相変わらずの投資信託・ファイナンシャルスタンダードが提案する商品

フィナンシャルスタンダードの評価を落とすような提案や、IFAは自分の手数料の事しか考えていないのかで記載したとおり、とにかく酷い高コストの投資信託ばかりを提案して来る(しかも同じ投資信託を複数の人に提案)ファイナンシャルスタンダード社ですが、2019年に相談に行って、以下のような商品を勧められたとの情報提供がありました。ご覧ください。

投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください


 


ファイナンシャルスタンダードで個別相談をしてきた結果

2019年2月:KS様(男性・50代)よりのご質問

ファイナンシャルスタンダードで個別相談をしてきた結果を検討してください。

・第一生命社債 ドル建て1000万円 年利4%
・住友生命社債 ドル建て1000万円 年利4%


投資一任サービス 1500万円投資 手数料が10年間で300万円かかる これは高過ぎると思う。

・東京みのり投信 150万円
・日本株式リサーチマーケットニュートラルファンド 300万円
・米国株式配当貴族・為替ヘッジあり 75万円
・MFSプルーデントファンド     150万円
・楽天スタイルリスクプレミア戦略ファンド 75万円
・GCIオルタナティブバスケットファンドV10 75万円
・システマティックグローバルマクロ戦略ファンド 225万円
・ステートストリート債券タームスプレッドプレミア戦略ファンド 150万円
・ステートストリート先進国債券インデックスオープン(為替ヘッジあり) 300万円


この説明で「オルタナティブ」についての考え方を紹介され、これを組み入れることによって安定的な収入になる… 澤上ファンドはインデックスと同様の動きをしているからだめ…などリーマンショックのような時でも、アクティブの組み入れ方によって、落ち込みを少なくできるそのような提案をしているという説明がありました。

でも、最終的には、この会社の利益につながるようなパッケージ商品を売りつけているのだろうという疑いは持ち続けています。

なんと言っても、運用手数料込みで年間2%~3%の費用がかかる点に疑問があります。1500万円投資なら、年間30万円。それが10年間なら300万円ですね。

これは、費用対効果の初期投資ですから…といわれても、あまりに大きな金額と言わざるを得ません。投資成績の割合は、運用手数料を引いた成長ですといわれても…そんなうまい話はないだろう… 来週、もう一度相談に行くことになっています。

ファイナンシャルスタンダードの商品


ご回答:常識的に判断すると、どう考えてもあり得ないと思うのですが・・・

まず、為替リスクのある社債に2000万円突っ込むとか酷い

KS様、情報の提供ありがとうございました。拝見すると、ファイナンシャルスタンダード社が紹介する商品内容は昨年までと違いますね。昨年までも酷いものでしたが、2019年も、同様になお一層ひどいです・笑。

まず、年齢から考えると、ここから大きなリスクを取ってゆく事は、一般的には避けたほうが良いと思います。もしも失敗したら、収入は期待できませんから、リカバリーする事がほとんど不可能な状態に陥りかねません。

KS様がどれほどの投資に相応しいお金、すなわち余裕資金を今回突っ込むのかお便りからは不明ですが、為替リスクのあるドル建ての社債に2000万円も買うのは、正直言ってかなり引きます。

第一生命や住友生命の倒産リスクは著しく低いとは思いますが、それでも個別株同様に、倒産したら紙くずになる社債に対して、2銘柄に集中投資する訳です。企業の信用リスクまで追う訳ですから、ファイナンシャルスタンダード社が何を考えて提案するのかは全く意味不明ですが、私から見ると異様な提案だと感じます。

為替リスクは皆さんが思っているよりもはるかに大きいです。100円を中心にすると、過去10年では上下それぞれ20%以上もの価格の変動を起こしています。

例えば、下記のドル円の10年チャートでは、現在の110円近辺に対してそれよりも上だった時期を青枠で、そして下だった時期を赤枠で示しました。

円高になるリスクも相当大きいのだなと、感覚的に理解できると思います。円という通貨は常に円高リスクにさらされる通貨であり、安易に為替リスクを取ってはならないという事になります。




ちょうど今、米国が利上げに向かっている事から、ドル円は更に円安に振れると予測する人も多いですが、最近のニュースでは利上げを断念する方向とも伝えられ、要は為替は予測などほとんど無理ゲーですから、為替の見通しをしたり顔で語る人がいたら、それは詐欺師かそれに近い人間だと思っていただいたほうが身のためでしょう。

株価の予測なども同様に極めて難しいのですが、株というのは期待リターンが常にプラスなのに対して、為替相場はゼロサムです。従って、将来は株は上がると言っておけば長期では間違いではなく、逆に株は下がるという人間がいたら、詐欺師かもしれません。

以上より、期待値がゼロであり、倒産リスクまでも存在する社債に、財産の大半をっ突っ込むのだとしたら、それは無謀としか言えない事になります。

もちろん、先の事は分かりませんし、数年後に振り返ると「あの時投資していれば良かった」と思うかもしれませんが、大事なのは、今この瞬間にギャンブルをするわけにはいかないという事です。常に、期待値がプラスの分野に資金を入れておく事が大事です。


