に大金持ちがウヨウヨしている筈です。法隆寺姫さまも含めて、決してそうなっていないという現実が、全てを物語ります。

彼らは、不勉強で努力しないにもかかわらず金銭に対する欲望だけは一人前の「投資家もどき」を捕まえて、合法的にそこからお金を掠め取っているだけなのです。


通貨選択型投資信託を解約したほうが良いのか

以上まで読んで頂くと、解約して現金を確保して、しばらくは投資ではなくて「勉強」をするべきであるという事が、お分かりになると思います。

下記、野村グローバル高配当株プレミアム(通貨セレクトコース)毎月分配型の分配金を再投資したと仮定して、比較的低コストのインデックスファンド、eMAXIS 全世界株式インデックスとリターンを比較したものです。

3年でダブルスコアが付いてしまっておりますし、ここには表示しておりませんが、5年のリターンではトリプルスコアの大敗北を喫しています。まだるっこしいインデックスファンドに投資していたほうが、長期ではしっかりと報われたという事になります。




野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(毎月分配型)も同様です。超低コストインデックスファンドの<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドにダブルスコアで負けています。




これがもしもインデックス投資だったならば、複数の資産クラスに資産を投じますので、負けが込んできた投資エリアには逆にお金を入れてやり、勝っているエリアへの投資は売却をして過剰にリスクを負わないようにするのがセオリーになります。

しかし、上記の通貨選択型投信はそういう類のものではなく、どこでエントリーして、どうなったら利益確定、あるいは損切りをするのか、投資する前からしっかりと戦略を考えて、「投資タイミング」という非常に難しい判断をしなくてはならないのです。

恐らく投資する際にも営業マンの言いなりになって適当に買っただけだと思いますので、そのようなものは投資でもなんでもありませんから、仮に利益が出ていようが損をしていようが全て売却して勉強をやり直す、というのが唯一の回答かと思います。

もちろん、繰り返しになりますが、タイミングをある程度読んで投資ができる人にとっては、上記の通貨選択型投資信託はインデックスファンド以上に価格のブレが大きいですから、低いところで買い付けをして、インデックスファンド以上にリターンが乗ったところで売却をすると言った買い方ができますので、コストが高くても買う価値があるという事になります。

今回推奨されているインターネット戦略ファンドなどは特定のテーマに集中特化するファンドですから、余計にリスクが高く、価格の上下動は激しくなるものと予想されます。より、タイミングが重視され、その判断ができる人にとっては絶好の収益機会になり得ます。

野村證券の営業マンの事をけなしてはおりますが、買い付けるタイミングや売却するタイミングなどの自分の意見もしっかりと表明できるような投資家に成長すれば、彼らと緊密に意見交換をする事で、高いリターンを上げる事ができるようになる可能性はあります。あくまでも、「言いなり」は全くダメだと言うだけの事かもしれません。

類似する質問インデックスファンドにすれば良いという訳ではない





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る