2000万円の余剰資金を投資に回す具体的な方法について

インデックス投資を知り、「だったら手持ちの資金を一気に投資に回したほうが良いのではないか」と考えた方から、ご質問がありました。投資家ならば多くの人が悩む「一括投資と分割投資」に関しての質問になりますね。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



資金2000万円をどのように投資するか悩んでいます

投稿者:YTさま(30代・女性)2018年11月

長期インデックス投資の魅力を最近知り、iDeCoNISAに夫婦で満額かけています。

子無しが確定しているので、向こう25年ほど使う予定のない資金が2000万円程あるのですが、長期インデックス投資のことを知ったらiDeCoとNISAの満額分では勿体無い気がしてきてしまいました。(企業共済も加入済) どの様に投資するか悩んでいます。

①ドルコスト平均法に習い積立で投資していくか
②長期保有が有利であることから早い段階で多額を投資するか
③暴落が来た時に一度に投資してそれまでは定期預金と少額積立
(暴落が来るかどうかも未知数ですが)

アドバイスどうか宜しくお願いいたします。


 


ご回答:ご自身のリスク許容度に応じて判断しましょう

YTさま、ご質問ありがとうございます。iDeCoNISAに夫婦で満額・・・実に良い響きですね。企業共済も加入済という事は、自営業でいらっしゃいますでしょうか。

仮に企業共済が7万円、イデコが2.3万円、ニーサが3.3万円だとすると、合計で月に12.6万円、夫婦合算で25.2万円、それが年間252万円ですから、今後更に25年間の積み立てを行っていけば、6300万円もの元本になります。

これに投資のリターンが加わり、更には現在の余剰資金が2000万円あるのですから、老後は完全に1億の大台が見えてくる状況ですね。もう、安泰と言っても良いかもしれません。

もちろん老後に使うお金の多寡にもよりますが、老後も一定程度の節約を旨とするのであれば、2000万円は敢えて投資に回さず、高金利の定期預金で堅実に増やすという方法もあります。

「それではお金を寝かせる事になる」とお考えなので、今回のご質問につながったのでしょうから、やはりそれは投資に回したいという強いご意向なのかもしれません。




さて、今回のご質問は、要は手持ちの2000万円を一括投資するのか積み立て投資をするのか、という事ですよね。これについては、以前にも以下の通り回答をさせていただいておりますので、これらを参考にして頂ければと思います。

一括投資の方がドルコスト平均法の積立投資より良いのでは?
ドルコスト平均法は気休めか詐欺か?
積立と一括購入はどちらが有利か?
専業主婦が2000万円で投資信託を買い付けようとする事例
相続で手にした2000万円の運用をどうするか?


一括投資と積み立て投資のどちらが良いのか答えがあるのならば良いのですが、そのようなものはありません。だからこそ、当サイト管理人も含めて、悩むのですね。

そして、長年投資を実行している多くの人は、積み立て投資と一括投資を併用しています。相場のどこが底や天井なのかは後から振り返らないと一切分かりませんから、基本的にはドルコスト平均法を用いて積み立て投資を行います。

それと併用して、相場が大きく下落して、多くの人が恐怖を感じる瞬間に、10万円単位でスポット投資を行う人が多いと思います。できれば「暴落」と呼べるような、年に1回あるか無いかの急落局面で、スポット投資を行いたいですね。

注意するのはスポット投資のし過ぎです。ITバブル崩壊やリーマンショックなどの大暴落の時にスポット投資などをやると、あっという間に資金が底をついてしまいます。従って、どういうルールでスポット投資をするのか、事前に決めておく必要があるでしょう。

かと言ってスポット投資が少なすぎると2000万円が遊んでしまいますから、バランスを取る事が大事ですね。ちょうど今日、以下のような記事を見かけたので、「こんなやり方もあるよ」という参考としてご覧になると面白いかもしれません。

参考下げ相場を好機に・投信買い下がりで資産倍増狙う


当サイト管理人は、妻の口座はつみたてNISAではなくて一般NISAです。となると、買い付けする時はスポット投資と事実上同じになりますから、最初の頃はチャートを見て、買い付けの判断をしていました。

が、最近はそんな事も面倒になり、相場が急落してマスコミが「日経平均株価が○○円の急落」などのようなニュースを流したような時に、適当に買うようになりました・笑。そう、YTさまがおっしゃる通り、「長期保有が有利であることから早い段階で多額を投資する」という事をやっている訳ですね。

でも、このような事をやっていると、本当の暴落が来た時に、含み損失などは猛烈に大きくなります。リーマンショックのような大暴落が再来したら、株式部分の評価損は、平気で半値になる事でしょう。

結局は、それに耐えられるか否かだけなのです。耐えきれるなと思ったら好きなタイミングで投資すれば良いですし、それは嫌だなと感じるのであれば、あくまで積み立て投資を基本として下さい。

手持ちの2000万円も、5年がかりで分割して投資するくらいで宜しいのではないでしょうか。年間400万のスポット投資になりますし、これを12分割すると33.3万円です。この金額を、通常の積み立て投資以外にスポット投資してやれば良いと思います。

当サイトはインデックス投資で無理のない投資をしてゆく事を最上としておりますので、以上のような無難な回答になる訳ですが、2000万円が「消えてなくなっても良い資金」という事であれば、レバレッジをかけて、ギャンブルまがいの投資で増やそうとしても、別に悪いという訳ではありません。増えればあっという間に「億」ですし。

投資の手法は多岐にわたりますので、とにかくご自身にとってベターだと思えるやり方を実行してゆく事が、結局は一番だと思います。基本的には期待リターンがプラスになるような投資を基本としながら、サブ的に、何か楽しく思えるような事をやっても良いかもしれません。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る