8資産均等バランスファンドリスクの高さは、欠点にもなりうる

今回は、今後余り働く事がしにくい状況の中で、8資産均等バランスファンドを利用して積み立て投資をしてゆく事の是非です。本当に8資産均等型で良いのでしょうか?


投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください


 


リスク管理としてこれでは不十分でしょうか?

2019年9月:芋煮様(女性・30代)よりのご質問

はじめまして。30歳になり投資信託を始めようと思っています。こちらで勉強させていただき自分なりに以下のように考え計算してみいました。

【口座】
マネーブリッジを利用したいので楽天積み立てNISAを予定しています。

【投資資金】
現在実家暮らしで余剰資金は貯金が丸ごと2000万円ほどです。しかし職が年収130万ほどのアルバイトなので、将来的にはここを取り崩していくことになります。なので初期投資は100万円、毎月の積立1万円で考えています。

【ファンド】
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を予定しています。病気があり思考能力が低下している(将来的に悪化がなくもない)ので、資産の比率を深く考えず置いておけるものをと選びました。

【計算してみたリスクとリターン】
紹介されていたExcelツールを使用してみました。

リスク/12.55    リターン/5.28
初期投資100万、毎月の積立1万円で60歳まで30年=合計460万円の資金投入

以上で計算して

1標準偏差 リスク/7.27(-33万4420円) リターン/17.83(+82万180円)
2標準偏差 リスク/19.82(-91万1720円) リターン/30.38(+139万7480円)


最大損失100万円なら許容範囲だと思っているのですが、リスク管理としてこれでは不十分でしょうか? そもそものリスクとリターンの考え方や、ファンドの選び方(アセットアロケーションの考え方)がこれで悪くはないのかも不安です。冒険してしまっていないかが心配です。アドバイスを頂けると助かります。





ご回答:もう少々、リスクを減らしても良いのではないかというのが第一印象

芋煮様、色々と大変そうな中、弊サイトをお読みいただき、またお便りをいただきまして、ありがとうございました。拝読しまして、これから始めてという方が、ここまできちんと考えをまとめて、なおかつ計算もしていらっしゃる事に、まず感心いたしました。

基本的な事は全く問題無く、1つだけアドバイスをするとすれば、計算結果として出てきた数字に対して、果たしてご自身が許容できる数字なのかを、再度イメージしてみてはどうだろうか、ということくらいでしょうか。

今後の生活を考えると、非常に一般的な言い方になってしまいますが、リスクを取って増やすというよりは、若干なりともリスクを減らして、そう大きく減らないようなアセットアロケーションのほうが望ましいような気が致します

ネット上では、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の評判は良好です。しかし、それは単に著しくコストが安いからというだけであり、当サイト管理人からすると、ごく普通の人が利用するにはリスクが高すぎるのではないかと、常々考えています。

安全資産の割合的に、「ブレーキ役」の国内債券の比率が12.5%しかなく(先進国債券を安全資産と捉えた場合でも25%)、その他は価格変動の大きな資産クラスばかりです。

ネット上でこれを推す人たちは総じて年収が高い印象で、その場合は基準価額が大きく下がっても高い入金力でそれをカバーできますので、大きな問題にはなりにくいです。

今回のケースでは入金力でカバーしにくいという事もあり、もちろん芋煮さまの性格から判断してリスク許容度が高めでも問題無いという事であれば別ですが、病気で思考能力が低下する可能性があるという事ならば、尚更もう少々、今の時点でリスクを下げておいた方が良いような気がします。

もしも今回、コストを第一にファンド選びをしているのであれば、合計460万円の資金投入でコンマ数パーセントのコスト差はほとんど無視して良いくらいの程度なので、例えば0.5%前後のコストのバランスファンドまで選択肢を広げて、再度、ご自身の生活に合うようなファンド選びをしたほうが良いのかなと感じました。

単に私の感覚でしかありませんが、以下のようなファンドなども、チェックしてみてはいかがでしょうか。(為替ヘッジ付きの外国債券は国内債券と同じ数値と考えて、リスクリターンの計算をして良いです。)

たわらノーロード バランス(標準型)(信託報酬0.22%)
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(同0.24%程度)
SBIグローバル・バランス・ファンド(同0.26%程度)


それにしても、30歳までに貯蓄が2000万円もあるというのは、凄いの一言です。よく、頑張って来られたなと思います。誇りに思っても良いレベルだと感じました。



追記:質問者様からお便りをいただきました(^^♪

先日の質問にさっそく回答いただきありがとうございました。バランス=低リスクというイメージが先行し、それぞれの特徴を把握することを怠っていたことに気付きました。

ご指摘を踏まえて再度検討し、こちらのサイトでおすすめされているバランス型ファンドやモーニングスターの検索で出てきたものなどを見ていった結果、回答で勧めていただいた「たわらノーロード バランス」と「楽天・インデックス・バランス・ファンド」が候補になりました。

そこからExcel計算やモーニングスターでのチャート比較を行った結果、たわらノーロード バランス(堅実型)か、たわらノーロード バランス(標準型)が残りました。日本・先進国・新興国の割合がはっきりと提示されているところが好みでした。

リスクは2標準偏差で、堅実型30万、標準型60万ほどとなりました。リーマンショック級を想定して3標準偏差で計算すると堅実型が60万、標準型100万……ちょっと欲を出してみたい気持ちはありますが、じっくり考えるとやっぱり最悪100万はきついかなと思うようになったので悩みどころです。

おそらく堅実型に落ち着くだろうと思われますが、為替ヘッジについてなどもよく調べてから最終決定を行おうと思います。たいへん有意義なアドバイスをありがとうございました!本当に助かりました。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る