NISA口座を変更する可能性がある時の投資はどうする?

NISA口座を変更する可能性があるとき、NISA口座での投資は見送ったほうが良いのでしょうか? 投資の初心者の方からの、素朴な疑問です。

投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



NISA口座で積み立て投資をしようと思いますが・・・

2015年6月:MT様(男性・30代)よりのご質問

最近、保険の見直しで変額保険に触れる機会があり、その流れで、投資積立に興味をもった投資信託などをしたことない初心者ですが、本などを読んでいて、セゾン投信のグローバルバランスファンドがいいのではないかと思い始めています。

現状、セゾン投信以外を考えてない場合は、NISA口座をセゾンで作っても問題ないかなと思っていますが、数年後に別の証券会社でもしかしたら・・・という可能性を考慮して、NISA口座については待ったほうがよいでしょうか?


 


ご回答:NISA口座は1年ごとに変更できるので、心配することはありません

ご質問いただきまして、ありがとうございます。これから投資をなさるという初期の段階で、銀行の窓口に相談に行って全く資産運用に不向きな毎月分配型投資信託や、人気があるだけで運用成績が全くダメな投資信託(外国株式投信編)を購入なさらずに、ご自身で本を読まれて正しい道を歩み始めているというのは、実に素晴らしい事です。

⇒参考:投資信託おすすめの本ベストセレクトのページ

NISA口座を変更


まず最初に、2015年からのNISA口座の制度を記しましたので、ご覧になってください。制度がスタートした2014年に比較すると、非常に使いやすくなってきています。



2015年からのNISA制度の改善点

1年ごとにNISA口座を変更しても構わない
●一度廃止したNISA口座を、翌年以降、再度開けるようになった
●以前開いたNISA口座はそのまま存続可能



(図はマネックス証券より)


毎年のようにコロコロとNISA口座を変更する人がいるとは思えませんが、MTさまのようなニーズにはちゃんと対応できるので、大丈夫ですね。

投資(あるいはインデックス投資)と言うのは、とにかく1日でも早くスタートしたほうが、複利効果による資産増大の可能性が高まります。

したがって最初の1,2年は、初心者が投資になじむのに最適のセゾン投信を利用して、「あ、投資と言うのはこういう感覚か」と言うのを体感しましょう。

そのあとSBI証券などを使って、ご自身でアセットアロケーションを構築していただいて、自分に一番合った資産運用をなさるのでも良いのではないかと思います。



MTさまに関連するQ&Aコーナーのご質問

以下、MTさまに関連すると思われる過去のご質問になります。複数ページありましてご覧になるのもやや面倒かもしれませんが、お時間のある時にでも目を通して頂ければと思います。

保険をアセットアロケーションに含めてよいのですか?
グローバルフランチャイズ運用について意見をお聞きしたい(変額保険がらみ)
NISAはセゾン投信とSBI証券はどちらが良いのか
セゾンバンガード1本でいいのか悩む






★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る