紹介された投資信託のラインナップとコスト

そして、投資信託です。社債への投資が合計2000万円なのに対して、投資信託の購入は1500万円と、・・・こちらも多大な額に上りますね。合計3500万円と言う事は、当然ながら同じくらいの現金を確保していらっしゃらないと、投資する資格も無しです。

KS様が保有している資産の全体像が分からないので何とも申し上げにくいですが、これらの提案に仮に乗る場合は、全体で5000万円以上の資産を持っていらっしゃる事が大前提だと思います。

そして、提案された投資信託のコストに言及されておられましたが、今回はファイナンシャルスタンダード社はIFA向け楽ラップなる商品ぐうを多数紹介してきており、IFA手数料ページから検索ができないようになっています。

楽天証券で当該ファンドの検索をかけると「ノーロード」」と表示されますが、IFA手数料が取られるのかどうかはよく分からず、ここはファイナンシャルスタンダード社に確認をすると良いでしょう。

それにしても、急に楽ラップばかりを紹介して来られると、楽ラップがイマイチ浸透しないので、困った楽天証券が何とかしてくれと泣きついてきたのではないかと邪推したくなります。あるいは、契約者が知り得ない、何かお金のやり取りが裏で有るのでしょうか?

販売手数料 信託報酬
みのりの投信 3% 1.75%
日本株式リサーチ・マーケット・ニュートラルファンド 楽天証券のIFA手数料一覧ページで見つからず、販売手数料不明。IFA向け楽ラップ専用商品。信託報酬は0.66%。
野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型 1.8% 0.5%
MFSプルーデント・ファンド(米ドル売り円買い) 楽天証券のIFA手数料一覧ページで見つからず、販売手数料不明。IFA向け楽ラップ専用商品。信託報酬は0.83%。
楽天・スタイル・リスク・プレミア戦略ファンド 楽天証券のIFA手数料一覧ページで見つからず、販売手数料不明。IFA向け楽ラップ専用商品。信託報酬は1.48%程度。
GCIオルタナティブバスケットファンドV10 楽天証券のIFA手数料一覧ページで見つからず、販売手数料不明。IFA向け楽ラップ専用商品。信託報酬の1.24%の他に成功報酬を取る。
システマティック・グローバル・マクロ戦略ファンド 楽天証券のIFA手数料一覧ページで見つからず、販売手数料不明。IFA向け楽ラップ専用商品。信託報酬の0.86%の他に成功報酬を取る。
ステートストリート債券タームスプレッドプレミア戦略ファンド 楽天証券のIFA手数料一覧ページで見つからず、販売手数料不明。IFA向け楽ラップ専用商品。信託報酬は0.455%。
ステートストリート先進国債券インデックスオープン(為替ヘッジあり) 楽天証券のIFA手数料一覧ページで見つからず、販売手数料不明。IFA向け楽ラップ専用商品。信託報酬は0.2%。


紹介された投資信託の運用成績

そして、投資信託です。もう、酷いの一言です。特に、2018年9月(あるいは7月)に新規に設定されて、まだ運用報告書に何も書かれていない、実力が全く不明なアクティブファンドを買わせるのはいかがなものかと思いますね。

そしてそれらは、以下の表では絶対収益追求型ファンドと称されます。ベンチマーク運用はダメだと、ファイナンシャルスタンダード社はセミナーで発言しており、その考えをさらに推し進めた形になっているようです。

しかしながら、日本の庶民が買うような絶対収益追求型ファンドとは、単に標準偏差(=価格変動リス)を著しく下げるという、大損はしない代わりに全く儲からないものばかりであり、そんなものに高いコストを支払って投資するのはちゃんちゃら可笑しいという事になります

しかも、月報を見ても、投資家には理解不能な事ばかり書かれていますし、ファンドマネージャーの腕が良いのか悪いのか、一切分からないです。投資において、理解或いは判断できないものに投資してはならないのは、大原則と言って良いでしょう。

