りそな銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo)について徹底的に解説します

りそな銀行の企業型確定拠出年金のラインナップの情報をお持ちの方は、こちらから管理人までご連絡をお願いいたします。情報をお寄せいただければ、りそな銀行の企業型確定拠出年金についても具体的に評価してまいります。



本ページでは、りそな銀行が展開しているiDeCoについて、その中身を詳しくチェックしています。りそな銀行の企業型確定拠出年金はこちらのページで評価しています

iDeCo(イデコ)を制する者は人生を制する!」・・・りそな銀行の個人型iDeCoの内容は、なかなか良質だと思います。最も肝心な商品ラインナップに大きな問題はありません。長期的に付き合っていける金融機関ではあります。

りそな銀行の個人型iDeCo

(2019年7月8日更新)


本ページに記載した内容の目次になります。上から順番にご覧いただくほうが分かりやすいとは思いますが、お時間の無い時などは、関心のある部分に直接飛んでください。

りそな銀行の個人型iDeCoラインナップ
資産配分の決定に、りそな銀行のロボアドバイザーを活用しても良い
りそな銀行の個人型iDeCoの、口座手数料を確認
りそな銀行よりも有利な金融機関の検討しよう


 


りそな銀行の個人型iDeCoラインナップ

2019年現在のラインナップ

りそな銀行のiDeCoラインナップは、2017年時点でも大きな問題がなかったのですが(後述)、2019年現在においては更に「進化」して、非常に良質な投資信託で構成されています。

りそな銀行グループが運用する非常に低コストのインデックスファンド、Smart-iインデックスシリーズで品揃えされており、それらをあなたの利用する商品のメインにすればOKでしょう。或いは、Smart-iのバランスファンドのいずれかでも良いと思います。

参考インデックスファンドとアクティブファンド


(区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資先 区分 ファンドなどの名称 税抜き
信託報酬
運用会社
日本株式 I Smart-i TOPIXインデックス 0.155%
A シュローダー日本ファンド(確定拠出年金向け) 1.33% シュローダー・インベストメント・マネジメント
先進国株式 I Smart-i 先進国株式インデックス 0.20%
A ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.35% ラッセル・インベストメント
新興国株式 I Smart-i 新興国株式インデックス 0.34%
日本債券 I Smart-i 国内債券インデックス 0.12%
A シュローダー 年金運用ファンド日本債券 0.59% シュローダー・インベストメント・マネジメント
先進国債券 I Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし) 0.17%
Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)
A アムンディ・ジャパン・プラス債券ファンド(年1回決算) 0.57% アムンディ・ジャパン
ラッセル・インベストメントDC外国債券F(運用会社厳選型) 0.73% ラッセル・インベストメント
新興国債券 I DCダイワ新興国債券インデックスファンド 0.52% 大和証券投資信託委託
国内REIT I Smart-i Jリートインデックス 0.17%
A 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 0.95% 野村アセットマネジメント
外国REIT I Smart-i 先進国リートインデックス 0.20%
A DCダイワ・グローバルREIT アクティブ・ファンド 1.08% 大和証券投資信託委託
その他 I ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし) 0.37% 日興アセットマネジメント
バランス型 I Smart-i 8資産バランス 安定型
Smart-i 8資産バランス 安定成長型
Smart-i 8資産バランス 成長型
0.16%
0.18%
0.20%
りそなターゲット・イヤー・ファンド 2030
りそなターゲット・イヤー・ファンド 2040
りそなターゲット・イヤー・ファンド 2050
0.25%
0.30%
0.35%
預金 りそな据置定期預金『フリーポケット401k』
埼玉りそな据置定期預金『フリーポケット401k』
りそな銀行、埼玉りそな銀行
※印の運用会社はりそなアセットマネジメント


アクティブファンドには要注意

確定拠出年金口座においては、不必要にアクティブファンドを選んではいけません。なぜなら、コストが異様にかかるからです。例えば日本株でインデックスファンドを選んだ場合とアクティブファンドにした場合の、10年ごとのコスト差を記します。

年数 りそなDC信託のチカラ日本の株式インデックスファンド(信託報酬:0.155%) シュローダー日本ファンド(確定拠出年金向け)(信託報酬:1.33%)
10年 1.55% 13.3%
20年 3.1% 26.6%
30年 4.65% 39.9%


表の赤い部分、何を意味しているか分かりますか? 手数料の累計です。30年運用したら、約40%ものコストが、あなたの元本から引かれることを意味します。

アクティブファンドの運用成績を見通すことは完全に不可能なので、であればコストのような不確実なものは最初から徹底的に排除する必要があるのです。

また、アクティブファンドは一時的にリターンが良かったとしても、それが未来永劫、長続きしない宿命にあります。そういった話しは、上記の表の各アクティブファンドのリンク先ページにてご確認ください。

