一般NISAで購入したファンドは売却しても良いのか?

既に何年か、投資信託を活用されていらっしゃる方から、増えすぎたファンドを整理するために、どのようなタイミングで売却・乗り換えをしていけば良いのか、ご相談がありました。

確かに低コストインデックスファンドを追い求めると、むやみに数が増えてしまう事になりかねませんので、多くの人が抱えていらっしゃる悩みかもしれません。

投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください


 


投資商品の種類を整理して減らしたいと思っています

2018年12月:nuta様(男性・年代不明)よりのご質問

今回は投資信託の買い替えのタイミングについてご質問させてください。数年前から堀田様のWEBを参考に投資信託をはじめましたが、ノーロードで低コストなファンドを求めて何回か購入信託を変えており、気づいたら20種類ほどに増えておりました。(いずれも当時は低コストだったインデックス商品です)現在はeMAXISslimシリーズで落ち着いております。

できれば、投資商品の種類を整理して減らしたいと思っているのですが、ちょうど現在の下げ相場で、含み損が出ているものがいくつかあります。ノーロードの投資信託を売却して、同じ資産クラスの低コストの投資信託に買い替える場合、

・NISA/積立NISA以外の課税口座の場合、含み損が出ている状態で買い替えれば、課税されなくてコストのみ下げられてお得

・NISA/積立NISAといった非課税口座の場合、基本は長期で含み益が出ることを期待して、満期まで待ってから乗り換えるのがお得
(先の相場はわからないので、満期でたまたま含み損が出ていたら仕方ない)


という考え方であっているのでしょうか? なお、アセットアロケーションは過去に何度か見直した上で、現在は自分のしっくりくるものが出来上がっております。以上、よろしくお願いいたします。



NISA口座


ご回答:投資スタイルによって、何がベストとは言いにくい部分があります

nuta様、いつも弊サイトをご愛読いただきまして、ありがとうございます。基本的には、ご質問文の中でnuta様がおっしゃられた解釈で、間違いございません。ここではそれに若干付け加えて、回答とさせていただきますね。


一般口座の場合は、含み損が出ているタイミングで

一般の課税口座の場合は、含み損が出ているタイミングは、絶好の乗り換えタイミングです。損を確定させるわけですから、当然ながら課税は無く、むしろ損失確定を確定申告しておけば、向こう3年間は損失を繰り越す事が可能です。

万が一に、今後3年以内に別のファンドで利益確定をせざるを得なくなった場合に、過去の損失と損益通算する事ができ、納税金額の圧縮が図れます。

インデックス投資をやっており、まず3年間で利益確定する事などはほとんど考えられないし、そもそも確定申告するような金額とは思えないという場合は、確定申告は面倒くさいという事で、特に手間をかける事もないかもしれませんが。


一般NISAは投資家の考え方次第

NISAは、売却してしまうと「枠」自体を消費したままになり、そこに新たに同じ金額分を買い付ける事は出来ませんので、 基本的には満期まで持つのが良いとされます。

しかし、敢えてテーマ型ファンドなどを買って、短期的な値上がり益を目指すような投資に使う人もおられると思います。そのような投資をしているのであれば、相場に応じて基準価額が落ちてしまう前に売却して、利益確定をしてしまうのも1つの手です。

インデックス投資を行っている場合であっても、一般NISAは利益を出して初めて価値が出てくると考えた場合は、利益確定のタイミングは人それぞれでしょうが、売却してしまうのも悪くはないと思います。

もちろん、タイミングを図るのが苦痛だからインデックス投資をしているという事であれば、そのまま持ち続けても良いかもしれません。

ただしその場合、10000円で買ったものが値下がりして8000円でNISAから課税口座に移管される場合は、8000円が新たな取得価格とされてしまいますので、その後に値上がりして10000円の元の価格に戻っただけで2000円が利益とされてしまいます。

本来なら無税の筈が、NISAを絡ませることで2000円の約2割の400円が税金として差し引かれてしまい、逆に損した事になってしまう可能性がある事は頭の隅に置いておきましょう。従って、一般NISAの場合は、同値撤退くらいがちょうど良い塩梅なのかもしれません。

このような事を考え始めるとキリがなく、だったら20年スパンで投資ができて、まず損する事は可能性としては低いかなと思えるつみたてNISAをひたすら積み上げてゆくのがベターだなと感じます。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る