質問:世界経済インデックスファンドとSMTインデックスバランス・オープンはどちらが良い??

コツコツと積み立て投資をされてもうじき100万円に達するという方から、ご質問をいただきましたので、回答差し上げます。


★投資信託に関して、何かご質問やご相談がありましたら、回答致します

投資信託のQ&Aコーナー

ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください



どちらのバランスファンドが良いのか、迷います

2014年11月:鹿島灘 はまぐり様(男性・30代)よりのご質問

こちらのサイトで、いつも勉強させていただいております。感謝申し上げます。 さて、他の方も、バランスファンドの選び方、複数のバランスファンドの同時積立・保有などで いろいろ迷われているようですね。きっと、今の自分と同じ悩みの方も多いと思い、今回相談をお願いしたく存じます。

⇒参考:バランスファンドを複数保有することについて
⇒参考:投資信託とETFはどちらが良いのか?(バランスファンドに言及)

世界経済インデックスファンドとSMTインデックスバランス・オープン


世界経済インデックスファンドを積み立ててきて、もうじき100万円になります。しかし、 SMTインデックスバランス・オープンが設定されたことにより、悩みがでてきました。

9資産の方がいいのかな、新興国リートがあった方がいいのかなと目移りしております。 100万円にも満たない今なら、乗り換えてもいいのかなとも思っております。


①株:債券=5:5のほうが、株:債券:リート=4:4:2より値動きが小さい安定した運用ができるのでしょうか?それとも、9資産というさらに多数の資産に分散しているほうが安定するものなのでしょうか?

②長期的な資産形成を目指すのには、どちらがふさわしいと思われるでしょうか?


回答が難しい質問かもしれませんが、一般論としてはこうだというものがあれば、 御教示お願いいたします。


 

回答:今のところ、どちらでも大差ありません

ご質問ありがとうございました。積み立てでしっかりと100万円を達成されていて、素晴らしいと思います。ご質問の件も、非常によく分かります。確かにかなり、気になりますよね。この件については、次の通りご回答いたしますね。


どちらが安定するでしょうか?

ご質問からすると、鹿島灘はまぐりさんは、資産全体の値動きが安定的なほうが心地よいのだと受け取れます。(リスク許容度が低いのだと思います。これは高い低いが良い悪いと言う意味では、全くありません)

だとすると、世界経済インデックスファンドSMTインデックスバランス・オープンのどちらが安定的なのか?

理屈的な話しになるとあくびが出て、投資がドンドンつまらなくなるので、ここはMONEX VISIONβで見ていくことにしましょう。マネックスビジョンでチェックしてみると、それぞれの投資信託の安定度は、次のようになります。

★SMTインデックスバランス・オープン

SMTインデックスバランス・オープンのポートフォリオとリスク・リターンの関係


★世界経済インデックスファンド

世界経済インデックスファンドのポートフォリオとリスク・リターンの関係


結果からすると、リスクとリターンの関係で見た場合、有効フロンティア上の白い丸の位置が全く同一と言っても良い位置にあります。つまり、ここから言えるのは、正直どっちでもほとんど変わらないでしょう、という事ですね。

(もちろん、精密に計算したら異なる結果が出ることは予想できますが、そこまでやる必要があるのか、という事になります)

ではこの場合、どちらがいいのか? 結局は、ご自身として心地良いと思える方を選択すればよいと思います

投資は長期に渡りますから、途中でやめることなく、気分よく続けられることがとても重要です。悩んでもほとんどリスク・リターンの関係に違いが無いとすれば、じっくり考えても直感で選んでも、どちらでも好きな方で投資を続けてください。



どちらがふさわしいでしょうか?

鹿島灘はまぐりさんは質問文から推測すると、価格変動をなるべく減らして、安定的に運用したいタイプの人なのではないかと思います。

今の時点ではどちらも同じような成績の投信だと推測していますが、実際に2年3年経過した時点でモーニングスターなどで両者の運用成績を比較して、リスクである標準偏差の数値が低くて、よりリターンが出ているものを再検討する必要があると思います。

どちらがふさわしいのか、その結果を待って判断しても、遅くはないと思います。長期投資は文字通り、長い時間軸の中で資産を積み上げてゆく作業です。今焦って、どちらにするのかを即決する必要は全くありません。

どうしても両方が気になるのであれば、資金を半分に分割して、両方買ってしまってもかまいません。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る