(リンクが無いものは、まだ評価解説しておりません。ご要望があれば、評価ページを新設しますので、こちらから管理人までごご要望をお出しください。)


2017年当時のラインナップ

当サイトで初めてりそな銀行の個人向け確定拠出年金の商品ラインナップをチェックした当時は、以下の様な品揃えでした。この部分は、特に興味のない人は飛ばして頂いて構いません。現在のラインナップのほうが洗練されている事が、分かる人には分かると思います。

(区分はI=インデックスファンド、A=アクティブファンド)
投資先 区分 ファンドなどの名称 税抜き
信託報酬
運用会社
日本株式 I りそなDC信託のチカラ日本の株式インデックスファンド 0.18% りそな銀行
トピックス・インデックス・オープン(確定拠出年金向け) 0.57% 野村アセットマネジメント
A りそなDC信託のチカラ 国内株式+(プラス) 0.90% りそな銀行
シュローダー年金運用ファンド日本株式 1.48% シュローダー・インベストメント・マネジメント
ラッセル・インベストメント日本株式ファンド(DC向け) 1.55% ラッセル・インベストメント
DC・ダイワ・バリュー株・オープン(愛称:DC 底力) 1.52% 大和証券投資信託委託
先進国株式 I DCダイワ外国株式インデックス 0.25% 大和証券投資信託委託
A ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.35% ラッセル・インベストメント
フィデリティ・グローバル・ファンド 1.73% フィデリティ投信
新興国株式 I 野村新興国株式インデックスファンド (確定拠出年金向け) 0.56% 野村アセットマネジメント
日本債券 I りそなDC信託のチカラ日本の債券インデックスファンド 0.15% りそな銀行
ダイワ投信倶楽部日本債券インデックス 0.45% 大和証券投資信託委託
A DCダイワ物価連動国債ファンド 0.40% 大和証券投資信託委託
シュローダー 年金運用ファンド日本債券 0.59% シュローダー・インベストメント・マネジメント
先進国債券 I DCダイワ外国債券インデックス 0.23% 大和証券投資信託委託
A 海外高格付け債ファンドBコース(為替ヘッジなし) 1.25% アバディーン投信投資顧問
新興国債券 I DCダイワ新興国債券インデックスファンド 0.52% 大和証券投資信託委託
国内REIT A 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 0.95% 野村アセットマネジメント
外国REIT I 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.53% 野村アセットマネジメント
バランス型 I ダイワ・ライフ・バランス30
ダイワ・ライフ・バランス50
ダイワ・ライフ・バランス70
0.18%
0.20%
0.22%
大和証券投資信託委託
りそなDC信託のチカラターゲットイヤー2030年
りそなDC信託のチカラターゲットイヤー2040年
りそなDC信託のチカラターゲットイヤー2050年
0.42% りそな銀行
A PRUグッドライフ2020(年金)
PRUグッドライフ2030(年金)
PRUグッドライフ2040(年金)
PRUグッドライフ2050(年金)
0.78% プルデンシャル・インベストメント
DCダイナミック・アロケーション・ファンド(DC 攻守のチカラ) 1.00% 大和証券投資信託委託
DCダイワ・ワールドアセット(六つの羽 /6分散コース) 1.05% 大和証券投資信託委託
預金 りそな据置定期預金『フリーポケット401k』
埼玉りそな据置定期預金『フリーポケット401k』
りそな銀行、埼玉りそな銀行


 


資産配分の決定に、りそな銀行のロボアドバイザーを活用しても良い

資産配分の事を、少し難しい言葉で「アセットアロケーション」と言います。バランス型ファンドを選ぶ人も含めて、必ずご自身のリスク許容度をイメージしていただきつつ、そしてアセットアロケーションの決め方のページを見て頂いて、資産配分を決めてください。

なお、長期の国際分散投資の事を、インデックス投資と言います。それがどのような投資法なのか、インデックス投資の始め方のページも読んで頂くと良いでしょう。

しかし、もしかしたら大多数の人は、「そんな事はめんどくさくてできない」とか、「やってみたけれどもよく分からない」と泣き言を入れる可能性もあります。

アセットアロケーション無き国際分散投資など、羅針盤の無い航海と同等ですから、そんなものは長期的に上手く行くはずがありません。以前ならばそこで、「あなたに投資の資格はない」と片付ける事になったのですが、幸いなことに今はAIの力を借りる事ができます。

りそな銀行においても、このページの中段に、以下のような画面がありますので、この「DC資産運用クリニック」のバナーから、「自分で運用タイプ」か「おまかせ運用タイプ」のいずれかを選ぶ事になります。