ほとんど類似のファンドをいくつも推奨して来るというのも、理由が全く分かりません。売ってくれと頼まれているのかもしれません。


(種類の「べ」はベンチマーク運用、「絶」は絶対収益追求型、「無し」はいずれでもない)
ファンド名 当サイト管理人の講評 種類
みのりの投信 TOPIXインデックスファンドと同等で投資する意味なし。
日本株式リサーチ・マーケット・ニュートラルファンド 2018年7月設定の海のものとも山のものともつかない新設ファンドを紹介するのはどういう了見か。絶対収益と偉そうな言葉で紹介されるが、単に標準偏差が著しく低くなるだけなので、株式に投資する意味なし。そういう人は国内債券か為替ヘッジ付き外国債券で全くもって十分。
野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型 これを選択する事には一定の理解を示す。ただしサテライト的に買うファンドなので、コアのファンドが存在することが前提であり、ファイナンシャルスタンダード社の提案にはそういうものが無いので、このセレクトも意味が無い。
MFSプルーデント・ファンド(米ドル売り円買い) 世界各国の株や債券に投資しつつ為替取引も行う複雑なファンド。2018年9月設定の海のものとも山のものともつかない新設ファンドを紹介するのはどういう了見か。DCニッセイワールドセレクトファンドの安定型や債券重視型のようなバランスファンドで全くもって十分。 無し
楽天・スタイル・リスク・プレミア戦略ファンド ロボットの力を借りて世界各国の株や債券、通貨に投資。2018年9月設定の海のものとも山のものともつかない新設ファンドを紹介するのはどういう了見か。月報を見ても、どの国の何に投資しているのかも定かでない。DCニッセイワールドセレクトファンドの安定型や債券重視型のようなバランスファンドで全くもって十分。
GCIオルタナティブバスケットファンドV10 世界各国の株、債券、通貨などの先物にロングとショートを行う。2018年9月設定の海のものとも山のものともつかない新設ファンドを紹介するのはどういう了見か。DCニッセイワールドセレクトファンドの安定型や債券重視型のようなバランスファンドで全くもって十分。
システマティック・グローバル・マクロ戦略ファンド 世界各国の株や債券、通貨に投資。2018年9月設定の海のものとも山のものともつかない新設ファンドを紹介するのはどういう了見か。DCニッセイワールドセレクトファンドの安定型や債券重視型のようなバランスファンドで全くもって十分。
ステートストリート債券タームスプレッドプレミア戦略ファンド 日本を含む先進国債券にロングとショートを行う。2018年9月設定の海のものとも山のものともつかない新設ファンドを紹介するのはどういう了見か。下段のステートストリート先進国債券インデックスオープン(為替ヘッジあり)だけで全くもって十分。
ステートストリート先進国債券インデックスオープン(為替ヘッジあり) これについては特に問題は無いが、なぜこのファンドを選ぶのかの理由が不明。唐突に何故、これと先述の野村の米国株式ファンドがインデックスなのかがよく分からない。


上記の赤字にした部分の、絶対収益追求型ファンドと称するファンドについて、補足しておきます。講評でリンクを設置している、超絶な低コストファンドであるDCニッセイワールドセレクトファンドの安定型(ノーロードかつ信託報酬0.12%)と比べてみましょう。

ファイナンシャルスタンダード社が紹介する商品のリターン


これを見ていると、単に日本の国債を多数含んだバランスファンドを買っておけば、必要十分である事が分かります。

リーマンショックのような時の価格の落ち込みを少なくするには、彼らの提案してきた絶対収益追求型ファンドで良いとは思いますが、わざわざそんなものを選ばなくても、満足するレベルで落ち込みなどは防止できると考えられます。

そもそも、これらの提案されたファンド群は、肝心のリーマンショックのような激変相場を体験していません。どうしてそんなことが信用できるというのでしょうか。

もちろんDCニッセイワールドセレクトファンドの安定型は2017年に新規設定ですが、それよりもわずかにリスクを取る「債券重視型」については2003年設定であり、リーマンショックよりも更に5年前から運用されています。

DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型)の基準価額の推移


インデックスファンドですから、投資先の資産クラスがその時期にどれだけの価格変動が有り、それらを合算するとファンドとしてどんな値動きだったのか、誰でも一目瞭然です。

上記の運用実績を見ると、設定来でゆるやかな右肩上がりであり、リスク回避的な資産配分比率(国内債券が45%)と時間の効果によって、元本割れも一瞬しかありませんでした。それも9807円(赤枠)と、ほんの少しだけです。

それでもリーマンショックの2009年には下落が目立ちますから、とにかくもっと下落のないものが欲しいという時には、国内債券比率が60%にも上る安定型を選べば、大過なく投資ライフを送れることでしょう。

ちなみに、ここではたまたまDCニッセイワールドセレクトファンドを選んでいますが、同様のバランス型ファンドは他にもありますので、リスク許容度に応じてファンド選びができます。


さわかみファンドも、えらい迷惑だな・笑

ファイナンシャルスタンダードによると、さわかみファンドはインデックスファンドと同様の値動きだからダメとの事です。たしかにインデックスとかなり近い値動きですが、過去3年で見ると、インデックスファンドを2%程度上回る成績です。

一方で、彼らが推しているみのりの投信は、そのさわかみファンドよりも、そしてインデックスファンドよりも大幅に悪いリターンです。

2016年から2017年にかけては、あのひふみ投信に匹敵するリターンを上げましたが、直近1年でその時のリターンをすべて吐き出すボロボロの大負けを喫して、結局インデックスファンド以下となりました。




そもそも、みのりの投信などを勧めないで、ひふみ投信を推奨すれば良いものを、どうして実らないみのりの投信など勧めてくるのか、全く意味が分かりませんね。

ちなみにそのさわかみファンドですが、過去5年でも10年でも、実はインデックスファンドよりも高いリターンを上げています。アクティブファンドとしてはそこそこ頑張っているとも言え、引き合いに出されていい迷惑だと思います・笑。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る