楽天証券は、スーパーポイント利用で最強の証券会社になる

楽天証券の最高に凄い仕組みが、これです。2017年夏以降、楽天スーパーポイントで投資信託の購入が可能になりました。そして本ページで解説する技を使う人は、SBI証券を抜いて、事実上、コストが最も安い証券会社になります。

当サイト管理人は個人的に、楽天スーパーポイントを猛烈に使用している、楽天市場などのヘビーユーザーなので、これを知った時にはメインの証券会社を楽天証券にしても良いなと感じたほどです。

楽天スーパーポイントで資産ができる


楽天カードを使って楽天市場で買い物をした場合、楽天市場の買い物で1%分のポイントが付与され、楽天カードも還元率1%ですから1%分のポイントが付与され、合計で2%(つまり2倍)分の楽天スーパーポイントがもらえる事になります。(以降、倍率表記で書きますね)

その他にもテクニックを駆使すれば、多額のポイントが付与されて、そのポイントを投資信託に交換できるようになりました。実に、素晴らしい時代の到来です。

そして、当サイト管理人は毎月のように4500円分前後の楽天ポイントを貰っておりますので、「何も無いところから生まれてくるその4500円」を使って、投資信託を買い付ける訳です。




・・・・全く何も無いところから、年間5万4000円もの投資信託という「財産」が、タダで手に入る事になります。これって、凄すぎます!

本ページでは、その楽天のポイントを徹底的にためる技を、伝授します。こうやって貯めて、何も無いところから投資信託などの資産を構築して、着実にそれを増やしていきましょう。

楽天証券の口座開設はコチラから可能です


(2018年8月1日修正)


本ページの目次は、次の通りになります。ご興味あるところをクリックしてください。

楽天市場で購入する(1倍のポイント還元)←ここが基本だがこれだけではダメ
SPU(スーパーポイントアッププログラム)で3倍は増やせる←3倍分はやれ
楽天カードを使って、楽天以外の買い物などから1倍をひねり出す←必須
更に、セコい技を駆使して、楽天ポイントを貯めまくろう←特にふるさと納税は必見
楽天証券自体の口座開設でも、楽天スーパーポイントをゲットすべし!←当たり前

参考(別ページ):楽天スーパーポイントで投資信託の購入はどうすれば良いのか?


 


楽天ポイントは、こうやって貯めろ! 管理人が実践技を公開!!

楽天市場で購入する(1倍のポイント還元)・・・これだけをやらないように注意

誰もが知っている方法、楽天市場でお買い物をすれば、1%(つまり1倍)がポイント還元されます。日常的には近所のスーパーなどで買い物することのほうが多いので、楽天市場を使うとしたら、重量のかさむお米などを激安で買うことが多いですね。

ただし、これだとたったの1倍しかポイントが付きません。後述する楽天カードを使っても、合計で2倍にしかなりません。

とにかく楽天のサービスに利用を集中させて、ポイントを稼ぐようにしています。もちろん、楽天利用よりも他社のサービスのほうが安ければ、それを使うのは当たり前の事です。



SPU(スーパーポイントアッププログラム)の利用で3倍は増やせる

さて、ポイントを極限まで還元率を高めようとすると、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の利用は必須です。2018年現在、下記の全てに対応するとポイントが14倍にアップします。

しかし、こんな事に全て付き合っていたら、あまりにも普段の生活が大変になり間すぎますので、ここでは3倍を目指してくださいと申し上げておきましょう。というか、実は3倍分しか、意味のあるポイントはありません。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)の利用


それに、投資信託にポイント交換できるのは、通常ポイントのみです。期間限定ポイントは対象外ですので、上記の全てに対応しても、意味はありません。

そこで本ページでは、SPUで獲得できて、投資信託にポイント交換できるポイントと、交換できない期間限定ポイントの内訳を以下の通り記します。

これは確認必須ですから、これを知った上で、効率よくポイント獲得をして頂ければと思います。なお、それぞれの項目は、上に示した図の項目と同じにしております。

ポイント付与 期間限定ポイント 事実上のポイント
通常購入分 1倍 なし 1倍
楽天カードの利用 2倍 1倍 1倍
楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードの利用 2倍 2倍 なし
楽天銀行で楽天カードの利用代金引き落とし 1倍 なし 1倍
楽天モバイルの利用 2倍 2倍 なし
楽天トラベルの利用 1倍 1倍 なし
楽天市場アプリでのお買い物 1倍 1倍 なし
楽天ブックスなど2000円以上の利用 1倍 1倍 なし
楽天ブランドアベニューの利用 1倍 1倍 なし
楽天TVでのNBAなどの加入で 1倍 1倍 なし
楽天ビューティー1500円以上の利用 1倍 1倍 なし
合計 14倍 11倍 結局3倍