りそな銀行の確定拠出年金のロボアドバイザー


上記をクリックすると、以下の様な画面に進みます。アンケート診断をクリックすると、「自分で運用タイプ」に相応しい資産配分比率と商品が、そしておまかせ診断をクリックすると、「おまかせ運用タイプ」の資産配分比率とお任せできる商品を選べます。

りそな銀行の確定拠出年金のロボアドバイザー


下記は、自分で運用タイプの結果です。当サイト管理人は極限までリスク許容度を高めようと「もがいた」のですが、年齢が50歳という事もあって超長期での投資が物理的に無理で、AIが強制的に安全資産の日本債券を30%、同じく為替ヘッジありの先進国債券を30%、合計60%も配置してきた事に驚きました。

つまり、かなり理性的と言いますか、リスクを考えています。こういった支持は相場が大荒れになった時に非常に役に立つことになりますから、素直に従うと良いでしょう。大変、信頼できるロボアドバイザーだと思いますね。

りそな銀行の確定拠出年金のロボアドバイザー


そして、商品選びも信頼が置けます。例えば日本債券の部分をクリックしたら、ご覧の通り、超低コストのインデックスファンドもきちんと表示されます。

上の赤枠がパッシブ運用(インデックス運用)のSmart-i 国内債券インデックス、下側がアクティブファンドのシュローダー 年金運用ファンド日本債券が表示されています。

既に説明したように、確定拠出年金口座ではインデックスファンドを選ぶのが定石ですから、必ず、パッシブ運用の低コストの投資信託を選んでください。




もしも「おまかせ運用タイプ」で診断をすると、途中で3つのコースに分かれるのですが、最終的には結局、バランスファンドが表示されます。

しかし、リスク許容度の異なるバランスファンドがいくつか出てきますので、それらをどうやってセレクトすれば良いのか、非常に悩むと思います。その場合は、ターゲットイヤーファンドか、あるいは「安定型」と表示されているファンドを選んでおく事をお勧めしたいと思います。

これだと、リスク許容度の高い人に、リスクの低い投資信託を選ばせることにつながるのですが、リスク許容度の低い人にリンクの高い投資信託を選ばせるよりもはるかにマシと言いますか、特段の問題は発生しないと思います。




そして最後に重要な注意を。ロボアドバイザーに従って作って資産配分比率、そして選んだ商品を、相場の状況や自分勝手なヤマ勘などで、変えない事。引退するまで、愚直にそれで積み立てて投資していってください。

個別のファンドをそれぞれ買った人は、5年に1度で良いので、当初よりも比率が高まった資産の一部を売却して(利益確定)、そして比率が低くなった資産を購入して下さい。これをリバランス作業と言います。

以上により、将来の年金資産は、相当程度、増加するものと考えらえます。「年金受取タイミングで暴落が発生したらどうするのか?」と考える人もいるかもしれませんが、暴落時に一挙に受け取る訳ではないので、定期的に長時間かけて取り崩しをしている最中に、一般的には価格は元に戻っていきます。当サイト管理人は、特に何も心配していません。

そういうのが人一倍怖い人は、リスク許容度がかなり低い性格ですから、無理をしないで安全資産重視のアセットアロケーションにする事です。あるいは、いっそのこと定期預金だけにしてしまうのでも良いでしょう。



りそな銀行の個人型iDeCoの、口座手数料を確認

りそな銀行の個人型iDeCoを利用するとしたら、上記の投資信託の信託報酬以外のコストとして、次の通りの個人型iDeCo口座の利用手数料が発生します。りそな銀行のこの部分のコストは、SBI証券楽天証券などの方が明らかに安く、10年単位ではバカになりません。この部分のコストにも注目して、個人型iDeCoを選びましょう。

加入手数料(初回のみ) 管理手数料 受給時の手数料
加入者
(積み立て中の人)
運用指図者
(積み立て終わった人)
2777円 429円/月
(483円/月)
380円/月 432円/回
掛け金の引き落としがりそな銀行の人は、262円になります。



りそな銀行よりも有利な金融機関の検討しよう

以上、りそな銀行の個人型iDeCoを具体的に評価してみました。体たらくの余計なアクティブファンドを避けるならば、まずまずの良質なiDeCo口座だと思います。

なお、より低コストのインデックスファンドをセレクトする場合は、SBI証券楽天証券松井証券マネックス証券イオン銀行を選ぶと良いでしょう。

りそな銀行の企業型確定拠出年金を利用している人は、どうか管理人まで情報をお寄せください。中身を評価してみたいと思います。


参考:良質なサービス多数!個人型iDeCo(イデコ)完全比較
りそな銀行の企業型確定拠出年金のラインナップを当サイト管理人に報告


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る