国内リートの投資信託は、どれを選べば良いのでしょうか

今回は、J-REIT投資信託についてのご質問です。比較的簡単に読む事が出来ると思います。他の資産クラスのファンドを選ぶ場合も、同様の考え方で選ぶと良いですね(^^♪


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください


 


J-REITの投資信託のどれを買うか迷っています

2019年9月:YN様(男性・40代)よりのご質問

はじめまして。いつも投資信託を購入するときは、参考にしています。最近、国内リートの投資信託について興味を持ちましたので、購入を考えています。自分なりに考えた結果、

三井住友DC日本リートインデックスファンド
SMT Jリートインデックスオープン(SMBC日興証券で購入でノーロード)


となりました。しかし、三井住友は下方乖離問題があり、躊躇しています。が、直近は下方乖離ですが、乖離幅が小さくなったようですけど…

一方、SMTは資産が大きく安定運用でそこまで酷くないですが、信託報酬が高い。どうしようか迷っています。

また、第三の手として、淡い期待ですが、e maxis slimシリーズで新設定がされるかもしれないと思っています。(根拠がないですが、なきにしもあらず) はたまた、別の投資信託を再考するのがいいのかな?

もしよかったら、助言お願いします。





ご回答:Smart-i Jリートインデックスという選択肢で良いのでは?

YN様、当サイトをお読みいただきまして、ありがとうございました。J-REITの投資信託の購入を検討されていらっしゃるということですね。

今回のご質問に対する回答はシンプルでございまして、現状、Smart-i Jリートインデックスの一択ということで宜しいかと存じます。

ご質問の2つの投資信託と、更に2つの超低コストのJ-REITインデックスファンドを追加して、以下の合計4つのファンドでリターンをチェックしてみます。

Smart-i Jリートインデックス(信託報酬0.17%)
<購入・換金手数料なし> ニッセイJリートインデックスファンド(同0.25%)
三井住友・DC日本リートインデックスファンド(同0.25%)
SMT J-REITインデックス・オープン(同0.40%)


以下、過去約2年ほどのリターンの比較になります。信託報酬最安のSmart-i Jリートインデックスの運用歴がまだ短いため、2年間での比較です。

こう見るとほとんど差は無くて、投資に対してよほど人並み外れた興味関心が強い人以外は、インデックスファンドを選択するということ以外、余計な詮索は不要ですね・笑。

Smart-i Jリートインデックスのリターン(2年間)


直近1年で見てみると、信託報酬が最安値のSmart-i Jリートインデックスに、わずかに優位性を認めることができそうです。であるならば、面倒でなければ、これを買う事で良いのではないかと思います。

Smart-i Jリートインデックスのリターン(1年間)


ただ、SMT J-REITインデックス・オープンであっても特に何も問題は無いと言っても良いですし、利用する証券会社がSMBC日興証券なのであれば、SMTでもOKです。

性格的に、コンマ数パーセントのリターンの差がどうしても気になるという場合においてのみ、別の証券口座を開いて、Smart-i Jリートインデックスにすれば宜しいのかなと思います。

なお、eMAXIS Slimインデックスシリーズに日本リートファンドが追加されるかどうかは、全く分かりません。仮に追加設定されるとしてもSmart-i Jリートインデックスと同じく0.17%近辺だと思います。

はっきりしないものを待ち続けるのは大変に非現実的ですから、コストにこだわるのでしたら、今からSmart-i Jリートインデックスを買っておけば同じ事だと思います。

そして今後も数年に1回、それぞれのファンドのリターンをチェックして、気になる程度の差が出てくるようであれば、ファンドの乗り換えをするということで良いと思います。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る