楽天証券の個人型iDeCoは素晴らしい!セゾンも使えて高評価

本ページでは、楽天証券が展開している個人型iDeCoについて、その中身を詳しくチェックしています。(楽天証券は個人型のみで企業型iDeCoはありません。)

iDeCo(イデコ)を制する者は人生を制する!」・・・楽天証券の個人型iDeCoについてはまさにこの言葉通りであり、高く評価できます。

楽天証券の個人型iDeCo


いったい楽天証券の個人型iDeCoの何が良いのか、初心者でも理解できるよう、極力分かりやすく書いたつもりです。不明な点等がありましたら、管理人までご質問ください。

(2016年12月7日追加)


本ページに記載した内容の目次になります。上から順番にご覧いただくほうが分かりやすいとは思いますが、お時間の無い時などは、関心のある部分に直接飛んでください。


楽天証券のiDeCoには良質の超低コストインデックスファンド多数←必見コンテンツ
アクティブファンドについても、存在価値の高いものが揃う
人気のセゾン投信の2つのファンドを購入できる唯一のiDeCo
楽天証券の個人型iDeCoの、口座手数料の確認
楽天証券のiDeCo口座の開設

楽天証券のiDeCo口座を開設する手続きはコチラ


 


楽天証券の個人型iDeCoには良質の超低コストインデックスファンド多数

楽天証券は、当サイトが高く評価している3つのiDeCo口座のうちの1つです(他にSBI証券とみずほ銀行)。基本的なラインナップはたわらノーロードシリーズであり、極めて低廉なコストで長期投資が可能になっています。

たわらノーロードシリーズでお好みの資産配分を実現して、長期間ほったらかしで資産を積み上げてゆけば、素晴らしいiDeCoライフが実現できそうです。

なお、このラインナップが実現した背景や、楽天証券のiDeCoのメリットについては、楽天証券の関係者に、iDeCoに関して聞きたかった事をズバリ質問wのページを見て頂くと、より分かりやすいと思います。

(信託報酬は税抜き、区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資先 区分 ファンドなどの名称 信託報酬 ベンチマークや
参考指数、コメント他
日本株式 I 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.19% TOPIX(配当込)
たわらノーロード日経225 0.195% 日経平均株価
A iTrust日本株式 0.89% TOPIX(配当込)
フィデリティ・日本成長株ファンド゙ 1.53% TOPIX(配当込)
MHAM日本成長株ファンド<DC年金> 1.55% TOPIX
先進国株式 I たわらノーロード先進国株式 0.225% MSCIコクサイ(配当込)
A iTrust世界株式 0.89% MSCIワールド指数
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.35% MSCIコクサイ(配当込)
新興国株式 I インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.55% MSCIエマージング・マーケット・インデックス
日本REIT I 三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.26% 東証REIT指数(配当込)
A 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 0.95% 東証REIT指数(配当込)
海外REIT I 三井住友・DC外国リートインデックスファンド゙ 0.28% S&P先進国REIT指数(除く日本・配当込)
日本債券 I たわらノーロード国内債券 0.15% NOMURA-BPI総合
A 明治安田DC日本債券オープン 0.60% NOMURA-BPI総合
先進国債券 I たわらノーロード先進国債券 0.20% シティ世界国債インデックス(除く日本)
たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり) 0.20% シティ世界国債インデックス(除く日本)
新興国債券 I インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券 0.52% JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ グローバル・ディバーシファイド
その他 A みずほUSハイイールドファンド<DC年金> 1.40% BofA メリルリンチ・US・キャッシュ・ペイ・ ハイイールド・インデックス
I ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) 0.85% LBMA午後金価格
バランス型 A 三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN) 0.60% ベンチマーク無し
I セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 0.69% 合成指数
A 楽天ターゲットイヤー2030
楽天ターゲットイヤー2040
楽天ターゲットイヤー2050
0.875%
0.885%
0.885%
ベンチマーク無し、ターゲットイヤー型ファンド
投資のソムリエ<DC年金> 1.10% ベンチマーク無し
三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型) 1.22% ベンチマーク無し
セゾン資産形成の達人ファンド 1.35% ベンチマーク無し
定期預金 みずほ銀行・みずほDC定期預金(1年) 金利0.01%


 


アクティブファンドについても、存在価値の高いものが揃う

上記、楽天証券の個人型iDeCoははインデックスファンドを選んでゆけば間違いないのですが、それ以外にアクティブファンドについてもボッタクリ投資信託が入っておらず、この点についても評価が高いです。(⇒参考:インデックスファンドとアクティブファンド

他社に無い特徴として、低コストアクティブファンドのiTrust日本株式iTrust世界株式をラインナップさせて、ベンチマークに惨敗しにくい品揃えにしています。

また、フィデリティ・日本成長株ファンド゙は長期的に明確にベンチマークに大きく勝っていて、まさしく存在価値のあるアクティブファンドとなっています。

さらに野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)、及び明治安田DC日本債券オープンについてチェックしても、明確にインデックスファンドを上回るリターンを上げているものをラインナップしてきており、「品揃えにこだわった」という楽天証券の担当者の言葉の裏付けを取ることが出来ました。

●野村J-REITファンド
野村J-REITファンドとインデックスファンドの対比

●明治安田日本債券オープン
明治安田日本債券オープンとインデックスファンドの対比


基本的に確定拠出年金にラインナップされているアクティブファンドには、フィデリティ・グローバル・ファンドJPM中小型株・アクティブ・オープンなどの最低最悪クズファンドを紛れ込ませるあくどい金融機関も多いです。

しかし、あくまでも投資家第一の姿勢を貫き、情けないアクティブファンドが多い中でも、非常に優秀なものをきちんと選別してラインナップしているところは素晴らしいと感じます。



人気のセゾン投信の2つのファンドを購入できる唯一のiDeCo

更に加えて、楽天証券の個人型iDeCoの大きな特徴が、通常は証券会社では購入できない独立型投信である、セゾン投信の2つのファンドを購入できることです。

セゾンのファンドのファンならばiDeCoでも同じものを積み立てたいと感じるはずで、セゾンファンならば、楽天証券に決まりではないでしょうか。




コストの低いインデックス運用のバランス型ファンド、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを中心にして、アクティブファンドのセゾン資産形成の達人ファンドも購入することが出来ます。



楽天証券の個人型iDeCoの、口座手数料の確認

楽天証券の個人型iDeCoを利用するとしたら、上記の投資信託の信託報酬以外のコストとして、次の通りの個人型iDeCo口座の利用手数料が発生します。

このコストについては、金融機関の中でも最安であり、まさしく長期的に付き合える数少ない金融機関となります。非常におススメ。

加入手数料(初回のみ) 管理手数料 受給時の手数料
加入者
(積み立て中の人)
運用指図者
(積み立て終わった人)
2777円 167円/月※1 64円/月※2 432円/回
※1:資産残高10万円未満の場合は393円、※2:資産残高10万円未満の場合は290円



楽天証券のiDeCo口座の開設

以上、楽天証券のiDeCoを具体的に評価してみました。当サイトでは楽天証券を高く評価しますが、それ以外に高評価な個人型iDeCo口座はSBI証券とみずほ銀行になります。最後にはファンドのラインナップによって決定されると良いでしょう。

楽天証券のiDeCo口座を開設する手続きはコチラ


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る