FXをアセットアロケーションに含めてよいのですか?

すでに5年以上の投資歴があるものの、トータルで損失を出している人からの質問になります。リーマンショックで何とか退場せずに踏みとどまって、長期分散投資を学び始めたようです。

投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



外貨FXの取り扱いや、アセットアロケーションなどについて

2015年5月:Bun様(男性・50代)よりのご質問

はじめまして。ご縁あってこちらのブログにたどりつきました。本当に勉強になり感謝しております。的外れな質問でしたらご容赦ください。よろしくお願い致します。

当方50代前半の自営業で、会社員の妻(40代前半)と子供が一人の共働き夫婦です。リーマンショック以前からBRICSなどの投資信託、新興国債券、個別日本株、FXなどで資産運用を行ってきましたが、残念ながら現時点でトータルで約200万円くらいの損失をだしております。

しかしなんとか退場せずに踏ん張っております。(管理人様と同じでそもそも投資が好きなのだと思います 笑い) 昨年からもう一度仕切り直して、本を読んだりいろいろ勉強している中で、管理人様に出会わせていただきました。本当に今まで中途半端な知識で投資ではなく投機をしていたのだと分析し反省しております。

そこで、保有していた個別日本株などを処分して下記のとおりに、アセットアロケーションポートフォリオを組み運用を始めました。分析とご意見をよろしくお願い致します。

「アセットアロケーション」
私の現金資産(外貨預金を含む:積立型死亡保険は除外。)の25%を投資する。尚、今後投資資金を増やす場合でも、あと8年で完済の住宅ローン残を一括で返済できるだけの現金は預貯金としておいておく。

「25%のポートフォリオ」
ひふみ投信:43.3%『昨年から始めており含み益がでています。』
世界経済インデックスファンド:18.9%
eMAXISバランス(8資産均等型):18.9%
・FX:18.9%

※尚、FXはデイトレードかスイングで投資できる範囲内でやっています。本気でこつこつ増やすつもりで頑張っています。管理人様と同じで全てほったらかしはあまりにも寂しいと感じるからやっているのもあります。

1回のトレードで必ず損失が証拠金の2%以内になるよう無理な枚数は張らず、必ず損切りしています。お陰様でこちらもなんとか退場せずにいます。

追記:半年後くらいにFX以外にもう少し現金資産から運用しようと考えていますが(例えば30~35%を投資する。)いかがでしょうか? 

それと妻も個人の現金資産から外貨預金などの投資をしており、ポートフォリオを見直そうと考えております。

そこで『シュローダーセレクション ニューマーケットシリーズ アジア ポンド』を保有しており購入後7年で約118%になっているのですが、売却したほうが良いでしょうか? 以上、どうかよろしくお願い致します。


 


ご回答:ちょっと変則的ですが、アセットアロケーションに含めます

外貨FX部分は単純に、円ではなくて外貨で持っているというだけ

ご質問いただきまして、ありがとうございます! さてまず外貨FXの取り扱いですが、アセットアロケーションの中の現金部分として考えます

ただし、一般的には現金は「無リスク資産」であるはずなのに、外貨FXで円を外貨に換えるとその通貨のリスクが発生します。現金保有によるリスク低減の効果が、外貨を持つことでその分損なわれますから、リスク管理は徹底したいところです。

FXの損切り


ただしBunさまは損切りルールも明確なようですし、問題なさそうです。できれば損切りよりも、利益確定のほうが多くなると良いですね!

【ここは興味のある人だけ対象・管理人がトライ中のFX手法】
Eブック「マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム」



少し、アセットアロケーションを勘違いしている可能性がありますね

さて、全体の資産配分であるアセットアロケーションの中で、個別の金融商品を何にするかがポートフォリオで、そういう意味でご質問に間違いはないように見えます。ただ、現金が75%で投資部分が25%と言うだけでは、アセットアロケーションとは言えません。

世界経済インデックスファンドeMAXISバランス(8資産均等型)、そしてひふみ投信を全部足して、その中で日本株、先進国株、新興国株、日本債券、外国債券などなどの比率がどうなっているのかまでチェックするのが、アセットアロケーションです。

そのアセットアロケーションを実現するために購入した商品の事を、ポートフォリオと言います。もしかしたら現在のアセットアロケーションがBunさまの理想と異なっている可能性もありますので、念のため再度チェックされる事をおススメします。

こちらのアセットアロケーションのページに、確認の方法が記載してありますので、お時間のある時にどうぞ。けっこう面白いですよ~。



シュローダーセレクション・ニューマーケットシリーズについて

最後の、「シュローダーセレクション・ニューマーケットシリーズ」という名の毎月分配型投資信託ですが、投資信託選びの第一関門である「コスト」の部分を見るだけで、一瞬にして投資価値のない無用な存在と断言できます

買い付けるのに3%超の手数料、信託報酬もあり得ない2%台、目に見えないその他の費用として、コモディティに投資している部分で成功報酬まで取られるという、踏んだり蹴ったりの投資信託と言えます。




(おそらく分配金を再投資したと仮定して)7年で118%の利益が出て喜ばしいような気がするでしょうが、仮に普通に世界分散投資をしていたとしたら、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの例でいうと、8年間(設定来)で138%の利益が出ています。

この利益が出ながら、申し込み手数料無料、信託報酬0.7%台なのですから、投資する際に投資対象ファンドが「マトモ」なのかどうかのチェックは、実に大切です。20%程度の利益を取り逃がしたことになりますからね。

今後も保有するだけで、ひたすらシティバンク銀行などに多大な利益を献上することになりますので、ふつうにシンプルなバランス型投資信託に切り替えるべきだと考えます。

当然、ご家族のアセットアロケーションをよく考えた上で、(あるいは夫婦別々でも可)、おすすめのインデックスファンド一覧の中から、良質な投資信託をセレクトしましょう。

(あわせて、外貨預金も見直されると良いです。コストが高いだけの欠陥商品ですので。)



BUNさまからお返事をいただきました!

お世話になっております。5月末に質問をさせていただいて早一か月となりました。的確なアドバイス本当に有難うございました。

お勧めのマネックス証券のマネックスビジョンでしっかりと投資資金のポートとフォリオを 組み直しました。ものすごく役立ちました。 今までR天証券を使っていたのですが、投資信託の追加はマネックス証券で購入しました。

実はある事があって、奇跡的に堀田さんのブログにたどりつきました。やっと本当の資産運用の やり方に出会えたと思っています。長期運用に向け、今日から再スタートする気分です。 本当に有難うございます。

追伸:私の外貨預金は海外旅行時に引き出す時の少しのUSDだけにしました。嫁さんも『シュローダーセレクションニューマケット』を売却し、以前から続けている『ひふみ投信』の積立に加えて、『世界経済インデックスファンド』の積立を始めました。

末筆ながら、堀田様の益々のご清栄とご健勝をお祈りいたします。有難うございました。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る