国際分散投資における日本への投資比率・・・答えは無く、各自が見つける

今回は、国際分散投資をするにあたって、日本市場に対してどの程度の投資比率とすれば良いのか、というご質問です。簡単なようで難しく、難しいようで簡単。当サイト管理人が悩む事はありませんが、人によっては非常に悩ましい事柄なのかもしれません。


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください


 


国内のウェイトを増やすメリットはあるのでしょうか?

2019年9月:まっつん様(男性・30代)よりのご質問

いつもサイトを拝見させて頂いております。現在、つみたてnisaiDeCoを活用しております。この頃、内訳をちょっと変更しようかと思っております。最終的に、株式投信70%・債券投信30%とするつもりです。どちらも国内と先進国とし、新興国は除きます。

ここで1つ目の質問なのですが、世界市場と日本市場を比較しすると、日本市場は10%位だと思っています。それを考慮した場合、例えば株式投信の内訳も国内10%、先進国90%とする方が、より分散投資になるのでしょうか?

また、国内のウェイトを増やすメリットはあるのでしょうか?

2つ目の質問ですが、例えば国内株式投信でも色々な商品がありますが、1本に絞って購入するより、複数の商品を購入した方がリスク分散になるという解釈で良いでしょうか? また、1本に絞るメリットとかはありますか?

ご教授お願いします。


分散投資の日本への比率


ご回答:ご自身の中で何か意味が有って投資比率を変えるのはアリではある

まっつん様、当サイトをお読みいただきまして、ありがとうございました。

さて、今回のご質問で理解できない点があります。それは、日本市場のサイズを気にしていらっしゃいながら、新興国への投資は除外するという点です。

日本市場は、浮動株調整時価総額比率では10%ほどとなり、GDP比率では5%程度となります。GDP比率で投資する事は事実上難しいので(この部分は説明省略)、となると現実的には10%という数字で日本に投資をする事になります。

一方で、浮動株調整時価総額比率において、日本を除く先進国の投資比率は、米国を中心にして80%ほどにもなります。そして残りを新興国が占め、日本と同程度の10%となります。

この時、日本を10%組み入れて新興国は除外する理由が、よく分かりません。比率を気にされるのであれば、新興国まで含めて、きちんと国際分散投資をしなくてはならないと思います。

分散投資を気にしておられながら、その分散先の新興国を切ってしまうというのは、どうにも私には理解しにくい考え方です。

もしかしたら、ここ数年の新興国株リターンが悪く、また、ここ最近で世間一般で言われているような新興国のファンダメンタルズが非常に「お先真っ暗」に見えるからというだけの理由で、外してしまっているのでしょうか?

日本、先進国、新興国の株式の過去3年のリターン


だとしたらそれは、かなり恣意的に世界の経済の先行きを見通そうとしている行為にほかならず、国際分散投資の考え方に反するものとなります。

また、ごく一般の人が「今後どのエリアが伸びるのか?あるいは逆に低迷するのか?」といった事が「当たる」など、ほとんど考えない方が良いとも思います。プロでさえ当てられないものが、一般人に分かる筈もないからです。

参考資産クラスごとの毎年のリターンを確認してみて下さい


国内株を増やすメリットは、投資スタイルによりけりなので、一概には何とも言えません。

例えば、先進国や新興国への投資は分かりにくい、理解しにくいと思っておられて、それだったら国内株の比率を意図的に増やしたほうが心地よく投資できると考えるのであれば、比率を高めてあげる事は投資を続ける上でのメリットになるのではないでしょうか。

個別株投資を行う人だと、日本市場だけは個別株を買い、外国株はインデックスファンドに投資をするという人もそれなりにいらっしゃると思います。この場合は、投資をしていて楽しく感じる現物株投資の割合が、自然と高くなってしまうかもしれません。

要は、まっつん様にとって、比率を上げる意味や目的があるのかどうかです。(新興国株への投資をゼロにするということも、きちんとした意味が有るならばOKという事です。)

特に意味が無い事に対して、メリットが有るとか無いとか言うのは、それ自体が意味をなさない質問や回答になってしまいますね。

株式投信70%・債券投信30%という比率は、これがご自身のリスク許容度に応じたものであるならば、全く問題ありません。リーマンショック級の大暴落が発生した時に、数百万あるいは1000万円単位のお金を投資していたとして、膨大な含み損に耐えられるかどうかで、ここは判断して下さい。

同じ資産クラスの投資信託を複数持つことに関しては、これはほとんど無意味だと思います。株と債券に投資するならば、コストが最安のeMAXIS Slimインデックスシリーズだけで投資しておいて問題はありません。

このシリーズの投資信託は構造がシンプルなので、コストが安い分だけリターンが増加する事が強く期待されますので、他を買うと管理上も面倒くさいと感じる事もあるでしょうし、「守備範囲」を広げ過ぎない方が良いと感じます。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る