上記において、楽天カードの利用でポイントを獲得する部分については、少々複雑で分かりにくいですから、以下の通りもう少し詳しく書いております。ご覧ください。



楽天カード(年会費無料)を使って、楽天以外の買い物などから1倍をひねり出す

楽天カードの利用は事実上、ポイント1倍を狙う事になる

まず、楽天カードの利用自体は必須です。これで、2倍のポイントを獲得できます。ただし、実は通常はポイントは+1倍になるだけです。

楽天カードを使って楽天市場でお買い物をすると、トータルで2倍となるのでありますが、楽天市場での買い物分は期間限定ポイントとなってしまいますので、無駄になります。楽天カード利用での楽天市場利用の場合は、ポイントは諦めましょう・笑。

年会費を支払ってプレミアムカード(1万800円)やゴールドカード(2160円)を作るのは少々悔しいですが、ゴールドカードならば2160円で+4倍にまでなるので、これは検討しても良いかもしれません。

しかし実は、追加で+2倍になったポイントは、全て期間限定ポイントなのです。したがって、年会費をかける意味がほとんどありません。

唯一のメリットとしては、通常の楽天カードではポイント獲得の上限が5000ポイントなのに対し、プレミアムカードやゴールドカードならば15000ポイントにまでアップします。

楽天のカードはポイント還元率が1%ですから、50万円のカード利用で5000ポイントが付与されます。15000ポイントを狙う場合は月額150万円もの多額のカード利用が必要になりますから、それを考えると現実的ではありません。

以上より、楽天カードを使って楽天スーパーポイントを貯める場合は、通常のカードで十分だと結論付ける事ができます。以下、要点をまとめます。

項目 通常の楽天カード 楽天プレミアムカード 楽天ゴールドカード
ポイント還元の倍率 2倍 4倍 4倍
うち、期間限定ポイント 1倍 3倍 3倍
実質的なポイント倍率 1倍 1倍 1倍
ポイント獲得上限と月額の利用金額 5000ポイント
(月50万円の利用)
15000ポイント
(月150万円の利用)
15000ポイント
(月150万円の利用)
結論 必要 不要 不要



ついでに、入会で5000~8000円分のポイントを貰おう

ここまで書いてきた通り、楽天スーパーポイントをゲットするには、楽天カード(年会費無料)の利用は必須です。クレジットカードは不要だとか言っている人は、目先の還元率以上に大きな損をする事になります。まずは、カードを作る事から始めましょう。

楽天カード入会時は、日常的に高額のポイントプレゼントキャンペーンを行います。7000円とか8000円分のキャンペーンを見かけたら、プレゼント金額としてはMAXですから、こんな美味しい話はありません。直ちに申し込むようにして下さい。(新規入会&カード利用が条件になります)

楽天カード入会でもれなくポイントプレゼントはコチラ

楽天カードでポイントプレゼント


楽天カードのクレジットカード自体の還元率は1%で、これでさえもかなりの高還元率に該当するカードなのですが、このカードで楽天の各種のサービスを利用すると、ポイントが何倍にもなったりします。

例えば私は、カード保有だけで自動的に前項のSPUの対象になり、ポイント還元率は3倍になります。カードは不要とか言っていると1倍ですから、雲泥の差がつくことになります。その他のサービスも利用していますから、この通り5倍にもなっています。

ハードルが低い、楽天ポイント



SPUでポイントを取りまくった場合の30年後の複利効果は甚大

仮にカード発券で8000円を最初に貰って、その後に毎月4500円程度のポイントで獲得する最強のやり方を30年続けたら、どうなるでしょうか? 

超賢くポイントを貯められる人は、毎月(家族と合計)、4500円分の楽天ポイントをゲットできます。対して、普通の人はたったの500円です。・・・では、楽天ポイントで投資信託を購入して、複利で5%で回ったと仮定して、どの程度の差が生じるのか、見てみます。


●普通の人は、たったこれだけの資産形成

「たったこれだけ」と書きましたが、それでも40万円もの資産が生まれるのですね。まさに、塵も積もれば山となるの世界です。しかし、ちょっと物足りなさを感じます。

楽天スーパーポイント獲得後の資産の複利計算


●楽天ポイントを攻略すると、こんなにも財産ができてしまう

「技」を使えば、自分で現金を一切出していないのに、30年後に370万円もの財産が生まれるのは驚愕です。楽天ポイントだけで、162万分も貯まるんですねも・笑! 

・・・であれば、増額して月に10万円を楽天グループで買い物すれば、資産740万円が、何も無いところから生まれてしまう! どう考えても、利用しないほうがアホです。


楽天スーパーポイント獲得後の資産の複利計算



公共料金(電気・ガス・水道)は楽天カード引き落としで1倍還元

電気・ガス・水道は、楽天カード引き落としとしましょう。何もせずに、常に1倍還元というか、公共料金が1%割引になります。世の中には楽天カードよりも還元率の高いクレジットカードはありますが、その差異は僅かであり、「楽天で無から財産を生み出す」目的に特化するならば、楽天カードの1倍分は十分に高還元になります。


楽天カードでJCBをセレクトすると、nanacoチャージで1倍還元

楽天カードでは、JCBブランドに限定されますが、nanacoチャージが可能です。1倍と良好な還元率でnanacoポイントが貯まり、それでセブンイレブンやイトーヨーカ堂などで買い物をすると、別途、nanacoポイントも1倍付与されます。合計2倍です

また、nanacoポイントは、国民健康保険税や固定資産税、市民税、住民税などを支払うことができます(この場合はnanacoポイントは付与されない)。税金の支払いで、楽天スーパーポイントが1倍付与されることになり、これは非常にメリットが大きいです


Edyへのオートチャージ支払いは、かなり穴場かつポイントが貯まる

コンビニだったり街中の自動販売機だったり、時々Edyで支払うことがあります。この場合、楽天カードでEdyのオートチャージを付けていれば、Edyが不足しても自動的にクレジットカードからチャージされて非常に便利です。

還元率は0.5%なので少し物足りない感じはありますが、ファミマでTカードを提示してEdyで支払いをすると、Tカード単独よりも1.5倍のポイントが貯まります(Tカード1%、Edy0.5%)。ローソンでも同様です(ポンタポイント1%、Edy0.5%)。

となると、Edyチャージの0.5%を考えると、実質的にEdyは1倍還元となりますね。この技を使う人はそうそう見かけませんが、利用価値は極めて高いです。



更に、セコい技を駆使して、楽天ポイントを貯めまくろう

楽天のウェブ検索を導入して、ポイント稼ぎ

PCで検索をするとき、グーグルやヤフーの検索を使う人が多いでしょう。が、楽天ウェブ検索を使えば、毎日、楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天ウェブ検索で楽天スーパーポイント獲得


楽天ウェブ検索の検索システムはグーグルのものを使っていますから、検索結果はグーグルともヤフーとも全く同じです。だったら楽天を使ってポイントを稼いで、まさに「何も無いところから資産を作り出す」事をしたいですね。ほれ、毎日ポイントをゲットしていますw

毎日、楽天ウェブ検索で楽天スーパーポイントが貯まっている証拠


楽天ふるさと納税にも活用できる

2017年、ちょっと失敗したなと感じているのが、ふるさと納税です。この節税制度は私もかなり活用してきましたが、・・・他のサイトを利用していました・汗。

楽天ふるさと納税は品揃えが不十分だとばかり思ってましたが、久しぶりにチェックしてみたら、全くそんな事は無いなと感じました。特に我が家は白米をオーダーするだけですから、楽天ふるさと納税で一切の不都合はありませんでした。。。

楽天ふるさと納税で楽天スーパーポイント獲得


しかも!ふるさと納税は楽天市場内のサービスです。・・・という事は、カードの利用で2倍の楽天スーパーポイントが付与される事になるため、お得ですよね。



楽天証券自体の口座開設でも、楽天スーパーポイントをゲットすべし!


楽天証券の口座開設はコチラから可能です



あわせて、楽天カードもお忘れなく!

楽天カード入会でもれなくポイントプレゼントはコチラ


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします


ページトップへ戻る